- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】西岡 全豪初勝利お預け

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会初日の18日、男子シングルス1回戦が行われ、世界ランクの117位の西岡良仁(日本)は同41位のP・クエバス(ウルグアイ)に6-7 (5-7), 1-6, 4-6のストレートで敗れ、大会初の勝利とはならなかった。

この試合の第1セット、西岡は先にブレークされゲームカウント2−5とされるが、4ゲーム連取に成功してタイブレークまで持ち込む。しかし、ロングラリーでポイントを取ることが出来ず、第1セットを先取されてしまう。

続く第2セット、ブルーからイエローのウエアに着替えて気持ちを新たに挑むも、第1ゲームでいきなりブレークされ、2セットダウンに追い込まれる。

第3セットでは苛立ちを見せるも、ポイントを取るとガッツポーズを見せて気迫あるプレーでクエバスに食らいつく。だが、勢いが衰えないクエバスに屈し、2時間1分で初戦敗退となった。

西岡は今回がグランドスラム本戦に4度目の出場。昨年の全米オープンでは1回戦で元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)にフルセットで勝利し、四大大会初勝利をあげた。今回、全豪オープンは初の本戦出場だった。

一方、勝利したクエバスは2回戦で第29シードのN・キリオス(オーストラリア)と世界ランク68位のP・カレノ=ブスタ(スペイン)の勝者と対戦する。

クエバスはキャリア通算3勝を誇るが、そのタイトルはいずれもクレーコート。全豪オープンには過去に2010・2011・2015年に出場。いずれも初戦敗退を喫しており、この日が初勝利となった。

また、同日行われた男子シングルスでは第7シードの錦織圭(日本)が世界ランク34位のP・コールシュライバー(ドイツ)を6-4, 6-3, 6-3のストレートで破り、2回戦進出を決めている。






■関連ニュース■ 

・錦織 炎天下で快勝
・西岡良仁 GS初勝利
・西岡 全豪OPの本戦WC獲得
(2016年1月18日16時48分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!