- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

国枝慎吾が世界1位を伝授

18日、TOKYO FMホールで行われたトークイベント『国枝 慎吾「TALKING COURT」親子で学ぶ「最強の男」になる方法』に元プロテニスプレーヤーの杉山愛(日本)と車いすテニスで世界ランク1位の国枝慎吾(日本)のスペシャル対談が実現した。この模様は11月7日の14時からTOKYO FMの特別番組にて放送予定。

司会は『中西哲生のクロノス』パーソナリティの高橋万里江にて行われた今回の対談では、4度の年間グランドスラム達成、40度の四大大会優勝など、前人未到の記録を打ち立て続ける車いすテニスの王者・国枝慎吾の不屈のメンタルの秘密に迫った。

約300人集まったの観客の中、鮮やかなチェアワークで登場した国枝は杉山とボレー・ボレーを披露して沸かせた。

その後は【車いすとの出会い】【世界という高い壁】【最高の男になるための言葉】【最強であり続けるために】の4つの項目に分けての対談が開始。

【車いすとの出会い】
車いすテニスとの出会いについては「近くのテニススクールに当時から車いすテニスがあった。最初はあまりやる気がなかったけど、やってみたらテニスってこんなにハードなスポーツだということに衝撃を受けた。」と当時について語った。

【世界という高い壁】
目的と目標を持って練習することが大切と話す国枝は「目標がぼんやりしたり、定まってない時はつまらない。目的意識がある・ない練習だと面白さが違ってくる。」と話した。

【最高の男になるための言葉】
2012年、肘の手術後のロンドン パラリンピックで金メダルを獲得した国枝は「8カ月テニスをしていなくて、普通のボールでの練習を1週間だけして試合だった。それまでスポンジボール。その時のメンタルは大変だった。苦しかったけど、得たものも大きかった。」と国枝。

2006年からはメンタルトレーニングを取り入れ、毎朝鏡の前で「オレは最強だ!」と3・4年もの間に言い続け、その言葉はラケット・マウスピースにも書いて自身を強くした。

【最強であり続けるために】
「世界1位になった直後の2・3ヵ月間、練習中に『なんで俺テニスやっているんだろう』と陥った。それまでは他の選手をターゲットにしていた。それが1位になった瞬間、何を目標に練習すればいいという状態になった。」とモチベーションが下がった時期があった国枝。

その時については「まだまだミスもある。ランキングは1位だけど、自分自身は完璧な選手ではなく弱点はあって、対自分になった。それからは今までそのモチベーションは継続したままテニスをすることが出来ている。」と王者としての壁を乗り越えた体験談を話した。

対談後は300人の観客と記念撮影、さらにサインに応じるなどファンと交流した。

国枝慎吾「TALKING COURT」親子で学ぶ「最強の男」になる方法


■関連ニュース■ 

・王者 国枝「完敗だった」
・王者 国枝慎吾が2連覇
・国枝 単複2冠「納得の内容」
(2015年10月20日10時44分)

その他のニュース

6月19日

大坂なおみ「本当にうれしい」 (11時31分)

シャラポワ 復帰戦白星の好発進 (10時57分)

大坂 次戦は世界43位に決定 (10時54分)

芝前哨戦 雨のため順延に (10時07分)

フェデラー 快勝で初戦突破 (8時45分)

6月18日

大坂なおみ 今季芝初戦は白星 (23時47分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (22時46分)

奈良 惜しくも本戦出場逃す (19時16分)

約2カ月ぶりの初戦突破 (17時05分)

約3カ月ぶり復帰戦は白星 (16時53分)

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!