- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコ第1シード 錦織は反対

ノヴァーク・ジョコビッチ
ウィンブルドン時のジョコビッチ
画像提供: tennis365.net
男子テニスツアーのロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)は22日にシングルスの組み合わせが発表され、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)は初戦の2回戦でD・ツルスノフ(ロシア)G・ミュラー(ルクセンブルグ)の勝者と対戦する。今大会の上位8シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

>>ロジャーズカップ対戦表<<

今年7月のウィンブルドンでジョコビッチはまさかの3回戦敗退を喫し、その後はツアー大会に出場していなかった。

ロジャーズ・カップは2007・2011・2012年に優勝しており、昨年は決勝でA・マレー(英国)に敗れた。

今大会はシード勢が勝ち進んだ場合、3回戦で第14シードのB・ペール(フランス)、準々決勝で第5シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)か第9シードのJ・イズナー(アメリカ)、準決勝で第4シードで地元期待のM・ラオニチ(カナダ)か第7シードのD・ゴファン(ベルギー)と対戦する組み合わせ。

ウィンブルドンでジョコビッチを破る大金星をあげたS・クエリー(アメリカ)も、トップハーフ(対戦表の上半分)に入っており、1回戦で地元のF・ダンチェビッチ(カナダ)と顔を合わせる。

ジョコビッチらとは反対のボトムハーフ(対戦表の下半分)のシード勢は第2シードがS・ワウリンカ(スイス)、第3シードが錦織圭(日本)、第6シードがD・ティエム(オーストリア)、第8シードがM・チリッチ(クロアチア)となっている。


第3シードの錦織圭






■関連ニュース■ 

・ジョコビッチ あわや失格処分
・ジョコ 芝で足滑らせ転倒
・ジョコ棄権 観客から批判も
(2016年7月24日13時35分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!