- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織出場 IPTL独自ルールとは

2016年12月2日(金)から4日(日)の3日間、さいたまスーパーアリーナにて開催される世界が注目するテニス国際大会「Coca-Cola INTERNATIONAL PREMIER TENNIS LEAGUE presented by Qatar Airways(コカ・コーラ インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ)」(以下、Coca-Cola IPTL)の、大会ルールが発表された。

「Coca-Cola IPTL」は1セット6ゲーム先取による5セットマッチの団体戦。男子シングルス・女子シングルス・男子ダブルス・ミックスダブルス・男子レジェンドシングルスを1セットずつ行い、開催国チームがこの試合順を決めることができる。

勝敗は5セット間で獲得したゲーム数の合計で決まる。各セット、1度だけ選手交代が可能で、ゲーム中にコーチングタイムアウトを取ることが可能。リターンゲームでは1セットに1回だけポイントが2倍になる「コカ・コーラパワーポイント」や、同点の際はタイブレーク方式で勝敗を決する「シュートアウト」などIPTL独自のルールで会場を盛り上げる。

コート内外の選手が一体となって戦うことができるため、今までにない「団体戦」ならではの醍醐味を味わえるルールとなっている。

日本をホスト国とする「JAPAN WARRIORS」は2年連続で参戦。昨年に引き続き、錦織圭奈良くるみといった日本の男女両エースや、レジェンド枠としてF・ゴンサレス(チリ)、元世界ランキング1位のM・サフィン(ロシア)や、Coca-Cola IPTL初参戦のM・ヒンギス(スイス)、ダブルス元世界ランク3位の実力を持つJJ・ロジェール(アンティル)が所属する。


=================

【大会ルール】

○リーグ戦
各チームはそれぞれの開催国においてIPTL独自のラウンドロビン方式(リーグ総当たり)にて試合を行う。ラウンドロビン終了時に上位の2チームが決勝へと進み、その勝者がIPTLの優勝チームとなる。

○リーグ戦順位のつけ方
ラウンドロビンでの獲得ポイントにより順位を決定する。ポイントは、以下のように与えられる。
・勝利の場合:3ポイント
・合計20ゲーム以上獲得して負けた場合:1ポイント

獲得ポイント数が並んだ場合、以下の方法で順位を決定する。
・直接対決の結果
・直接対決での獲得ゲーム数
・勝利した試合の最大ゲーム差
・コイントス

○試合フォーマット
男子シングルス・女子シングルス・男子ダブルス・ミックスダブルス・男子レジェンドシングルスの各種試合を1セットずつ行い、その獲得合計ゲーム数で争う5セットマッチ。開催国チームが下記5種の試合順を決めることができる。それ以外の2チームはコイントスによって試合順を決める権利を決定する。

○選手交代
・各セットにおいて1度だけ選手の交代が認められる。
・ダブルスの場合、他のダブルス、シングルス、レジェンド選手との交代が可能。
・シングルスの場合、他のシングルス、ダブルス選手との交代が可能。
・レジェンドシングルスの場合、他のレジェンド選手とのみ交代が可能。
・怪我などで交代可能な選手がいない場合、そのセットは負けとなり、勝ったチームはそのセットにおいて6ゲームを獲得する。ただし、負けたチームにもそれまでに獲得したゲームは加算される。

○得点方法
・サービスにおけるレットは適用しない。
・アドバンテージ方式は適用しない。
・6ゲーム先取の5セットマッチ。ゲームカウント5-5になった際はシュートアウトを適用する。

・5セットマッチ後、合計獲得ゲーム数が多いチームがその試合の勝者となる。

・スーパーシュートアウト
5セットが終了した時点で2チームの獲得したゲーム数の合計が並んだ場合、スーパーシュートアウトを行い、勝者を決める。
出場選手は、開催国チームもしくはコイントスの勝利チームのキャプテンが決定する。
10ポイント先取のタイブレーク方式。タイブレークのカウントが9点で並んだ場合は、デュースにはならず次の10点目を取ったチームがそのセットを制する。

○シュートアウト
ゲームカウントが5-5のとき、7点先取のタイブレーク方式で勝敗を決める。
タイブレークのカウントが6点で並んだ場合は、デュースにはならず次の7点目を取ったチームがそのセットを制する。(ゲームカウントは6-5となる)

○最終セット(第5セット)の特別ルール
最終セットを獲得したチームがその時点で負けている場合、相手チームと獲得合計ゲーム数が並ぶまでそのセットを続けることができる。獲得合計ゲーム数が相手チームと並んだ場合は、スーパーシュートアウトを行って勝敗を決める。ただし、相手チームが1ゲームを獲得した時点で相手チームの勝利が決定する。最終セットの出場選手が続けてプレーする。

○コカ・コーラ パワーポイント
・レシーバーの選手は次のプレーで取得する得点が倍になる、コカ・コーラパワーポイントを行使することができる。
・コカ・コーラ パワーポイントは各チーム、1セット・スーパーシュートアウトにつき1回まで行使できる。

○コーチングタイムアウト
各チーム、各セットにつき1回50秒以内のコーチングタイムアウトをいつでも使用できる。
※50秒の内訳:タイムアウト20秒、ベースラインに戻る時間:10秒、サービスの準備時間:20秒。
※審判は、20秒経過後にコールする。

○ショットクロック
以下のショットクロック(時間制限)を設けている。
・サーブは20に行うこと。
・コートチェンジは90秒以内に行うこと(サーブまでの20秒を含む)。
・セット間の休憩は3分間。
・コーチングタイムアウトは50秒以内に行うこと(詳細は上述の通り)。
時間切れになった場合はポイントを失うことになる。

○コートチェンジ
試合開始から3ゲーム後に選手はコートチェンジを行い、その後は2ゲームごとに交代する。
90秒以内に行うこと(ショットクロック適用)。

○ニューボール
セットごとにニューボールが提供される。セットの途中でのボール交換は認められていない。

○コイントス
・開催国チームもしくはコイントスの勝者が、サービス権を選択する。ただしこのコイントスは事前に非公開で行われる。
・開催国チーム以外の対戦でスーパーシュートアウトが行われる場合、コイントスの勝利チームが出場選手を、もう一方のチームがサービス権もしくはコート選択権を選択する。この場合のコイントスは公開で行われる。

○試合結果の調整
・合計実施試合数が多いチームが発生した場合、該当チームは全てのチームとの対戦後、1試合分の結果を最終結果から差し引く。
・その場合、相手チームにはその差し引きは適用されない。

=================






■関連ニュース■ 

・錦織ら参戦 IPTL関東初上陸
・IPTL 錦織チームに複元3位参戦
・錦織らIPTL 来日予定選手発表
(2016年11月13日0時53分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!