- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織らのように活躍するには

近年、男子テニスでは往年の名プレーヤーがコーチに就任するとグランドスラムで活躍する傾向がある。トップ10ではS・ワウリンカ(スイス)M・チリッチ(クロアチア)は新コーチ就任後にグランドスラム初優勝、錦織圭(日本)は決勝へ進出するなど大きな飛躍を遂げている。

【ノヴァーク・ジョコビッチ】
2014年からBo・ベッカー(ドイツ)がコーチに就任後、N・ジョコビッチ(セルビア)はグランドスラムで2014年の全豪オープン、2014・2015年のウィンブルドン2度の優勝。2014年のウィンブルドン優勝後は世界ランキング1位へ返り咲いた。

【ロジャー・フェデラー】
2013年の10月にポール・アナコーン氏との3年以上に渡るコーチ契約が終了。2014年からは子供の頃からの憧れであるS・エドバーグ(スウェーデン)がコーチに就任。R・フェデラー(スイス)は2014・2015年のウィンブルドンで準優勝を飾った。

【アンディ・マレー】
2014年に女子で元世界ランク1位のA・モレスモ(フランス)、さらに今年はJ・ビョークマン(スウェーデン)をコーチに招いたA・マレー(英国)は2015年の全豪オープンで決勝進出、全仏オープンとウィンブルドンで4強入り。

【スタン・ワウリンカ】
2013年、ワウリンカは元世界ランク2位のM・ノーマン(スウェーデン)(スウェーデン)をコーチに招き入れる。以降、2014年の全豪オープンでグランドスラム初優勝。今年は全仏オープン決勝でジョコビッチを破りグランドスラム2勝目をあげた。

【錦織圭】
2013年の12月、元世界ランク2位のM・チャン(アメリカ)がコーチに就任することが決まった。その後、錦織は全米オープンでグランドスラム初の決勝進出。さらに世界ランキングトップ4入り、ツアーファイナルではベスト4へ進出した。

【ミロシュ・ラオニチ】
2013年から元世界ランク3位のI・リュビチッチ(クロアチア)がコーチに就任。2014年のウィンブルドンでM・ラオニチ(カナダ)はグランドスラム初のベスト4へ進出した。

【マリン・チリッチ】
2014年に元世界ランク2位のG・イバニセビッチ(クロアチア)が就任、その年の全米オープンではフェデラー、錦織らを次々と下しグランドスラム初優勝。その後、ツアーファイナル初出場を果たす。

>>世界ランキング一覧<<



中古ラケット買取


■関連ニュース■ 

・錦織の飛躍にチャンの存在
・スタン「人生のベストマッチ」
・チリッチ「努力が実を結んだ」


■最新ニュース■ 

・「全米で終わりにする」
・錦織 激しいラリー公開
・デ杯 日本の対戦国決まる
(2015年7月23日14時55分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!