- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織「タフな試合」制す

テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)日本対コロンビア戦(コロンビア/ペレイラ、クレー)は20日、シングルス第1試合が行われ、錦織圭(日本)S・ヒラルド(コロンビア)とのエース対決を6-4, 6-2, 7-6 (7-3)のストレートで制し、通算2勝2敗とした日本はワールドグループ残留に望みをつないだ。

WOWOWの中継で、試合後「タフな試合だった。ヒラルドがいいサーブを打ってきた。」と錦織。

同日のシングルス第2試合はダニエル太郎(日本)A・ファリャ(コロンビア)と対戦する。日本がワールドグループ残留するにはダニエル太郎の勝利が必須。敗れた場合はアジア・オセアニアゾーンへ降格する。

錦織は「(シングルス第2試合は)長くなるでしょう。太郎もいいプレーをしているから楽しい試合になると思う。」と話した。

ヒラルドのポイント時には大歓声が起きるなどの完全アウェーの中で、錦織はベースライン付近での正確なストローク戦を武器に集中力を切らさず勝利を手にした。

アウェーの中で戦ったことについて「ここの観客の皆さんは最高。コロンビアの応援が多いけど、素晴らしい観客の中で楽しみながらプレーすることが出来た。」と述べた。

日本とコロンビアは2013年のプレーオフでも対戦。その時も1勝2敗としていた日本は大会最終日に錦織と添田豪(日本)が勝利をおさめて通算3勝2敗で勝利し、ワールドグループ復帰を決めていた。

そして2014年2月、日本はワールドグループ1回戦でカナダに通算4勝1敗で勝利し、初のワールドグループベスト8進出を果たす快挙を成し遂げた。同年4月の準々決勝はチェコ共和国に通算0勝5敗で敗退。今年4月のワールドグループ1回戦ではカナダに2勝3敗で敗れた。

デビスカップは他の大会とは異なる形式となっており、初日に各国1位の選手と2位の選手によるシングルスをそれぞれ行い、2日目にダブルス1試合、最終日の3日目は両国1位と2位同士のシングルス2試合の合計5試合が行われ、3勝した国が勝利する。

(引用元WOWOW)

組み合わせは、以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合 ダニエル太郎 ×-○ S・ヒラルド

・シングルス第2試合 錦織圭 ○-× A・ファリャ

【大会2日目】
・ダブルス第1試合 西岡良仁(日本)/ 内山靖崇(日本)組 ×-○ J・S・キャバル(コロンビア)/ R・ファラ(コロンビア)

【大会3日目】
・シングルス第1試合 錦織圭 ○-× S・ヒラルド

・シングルス第2試合 ダニエル太郎 vs A・ファリャ

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・錦織ら2勝必須 崖っぷち日本
・錦織 アウェー「楽しかった」
・錦織「絶対に勝たないと」
(2015年9月21日2時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!