- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

カルロビッチ 2度打ち認める

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は4日に行われた男子シングルス3回戦で、第13シードのJW・ツォンガ(フランス)を7-6 (7-3), 4-6, 7-6 (7-2), 7-6 (11-9)で下し4回戦進出を決めた第23シードのI・カルロビッチ(クロアチア)は、第4セット終盤にラケットでボールを2度打っていた事を認めた。

【会場でしか買えない 全英タオル】

第4セットでツォンガが握ったセットポイントの時だった。カルロビッチはボレーを決めそれを凌いだが、スローモーションでそのプレーを再度確認すると、カルロビッチのラケットに1度当たったボールが再びラケットに当たってからツォンガのコートに落ちていた。

その後、そのセットをタイブレークの末に奪ったカルロビッチがセットカウント3ー1でツォンガを振り切り、2009年にベスト8入りして以来となる4回戦へ駒を進めた。

試合後の記者会見でカルロビッチは、2度当たっていた事を認めながらも、そのショットは1スイングの中で行われたためにルール上OKだと語っていた。公式ルールでは、故意に2回以上ボールを打つ事は反則とされている。

「自分のラケットがこうなってボールがここに当たって、そしてボールが飛んで行ったんだ。」とラケットを持ちながらその時の状況を説明していたカルロビッチ。それが反則と見なされていたら、そのセットをツォンガに奪われ試合はファイナルセットへともつれていた。そしてカルロビッチは「あれはまさにラッキーだった。」と加えていた。

敗れたツォンガも、それには不満を抱いていないと言う。

「それは主審が判断するもの。主審が分からなければ自分は何も出来ないさ。あの時主審を見ると、彼は問題はないと言ったから、自分はOKと言ってつぎのポイントへ向かったんだ。」

結果、カルロビッチはツォンガに一度もブレークを許さず、自身3度目となるウィンブルドンでの4回戦進出を決めた。

36歳のカルロビッチは、ここウィンブルドンでは1976年に同胞のN・ピリッチ以来となる最年長での4回戦進出となった。グランドスラムでは、1991年にJ・コナーズ(アメリカ)が38歳で4回戦へ進んで以来となる最年長者となった。

カルロビッチは6日に行われる4回戦で第3シードのA・マレー(英国)と対戦する。

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ツォンガ 41本決められ敗退
・エース53本 激闘カルロビッチ
・エース45本の新記録「嬉しい」


■最新ニュース■ 

・錦織より年下4選手が16強へ
・日本の次なる期待の新星は
・錦織棄権 衝撃の全英1週目
(2015年7月6日11時25分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月25日

大坂なおみ 五輪初戦は元世界1位に決定 (19時19分)

錦織圭 パリ五輪初戦の相手決定 (19時18分)

引退マレー 五輪シングルス欠場 (18時40分)

ガウフ 旗手の大役「本当に光栄」 (11時37分)

ナダル五輪へ「国のためにプレー」 (10時40分)

シナー、パリ五輪欠場「非常に残念で悲しい」 (10時00分)

錦織/ダニエル組 パリ五輪複出場へ (8時46分)

柴原/錦織ペア出場 パリ五輪 (7時14分)

7月24日

必ず5000円以上貰える?!テニス365大会情報 (20時48分)

西岡良仁 2回戦は世界97位に (15時31分)

前週Vの元世界6位、接戦制し2回戦へ (13時01分)

ティーム 最後のクレーは初戦敗退 (11時56分)

5連敗阻止で全仏OPぶり白星 (10時57分)

ナダル/アルカラスのペア名は? (10時05分)

大坂なおみ パリ五輪会場で連日調整 (8時54分)

錦織圭 パリ五輪会場で練習 (8時00分)

元世界1位マレー 現役引退を表明 (7時34分)

7月23日

西岡86位 22日付日本勢世界ランク (15時43分)

柴原瑛菜 シングルスツアー初白星 (14時45分)

大坂102位、内島は自己最高位へ (13時43分)

東京五輪銀メダリストがパリ欠場へ (11時50分)

ダニエル、ジョコと練習「夢みたいな貴重な経験」 (11時03分)

20歳が初のトップ20へ (9時56分)

世界7位が五輪欠場、傷癒えず (8時27分)

西岡良仁 ストレート勝ちで初戦突破 (7時29分)

7月22日

30歳で悲願のツアー初優勝 (22時02分)

第2シードの本玉真唯が初戦突破 (21時01分)

西岡良仁 初戦は予選勝者に (19時07分)

熱戦制し2連覇「厳しい試合」 (17時59分)

飛躍の20歳 全サーフェスV達成 (14時24分)

復帰後早くも2度目V「信じられない」 (12時14分)

ダニエル太郎 ジョコと五輪に向け練習 (11時10分)

20歳フィスがズベレフ破り2度目V (9時35分)

ナダル撃破しツアー初V「感動」 (8時42分)

ナダル準Vも「満足できない」 (7時42分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!