- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒューイット 最後の全英

テニスのグランドスラムであるウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝)は29日、男子シングルス1回戦が行われ、来年1月の全豪オープンを最後に引退を表明している元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)J・ニエミネン(フィンランド)に6-3, 3-6, 6-4, 0-6, 9-11のフルセットで敗れ、現役生活最後となる全英で勝利をあげることが出来なかった。

【会場でしか買えない 全英タオル】

今大会にワイルドカード(主催者推薦)で出場していたヒューイットは、大会前に自身のツイッターで「ウィンブルドン、ワイルドカードをありがとう。またあの素晴らしい場所でもう一度プレー出来る事を光栄に思う。素晴らしい思い出の場所。最後の出場。」と、つぶやいていた。

1回戦、ヒューイットはダイビングボレーなどを決めて会場を沸かせるも、62本ものウィナーを決めてきたニエミネンの鋭いストロークにおされ、4時間の激闘の末に敗れた。

どんなボールでも諦めず最後まで拾い続け、世界ナンバー1のフットワークの持ち主と言われていたヒューイットは、2002年のウィンブルドンで頂点に立った。その時は準決勝でT・ヘンマン(英国)、決勝ではD・ナルバンディアン(アルゼンチン)にそれぞれストレートで勝利し、2001年の全米オープンに続くグランドスラムタイトルを獲得した。

しかし、前年度覇者として出場した2003年のウィンブルドンでは1回戦でI・カルロビッチ(クロアチア)に敗れ、まさかの初戦敗退。さらにR・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)らの活躍により、徐々に陰へ隠れる存在となり始める。

その後、再起を誓ったヒューイットは2004年の全米オープンで決勝進出、2005年の全豪オープンでは決勝でM・サフィン(ロシア)に敗れるも地元で準優勝を飾り、復活を印象付けた。

以降は怪我などにより思うような結果を残せず、今年は今大会を含めて7大会にしか出場出来ていない。

「カモーン!」と叫び、ガッツポーズを繰り返すことで一時はコートマナーについて選手の間から不満の声があがるも、今も世界中のテニスファンから愛されるヒューイットがウィンブルドンからいなくなることは、今回の敗戦で決まってしまった。

また、昨年のブリスベン国際男子では準決勝で錦織圭(日本)、決勝でフェデラーに勝利して優勝を飾った。これまではキャリア通算30勝をあげている。

一方、ヒューイットに勝利したニエミネンも今季中に引退することを表明している。2回戦では昨年覇者で第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。

>>ウィンブルドン対戦表<<

ウィンブルドンタオル




■関連ニュース■ 

・ヒューイット 最後の全英へ
・ヒューイット 引退を示唆
・添田 元王者ヒューイット撃破


■最新ニュース■ 

・キリオス ハプニング起こす
・錦織「選択ミスがあった」
・錦織 足は「悪くはない」
(2015年6月30日6時38分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

7月18日

ベルダスコ 3年連続の2回戦へ (14時00分)

最終戦ランク 錦織トップ10へ (11時01分)

アンダーソン 自己最高位更新 (10時01分)

7月17日

メイヤー 2年連続初戦敗退 (19時11分)

土居美咲 ホノルル複でV (18時34分)

藤原里華、複でブシャール撃破 (17時28分)

ダニエル 逆転で敗れ初戦敗退 (16時21分)

守屋宏紀 CH初戦突破ならず (14時00分)

セリーナ 153位のランクアップ (11時00分)

大坂18位 日本勢世界ランク (10時00分)

7月16日

日比野菜緒 ホノルルでV (19時35分)

錦織20位 日本勢世界ランク (17時02分)

ジョコ TOP10返り咲き (15時32分)

Vジョコ「長い道のりだった」 (14時03分)

錦織 世界ランク20位へ浮上 (12時01分)

ルール改定の話し合い求む (11時08分)

ペヤ/メリチャー組が初優勝 (10時28分)

上地 ウィンブルドン複5連覇 (9時52分)

ジョコ 3年ぶりに芝食べる (7時22分)

ジョコ 苦しい時期乗り越えV (2時10分)

ジョコ 3年ぶり4度目V (0時30分)

【1ポイント速報】ジョコvsアンダーソン (0時29分)

7月15日

ナダル ジョコ称賛「史上最高」 (16時49分)

産後10カ月で準Vに手応え (16時02分)

添田豪 CH決勝進出ならず (15時46分)

ペア2大会目でグランドスラムV (13時59分)

錦織「充電」後はワシントンへ (11時04分)

涙ケルバー、セリーナを称賛 (10時27分)

ジョコ ナダルは「ファイター」 (7時27分)

田島組「悔しい」 決勝ならず (4時36分)

ケルバー、セリーナ破り初V (1時21分)

【1ポイント速報】セリーナvsケルバー (1時19分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!