- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

添田 元王者ヒューイット撃破

男子テニスツアーの米男子クレーコート選手権(アメリカ/テキサス州ヒューストン、クレー、賞金総額549,230ドル、優勝賞金88,800ドル)は6日、シングルス1回戦が行われ、添田豪(日本)は主催者推薦で出場の元王者L・ヒューイット(オーストラリア)に4-6, 7-6 (7-3), 6-3の逆転で下し、2回戦進出を決めた。

この試合両者ブレーク合戦となり、第1セットで添田は2度のブレークに成功するも3度のブレークを許し第1セットを落とす。

第2セット、第3ゲームで添田は先にブレークを許すが第4ゲーム、このゲーム4度目のチャンスでブレークバックに成功する。

しかし第5ゲームで再びブレークを許すが第6ゲームでブレークバックに成功し食らいつく。

第9ゲーム、添田は0-40とピンチを迎え2度はしのぐが3度目のブレークを許す。

第10ゲームではヒューイットにマッチポイントが訪れるがしのいでデュースとすると、ヒューイットがダブルフォルトを犯し添田にチャンスが訪れ、再びブレークバックに成功する。

その後は両者サービスキープし、タイブレークに突入すると添田が2ポイント目で先にミニブレークに成功、その後は追いつかれること無くタイブレーク7-3で第2セットを取った。

ファイナルセット第3ゲーム、添田が1度のチャンスでブレークに成功する。

第6ゲームでブレークバックを許すが第7ゲームで2度目のブレークに成功、第9ゲームでは2度目のマッチポイントの末、2時間35分で勝利した。

ヒューイットは7度のブレークに対し、添田は8度のブレークに成功した。

両者は初対戦で、勝利した添田は2回戦で第7シードのJ・シャーディ(フランス)D・ラヨビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

今大会予選には伊藤竜馬(日本)西岡良仁(日本)が出場していたが、伊藤は予選1回戦敗退、西岡は予選2回戦敗退としている。

今大会のシード勢は、第1シードにF・ロペス(スペイン)、第2シードにR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第3シードにK・アンダーソン(南アフリカ)、第4シードにJ・イズナー(アメリカ)、第5シードにS・ヒラルド(コロンビア)、第6シードに2連覇を狙うF・ベルダスコ(スペイン)、第7シードにシャーディ、第8シードにS・クエリー(アメリカ)らが出場している。


■関連ニュース■ 
・ダニエル 太郎 今季2度目の本戦
・錦織4位 添田、伊藤らは上げる
・錦織 ナダル抜き最高位タイ


■最新ニュース■ 
・準優勝の26歳 初のTOP10入り
・クルム伊達「前向きに捉える」
・ジョコビッチ 2連覇5度目V


■最新動画■ 
・昨シーズンに躍進したヒラルド特集
・ツアー初優勝の34歳が最年長記録達成
(2015年4月7日12時02分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!