- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

竜馬、問題児キリオスに完敗

男子テニスツアーのマレーシア・オープン(マレーシア/クアラルンプール、ハード)は30日、シングルス2回戦が行われ、伊藤竜馬(日本)は第7シードのN・キリオス(オーストラリア)に3-6, 2-6のストレートで敗れ、ベスト8進出とはならなかった。

この試合、キリオスのサービスゲームで1度もブレークをする事が出来なかった伊藤は3度のブレークを許してしまい、わずか55分で敗れた。

伊藤は初戦で元世界ランク13位のJ・ニエミネン(フィンランド)をストレートで破り、キリオスとの2回戦へ進出していた。

その他の日本勢では予選を突破した杉田祐一(日本)R・シュティエパネック(チェコ共和国)内山靖崇(日本)は第8シードのV・ポスピシル(カナダ)にそれぞれ敗れ初戦で姿を消した。

今大会の第1シードはD・フェレール(スペイン)、第2シードはF・ロペス(スペイン)、第3シードはI・カルロビッチ(クロアチア)、第4シードはG・ディミトロフ(ブルガリア)となっており、上位4シードは1回戦免除のため2回戦からの登場。

昨年のマレーシア・オープンは錦織圭(日本)が大会初のタイトルを獲得している。

一方、伊藤に勝利したキリオスは、今年8月のモントリオール・マスターズでS・ワウリンカ(スイス)と対戦した際、T・コキナキス(オーストラリア)がワウリンカのガールフレンドと言われている女子選手と関係を持ったという発言をしたため、罰金などが科せらた。

またウィンブルドンではペットボトルを地面に投げつけ、ボールボーイに渡していたタオルを受け取らずにコートを去るなどしていた。

準々決勝では第3シードのカルロビッチと対戦する。


■関連ニュース■ 

・スタン激怒 キリオスは罰金
・マレー 問題児キリオスを評価
・暴れん坊キリオスが大荒れ
(2015年9月30日22時36分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!