- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

キリ不服 ジョコを引き合いに

テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会初日の22日、男子シングルス1回戦が行われ、第17シードのN・キリオス(オーストラリア)が世界ランク124位のM・チェッキナート(イタリア)を7-6 (8-6), 7-6 (8-6), 6-4で下し初戦突破を果たしたが、この試合でキリオスは主審と口論になる一幕があった。

>>全仏オープン対戦表<<

それは接戦となった第1セットのタイブレークで起きた。キリオスは大声でボールボーイにタオルを要求したが、主審のC・ラモスはその行為が強引すぎと判断し、スポーツマンらしかなぬ行為と受け止めてキリオスに警告を科した。その判断を不服とした21歳のキリオスは主審と口論となり、その判断は自身への偏見からだと主張し、しばし試合が中断された。

しかしながら、再開された試合でキリオスは、冷静にプレーを続けるとタイブレークを制し第1セットの先取に成功した。

「大きな妨げにならずに済んだ。」とキリオスはラモス主審との口論について語った。「自分のような人間にとってはとても感情的になってしまい、イライラしてしまうかもしれないが、今回は上手く対処できたと感じている。」とその時の状況を振り返った。

キリオスはボールボーイに向かって叫んだのは、「観客の声が大きすぎて自分の声がボールボーイに聞こえないと思ったからだ」と説明していた。

するとラモス主審は「君がタオルと大きな声で叫んだ事に警告したのではない。君の言い方に対して出した警告なんだ。」と判断の基準を説明していた。

そしてキリオスは、全仏オープン前哨戦として2週間前に開催されたBNLイタリア国際で、世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)が試合中に、クレーコートに残ったボールマークを確認しにきた審判の腕を掴んだ出来事を引き合いに出し「ジョコビッチがラインパーソンの腕を掴んで払いのけた時は、何も主審からは言われなかった。」と今回の主審の判断に不満を表していた。

試合後に開かれた記者会見でキリオスは引き合いに出したジョコビッチの事を問われると「この部屋にいる全ての人が分かると思うが、あれをジョコビッチではなく自分が行ったら、大騒動になっていたはず。でもジョコビッチだと何も問題にならなかった。それが物語っている。」と自分への偏見があったと答えていた。

同時に、試合中の主審の判断は「簡単なものではない」としながら、もう少し柔軟な対応を望んでいた。

キリオスはこれまで、R・ナダル(スペイン)R・フェデラー(スイス)から勝利を飾ったり、グランドスラムでも2度のベスト8入りを果たすなど、テニスで話題になりながらその乱暴な行為でも有名になっていた。

昨年8月のモントリオールでのマスターズ大会の時には、昨年の全仏オープン覇者であるS・ワウリンカ(スイス)との試合中にワウリンカへ放った暴言に対して、28日間の出場停止処分に代わり執行猶予を与えられる騒動を起こしていた。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・キリオス 客席に中指立てる
・錦織戦「悪い行為していない」
・スタン激怒 キリオスは罰金
(2016年5月23日11時22分)

その他のニュース

6月26日

本玉真唯 ウィンブルドン予選で完敗 (0時25分)

18歳が昨年V撃破で芝初白星 (0時01分)

6月25日

錦織圭 棄権理由は「右足首負傷」 (23時35分)

【1ポイント速報】本玉真唯 ウィンブルドン予選1回戦 (23時30分)

西岡良仁 3年ぶり芝大会白星 (22時28分)

【1ポイント速報】西岡良仁 ロスシー国際1回戦 (22時16分)

錦織圭が棄権、ウィンブルドン黄信号 (21時10分)

【中止】錦織圭vsナヴォーネ (20時55分)

世界96位が第1シード撃破の金星 (19時26分)

ガスケ 20年ぶり予選で初戦突破 (18時28分)

錦織圭 初戦の相手ナヴォーネとは? (18時07分)

マレー母、情報漏洩に「残念」 (17時30分)

芝で3時間半の死闘「驚いた」 (17時06分)

五輪シングルスに錦織ら ITFがアナウンス (15時36分)

モンフィス、ティーム撃破で芝3年ぶり白星 (14時00分)

世界4位、今週棄権しウィンブルドンに備え (12時08分)

「他の選手にチャンスを…」出場可否に言及 (9時56分)

内山靖崇「父親になって初勝利」 (8時57分)

島袋将 ウィンブルドン予選初戦突破 (7時44分)

6月24日

最後のウィンブルドンは予選敗退 (23時58分)

女子予選、日本勢は本玉真唯のみ (23時17分)

望月慎太郎 ウィンブルドン予選敗退 (22時15分)

【1ポイント速報】ウィンブルドン予選1回戦 (21時23分)

内山靖崇 鮮やか逆転勝ち (21時22分)

加藤未唯、芝で初準V「自信」 (19時14分)

ジョコがウィンブルドン会場入り (18時26分)

芝初Vで通算3勝目「混乱してる」 (17時59分)

世界1位でV フェデラー以来2人目 (17時27分)

ジョコ2位に アルカラス3位へ後退 (16時59分)

引退まで数ヵ月「楽しみたい」 (15時54分)

5本のマッチポイント凌ぎ復活V (13時47分)

今季2勝目 アメリカ勢初のトップへ (12時15分)

加藤/ザン組、芝ツアー準優勝 (10時57分)

大坂なおみ 世界111位へ 今週は休養 (9時50分)

ダニエル太郎、元世界9位に完敗で初戦敗退 (9時24分)

西岡良仁、予選突破し本戦入り (8時12分)

シナー 世界1位として初V、今季4勝目 (7時21分)

6月23日

モンフィスvsティーム 注目の1回戦 (18時49分)

ミスに怒り!ラケット真っ二つに破壊 (17時39分)

上位選手が続々棄権の異常事態 (16時16分)

ズベレフ下し決勝へ 世界7位に浮上 (15時06分)

西岡良仁 芝初戦白星で本戦王手 (12時36分)

カップルで同週に決勝進出、照れ笑い (11時31分)

シナー 世界1位として初の決勝へ (10時03分)

加藤未唯 失格騒動の因縁ペアに雪辱 (8時49分)

【画像】ウィンブルドン会場で調整を行うジョコビッチ (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!