- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

五輪銀デルポ 全米WCで出場

リオデジャネイロ・オリンピック(ブラジル/リオデジャネイロ、ハード)の男子シングルス決勝戦でA・マレー(英国)に敗れるも銀メダルを獲得したJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)は、全米テニス協会からの主催者推薦を受けて、29日からの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)に出場することが16日に発表された。

この日、全米テニス協会が発表した全米オープン本戦への主催者推薦枠には、2009年の全米オープンを制したデル=ポトロの名前があった。

デル=ポトロは3度の左手首の手術のため、2年以上四大大会に出場していなかったが、今年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で本戦に姿を現した。

現在、世界ランク141位のデル=ポトロは、そのランキングからは本戦へストレートインすることは不可能だった。

14日のオリンピックでは、2012年のロンドン・オリンピック(イギリス/ロンドン、芝)の銅メダルに続き、銀メダルを獲得した。

今季も怪我と向き合いながら大会数を減らして活動しているが、オリンピックではかつての武器だったフォアハンドが再び炸裂。1回戦では12度グランドスラムで優勝している世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)を下す番狂わせを演出し、準決勝でも14度の四大大会優勝を誇るR・ナダル(スペイン)を下して決勝進出を果たした。

マレーは「もし彼(デル=ポトロ)が万全な状態だったら、トップ・レベルのプレーを見せても何も不思議ではない」と、その能力の高さを認めていた。

7年前、当時20歳だったデル=ポトロは全米オープンを5度制しているR・フェデラー(スイス)を決定戦で下し、四大大会初優勝。その時は次世代を担う選手だと騒がれた。

しかし、その翌年には右手首に問題を抱えてしまい、続いて左手首にも怪我を負ってしまった。バックハンドを両手で打つデル=ポトロにとっては、大きな問題だった。

そんな背景を知るマレーは「彼は手首の怪我を乗り越え、このレベルでまたプレー出来るだけのステージへ戻るために、本当に驚くような努力を積んでいた。何度も同じ怪我を重ね、それを克服するために努力をし続けることが、精神的にどれほど大変なものかは想像出来る」と決勝戦後のインタビューで語った。

その他、この日に発表された主催者推薦枠で出場する選手には、オリンピックのメダリストも含まれている。それは、ミックスダブルスで金メダルを獲得したB・マテック=サンズ(アメリカ)と、同じくミックスダブルスで銀メダルのR・ラム(アメリカ)

さらに男子シングルスには、B・フラタンジェロ(アメリカ)F・ティアフォー(アメリカ)M・マクドナルド(アメリカ)、M・モー、E・エスコベドーが主催者推薦を受けて出場する。

女子シングルスには、D・コリンズ、K・デイ、L・デイビス(アメリカ)、S・ケニン、V・キング(アメリカ)、そしてフランスからV・ラッツァーノ(フランス)が主催者推薦を受けた。

また、予選の主催者推薦枠は2009年の全米オープンでベスト8入りを果たしたM・ウダン(アメリカ)と、イギリスからL・ロブソン(英国)に与えられた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・デルポ五輪決勝へ ナダル撃破
・ジョコとの五輪初戦前に事件
・錦織以外はメダリストの4強
(2016年8月18日18時49分)

その他のニュース

10月26日

【告知】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

10月25日

望月慎太郎 逆転で決勝ならず (15時46分)

単複ストレート勝ちで決勝へ (15時05分)

激闘制しキャリア4勝目に王手 (14時13分)

4度のMPしのぎ死闘制す (12時39分)

ナダル、ゴルフ大会で10位タイ (11時49分)

プイユ 新型コロナに感染 (11時17分)

2時間半超えの激闘制し決勝へ (11時16分)

10月24日

錦織 初戦は世界3位ティーム (19時33分)

ピンチ切り抜け大逆転勝ち (16時28分)

誤審に激怒 主審の謝罪を報告 (15時56分)

好調アザレンカ が4強入り (15時51分)

西岡良仁撃破「適応できた」 (14時11分)

望月慎太郎 激闘制し4強へ (14時07分)

マクラクラン組 優勝へ王手 (11時58分)

誤審に両選手激怒で大荒れに (9時18分)

西岡良仁 4強入りならず (8時39分)

10月23日

波乱 第1・2シードが初戦敗退 (16時50分)

望月慎太郎、野口莉央破り8強へ (15時54分)

528位ベルグス 敗退も「自信」 (15時05分)

35歳シモン8強「大変だった」 (13時47分)

土居美咲 3時間超え死闘制し8強 (12時26分)

サバレンカ、ガウフ下し8強 (11時45分)

トップ10入り後初戦は快勝 (10時05分)

コロナ感染後の復帰戦は黒星 (8時55分)

西岡良仁 逆転勝ちで8強へ (5時55分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!