- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

法政 村上が関東制しスペイン

tennis365.netと週刊少年マガジンで連載中のテニス漫画「ベイビーステップ」、そしてスペインのサバデル・テニスクラブが共同開催する〜Road To Spain チャレンジカップ〜の関東大会は7日、立教大学・富士見総合グラウンドで男子シングルスの準々決勝から決勝が行われ、法政大学の村上彰啓が優勝をおさめてスペイン行きを決めた。

この大会は高校生・大学生の年代を対象に、国際大会出場(ATPポイント獲得)と海外経験のチャンスを提供することを目的として関東と関西の2大会を開催。関東は6月6日・7日に立教大学、関西は7月18日・19日に大阪体育大学で行われる。

優勝者はスペインのサバデル・テニスクラブで開催されるITFフューチャーズ大会(賞金総額1万ドル)への本戦ワイルドカード(主催者推薦枠)が進呈される。

決勝へ勝ち上がったのは、ともに法政大学 体育会テニス部所属の村上彰啓(3年)と寒川雄太(2年)の2人。

第1セットは寒川が第2、第6ゲームでブレークに成功し6-1と先取。しかし第2セットは村上がわずか25分で6-0と取り返す。

最終セット、寒川が1ブレークアップで3-2として迎えたサービスゲーム、ここを寒川がキープをすれば流れが一気に傾くかと思われたが、幾度も続くデュースを村上が勝ち取りゲームをタイに戻す。

村上の5-4で迎えた第10ゲーム、リターンの村上は0-40でトリプルマッチポイントを掴む。ここで寒川は意地のサービスエースとウィナーで2ポイントを返すも反撃はここまで。

村上が1-6, 6-0, 6-4、試合時間1時間58分で関東大会を制して、9月末に開催されるスペインのフューチャーズ大会への出場権を手にした。

roadtospainチャレンジカップ
4強入りした4選手と、大会運営を行った立教大学 体育会テニス部部員

試合結果は以下の通り。

【決勝】
○村上彰啓(法政大学) vs. ●寒川雄太(法政大学), 1-6, 6-0, 6-4

【準決勝】
○寒川雄太(法政大学) vs. ●甲賀光(立教大学), 8-0
高畠寛(日本)(立教大学) vs. ○村上彰啓(法政大学), 5-8

【準々決勝】
●尾崎朋(専修大学) vs. ○寒川雄太(法政大学), 1-8
●萬福健太郎(法政大学) vs. ○甲賀光(立教大学), 5-8
●白井裕都(日本大学) vs. ○高畠寛(立教大学), 7-9
●永田和樹(専修大学) vs. ○村上彰啓(法政大学), 5-8

※準決勝までは8ゲームスマッチ、決勝は3セットマッチ

roadtospainチャレンジカップ
昨年優勝の立教・高畠は村上との準決勝で敗退

roadtospainチャレンジカップ
立教1年の甲賀は4強入り果たす

《チャレンジカップ詳細(関西大会は近日募集)》
《サバデル・テニスクラブ公式サイト》

■関連記事■ 
・スペイン行きへ関東8強揃う
・竹元、ATPポイント初獲得
・関西大学1年 竹元が優勝
・立教大学1年 高畠が栄冠掴む
(2015年6月7日19時48分)

その他のニュース

7月19日

全米賞金GS史上最高額に (15時19分)

第1シードは2回戦で敗退 (12時31分)

世界121位に苦戦もガスケ8強 (11時15分)

ニューポートは雨で順延 (11時00分)

地元チョリッチは初戦敗退 (7時08分)

7月18日

ジョコ 初Vハレプを称賛 (21時56分)

元世界4位ガルシア 8強逃す (21時40分)

「毎試合良くなっている」 (20時52分)

フォニーニ 体調不良で途中棄権 (19時57分)

HEAD GRAVITY販売 (17時30分)

大坂ら 全米OP出場予定選手 (17時01分)

好調の21歳アンベール 8強へ (15時59分)

内山 綿貫破りCH初戦突破 (15時09分)

松井俊英が現役最年長ランクイン (12時39分)

ティームら ハンブルグ出場一覧 (11時06分)

同国対決制し8強 ベルダスコ撃破 (9時11分)

イズナー 25本エースで初戦突破 (7時36分)

7月17日

ゲルゲス 手首負傷で途中棄権 (21時29分)

3時間の死闘の末に逆転勝ち (20時19分)

大坂なおみ「自分が幸運」 (18時58分)

守屋、綿貫がCH初戦突破 (17時09分)

ダニエル太郎 初の2回戦ならず (15時44分)

「とても興奮」シード撃破で16強 (13時13分)

大坂 最終戦ランク6位に後退 (11時12分)

イズナー「長い間動けなかった」 (9時25分)

23歳ジャリー 初戦突破で16強 (7時53分)

7月16日

逆転で約3時間の死闘制す (21時28分)

15歳ガウフ 自己最高141位 (20時48分)

MPしのぎ逆転で激闘制す (20時01分)

20歳対決制し初戦突破 (18時49分)

内田海智 快勝でCH初戦突破 (17時30分)

チェッキナート 初戦で完敗 (16時30分)

ジョコ 獲得総数フェデラーに並ぶ (15時13分)

19本エース決めるも敗退 (13時26分)

錦織6位浮上、15日付最終戦ランク (11時02分)

錦織7位 15日付の日本勢ランク (9時09分)

メドヴェデフ 自己最高10位へ (8時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!