- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 全米で得たのは「自信」

31日から開幕するテニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)で、昨年M・チリッチ(クロアチア)錦織圭(日本)は数々の強豪を破る快進撃で決勝進出を果たし、世界中を驚かせた。

それまでのグランドスラム過去最高成績は、チリッチが2010年の全豪オープンで1度だけベスト4入り、錦織は2012年の全豪オープンで1度だけベスト8入り。

昨年の全米オープンでは錦織が第10シード、チリッチは第14シードで出場。そして、準決勝で錦織はN・ジョコビッチ(セルビア)、チリッチはR・フェデラー(スイス)に勝利し、初のグランドスラム決勝の舞台に立った。

チリッチはその時を振り返り「2人ともかなり緊張していた。」と語る。

来週からニューヨークにあるフラッシング・メドウの青いコートで繰り広げられる全米オープンでは、前年度チャンピオンのチリッチと準優勝者の錦織は12ヵ月前に披露したテニスから自信を持ってコートに立つ。

両者はいずれも、自身のテニスにはまだまだ改善点があると語る。

「こんな大きなタイトルの獲得は当然歴史に残る記録。自分自身にとって、とても大きく前向きな出来事。また、あの瞬間を経験するのは難しいことだけど、全米オープン優勝で精神面は確実に良くなっている。」

「そのことで、大会へ向けてより良い準備が出来るようになったのは確か。特に大きな大会へ向けてはより一層。」とチリッチは自身の想いを語っていた。

2013年の全米オープンはドーピング違反から出場禁止処分中だったために出場していなかったチリッチ。昨年の決勝戦では錦織をストレートで下し、グランドスラムではクロアチア出身選手として2001年にウィンブルドンを制し現在チリッチのコーチをしているG・イバニセビッチ(クロアチア)以来となった。

現在1989年の全仏オープン・チャンピオンのM・チャン(アメリカ)をコーチにつけている錦織は、日本人として1933年以来となるグランドスラムでの準決勝進出を果たし、アジア出身の男子選手として初めてグランドスラム決勝の舞台に立った。

この決勝戦は、2005年の全豪オープンのM・サフィン(ロシア)L・ヒューイット(オーストラリア)以来となるフェデラー、ジョコビッチ、R・ナダル(スペイン)がいないグランドスラム決勝戦となった。それまでのグランドスラム38大会中34大会で、フェデラー、ジョコビッチ、ナダルのいずれかが優勝していた。その他の4回中2回はA・マレー(英国)が優勝している。

決勝進出までの道のりでS・ワウリンカ(スイス)M・ラオニチ(カナダ)らを下した錦織は「たくさんのことを学び、ノヴァーク(ジョコビッチ)らトップ10選手達を倒したことで、かなりの自信がついた。精神的にも強くなった。そして、さらに自分自身を信じられるようになった。」と、昨年の全米オープンでの経験から得たものを語っていた。

アメリカのフロリダ州ブラデントンに拠点を置く25歳の錦織は今季安定した成績を残しており、世界ランク4位に位置している。今年はここまで3大会で優勝、それ以上の優勝はジョコビッチ、フェデラー、マレーしかおらず、ここまで46試合で勝利を飾っている。これはジョコビッチとマレーに続く数字。

17歳でプロになって以来、錦織がこれまでも苦しめられたもの。それは怪我だった。

例えば、ウィンブルドンでは直前に痛めた左ふくらはぎの怪我により棄権を余儀なくされ、先週のシンシナティ・マスターズも臀部の負傷から欠場。

身長180センチの錦織は「練習を続けることが、大事なことの1つ。」と話す。

身長198センチのチリッチは、右肩の怪我により全豪オープンを含む今シーズン序盤の大会を欠場していた。今季の初勝利は4月に入ってからだった。強烈なサービスとフラットで打ち込むストロークが武器のチリッチは、肩の問題はないと言う。

「昨年の全米オープン後は、もしベストのプレーさえ出来ればどんな大会でも上位進出出来ると感じていた。そんな気持ちを毎週持って、これからのテニス人生を送っていきたい。」と語るチリッチ。

そして「安定感という意味では、今の自分のテニスはまだ十分ではない。そこに1番の重きを置いて練習をしていきたい。自分のテニスは、まだまだ多くの部分で改善出来ると感じている。」と自身のテニスについて述べていた。

(STATS - AP)

アディダス

アディダス


■関連ニュース■ 

・錦織 ナダル戦「人生で一番」
・錦織 全米へ向け復調アピール
・錦織 全米「チャンスはある」
(2015年8月25日9時30分)

その他のニュース

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

1月21日

杉田祐一「ギア上げたい」 (22時01分)

土居美咲 死闘の末に全豪敗退 (21時02分)

シャラポワ「来年分からない」 (20時10分)

内山「まだ100%ではない」 (18時20分)

杉田祐一 全豪2年ぶり初戦突破 (17時53分)

【1ポイント速報】全豪OP1回戦 (17時00分)

伊藤竜馬「ジョコ壁みたい」 (16時42分)

日比野菜緒「満足してない」 (15時57分)

ナダル圧勝 11年ぶりVへ好発進 (15時12分)

けがから復帰の内山は敗退 (14時47分)

チリッチ 快勝で初戦突破 (12時35分)

【1ポイント速報】ナダルvsデリエン (11時24分)

日比野菜緒 全豪OP初の2回戦へ (11時10分)

伊藤竜馬 7年ぶり初戦突破 (10時43分)

1月20日

ジョコ 900勝達成で初戦突破 (21時51分)

【1ポイント速報】ジョコvsシュトルフ (21時20分)

バーティ 序盤苦戦も初戦突破 (19時30分)

今大会で引退 快勝で初戦突破 (17時04分)

セリーナ 19度目の初戦突破 (16時25分)

15歳ガウフ 全豪OP初勝利 (15時42分)

西岡勝利「負けられない」 (15時42分)

大坂「前年V精神ではない」 (14時54分)

フェデラー 21年連続初戦突破 (13時55分)

西岡 全豪OP4年連続初戦突破 (12時02分)

【1ポイント速報】フェデラーvsジョンソン (12時00分)

大坂 全豪5年連続の初戦突破 (10時38分)

【1ポイント速報】大坂vsブズコバ (10時28分)

錦織 世界ランク18位へ後退 (8時03分)

大坂 初戦へ向け最終調整 (7時26分)

1月19日

キリオス「切り替え簡単じゃない」 (18時13分)

21歳アンベール 悲願の初V (14時45分)

バーティ 今季初Vで全豪に弾み (11時16分)

2週連続でV「素晴らしい」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!