- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

マレー 英国79年ぶりV導く

男子テニスの国別対抗戦デビスカップ決勝 イギリス対ベルギー戦(ベルギー/ヘント、クレー)は29日、A・マレー(英国)D・ゴファン(ベルギー)とのエース対決を6-3, 7-5, 6-3のストレートで制し、イギリスの79年ぶりとなる優勝で幕を閉じた。

79年というデビスカップ史上最も期間の空いての優勝を決めたマレーは「我々がやり遂げたなんて信じられない。またこんな機会は訪れないかもしれない。今夜はお祝いをしなければ。」と試合後に受けたオンコート・インタビューで答えていた。

イギリスは、1900年以降全てのシーズンでデビスカップに参加している唯一の国。この日の優勝は10度目で、それはアメリカの32度、オーストラリアの28度に次ぐものとなった。

しかし、その優勝までは長い道のりがあった。最後に優勝したのは、F・ペリーがエースとしてイギリスを率いた1936年にまでさかのぼり、決勝進出も1978年以来のことだった。

鮮やかなバックハンドのロブを決めた瞬間に勝利が決まると、マレーはフランダース・エクスポ・アリーナのインドアのクレーコートに仰向けで倒れ込んだ。

チームメイトもマレーの元へ駆け寄り喜びを表していたが、マレーはすぐに起き上がりベルギーと握手を交わし、対戦相手へ敬意を表していた。その直後にマレーは、チームメイトやコーチによって胴上げされ宙を舞った。

2013年のウィンブルドンで、イギリス人が77年間待ち望んだ地元優勝を成し遂げたマレーは、イギリス・ベンチへ腰を降ろすと、国旗であるユニオン・ジャック・フラッグに覆われ顔が見えなくなってしまった。これでマレーは、グランドスラム2度の優勝、オリンピックでの金メダルに加え、デビスカップのタイトルも獲得したことになった。

「最後は最高のポイントで終わりに出来た。こんな大きな戦いで優勝出来るなんて信じられない。1番感情的になった試合だったかもしれない。これ以上のことはない。我々のテニス人生で、確実にハイライトの1つになるだろう。試合を通してずっと興奮していた。」とマレーは語っていた。

世界ランク2位のマレーは、今年出場したデビスカップ全てで勝利を飾った。

マレーはワールドグループが作られた1981年以降、1982年のJ・マッケンロー(アメリカ)、1983年のM・ビランデル(スウェーデン)に次いで3人目となる同一シーズンでデビスカップのシングルスで8勝0敗の成績をおさめた選手となった。

イギリスのL・スミス監督は「彼(マレー)がチームのために成し得たことは、本当に凄いこと。本当に信じられないし、驚きでもある。」とマレーを称賛していた。

28日に行われたダブルスでも実の兄のJ・マレー(英国)と組んで勝利をあげているマレーは、1995年のP・サンプラス(アメリカ)以来となるデビスカップ決勝戦で出場3試合全てで勝利を飾った選手となった。同時に、2005年のI・リュビチッチ(クロアチア)以降では同一シーズンのデビスカップでシングルス・ダブルス合わせて11試合で勝利を飾った2人目の選手となった。

1982年にマッケンローは12勝0敗を記録し、1993年にはM・スティッチが11勝をあげている。

(STATS - AP)






■関連ニュース■ 

・マレー 試合中に前髪切る
・デ杯決勝で警告受けたマレー
・エース錦織「素晴らしい1日」
(2015年11月30日9時30分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!