- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 ジョコに屈する

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会9日目の26日、男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードの錦織圭は2連覇と6度目の優勝を狙う第1シードで世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)に3-6, 2-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初、さらに日本人男子で1932年の佐藤次郎以来84年ぶりのベスト4進出とはならなかった。

>>全豪オープン対戦表<<

両者は今回が8度目の激突で、錦織はジョコビッチとの対戦成績を2勝6敗とした。

この試合、第1セットからレベルの高いラリー戦を繰り広げる両者。サービスキープが続く中、第6ゲームで試合が動いた。40−0でリードしていた錦織だったが、連続で凡ミスを犯し最後はダブルフォルトでジョコビッチにブレークを許してしまう。その後、ジョコビッチのペースを崩せずにこのセットを落とす。

第2セットからは、ジョコビッチに主導権を握られた錦織。先走る気持ちと自身のプレーが噛み合わず、何度も首をかしげていた。それでも果敢に攻め続けたが、2セットダウンの崖っぷちに追い込まれる。

第2セット終了後、錦織はメディカル・タイムアウトを要求し、一旦ロッカールームに戻る場面も見られた。

第3セットではブレーク合戦の中、第7ゲームでジョコビッチにこのセット3度目のブレークを許した錦織は、その後挽回出来ずに敗れた。

錦織は今大会、1回戦で世界ランク34位のP・コールシュライバー(ドイツ)、2回戦で同103位のA・クライチェック(アメリカ)、3回戦で第26シードのG・ガルシア=ロペス(スペイン)、4回戦で第9シードのJW・ツォンガ(フランス)を下しての勝ち上がり。ツォンガからは四大大会で初のストレート勝ちをおさめ、勢いをつけてジョコビッチ戦に挑んでいたが、惜しくも敗れることとなった。

一方、ジョコビッチは今大会、2連覇と6度目のタイトル獲得を狙う。4回戦では第14シードのG・シモン(フランス)にまさかの大苦戦を強いられるも、4時間32分の激戦を制した。今回は完璧な修正力で自身のプレーを仕上げてきた。

昨シーズンは、グランドスラムで全豪オープン・ウィンブルドン・全米オープンの3大会で優勝、マスターズ6大会を制覇、ATPワールドツアー・ファイナルでは史上初の4連覇など数々の快挙を成し遂げた。今季もその好調さを維持し、シーズン開幕戦のカタール・オープンで優勝を飾っている。

準決勝では、第3シードのR・フェデラー(スイス)と対戦する。ジョコビッチとフェデラーは過去に44度対戦しており、対戦成績は22勝22敗のイーブン。

>>WOWOWで全豪オープン実況中!吉崎仁康氏による現地レポート<<




■関連ニュース■ 

・ジョコ 錦織は「過去最高」
・錦織「ずるい」 7選手を羨む
・錦織 ジョコ破ればフェデラー
(2016年1月26日19時35分)

その他のニュース

7月20日

ブシャール 接戦制し8強 (13時24分)

連覇狙うルブレフ 8強入り (12時25分)

結婚発表 世界9位プリスコバ (11時04分)

フェレール 連覇の夢消える (7時38分)

7月19日

地元V狙うブザルネスク8強 (23時25分)

テニスが変わるレッスンとは (19時07分)

ジョコ時代終焉払拭の復活V (15時45分)

チェッキナートは辛勝で8強 (14時00分)

ジョコ復活記念キャンペーン (12時30分)

839位マレー 次戦はシティOP (11時43分)

シード勢 早期敗退が相次ぐ (10時52分)

7月18日

シュワルツマン 初戦敗退 (22時22分)

東レ2018にトップ10から3選手 (19時48分)

連覇狙うフェレール 初戦突破 (19時32分)

全米OP 賞金総額59億円に (18時34分)

錦織 チャンとエキシビション出場 (17時51分)

NextGen最終戦ランキング (16時05分)

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!