- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織 苦戦強いられるも勝利

男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー、賞金総額4,185,405ユーロ/優勝賞金799,450ユーロ)は6日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク5位で第4シードの錦織圭(日本)が世界ランク21位のD・ゴファン(ベルギー)に6-2, 4-6, 6-4のフルセットで勝利し、3回戦進出を決めた。

両者は先日行われたマイアミ・オープン男子4回戦で対戦しており、その時は錦織が快勝している。

この試合第1セット、錦織は第1ゲームからストロークが光り、バックハンドのリターンエースや、ダウンザラインなど多彩なプレーでポイントを獲得し、ゴファンにブレークの隙を1度も与えなかった。錦織は第1ゲーム、第3ゲームでブレークに成功。テンポの速いラリーで自分のペースにし、わずか26分で第1セットを先取した。

第2セット、ゴファンが勢いを取り戻し、第1ゲームから両者サービスキープが続く。第4ゲームで錦織はこの試合初めてゴファンにブレークチャンスを与えてしまうもそれを凌ぐ。

第7ゲームではゴファンの勢いに少しおされ、錦織は最後2本連続でリターンミスをし、ブレークチャンスをものに出来ずにゴファンがサービスキープするも、第10ゲームでゴファンにブレークされ、第2セットを落とす。

勝敗を決めるファイナルセット、第1ゲームから錦織がブレークに成功するも、続く第2セットでゴファンにラブゲームでブレークバックされ、その後はサービスキープが続く。第4ゲームで錦織は0−30まで追い込まれる場面もあったが、ファーストサービスでゴファンのリターンミスを誘ってサービスキープ。

だが、第9ゲームで錦織は1度のブレークチャンスをしっかりとものにして、硬直状態であったゲームの流れを変え、最後はゴファンのストロークがネットを越さず、錦織が1時間53分で勝利し、初戦を突破した。

錦織は昨年同大会決勝でナダルと対戦し、第1セットを先取するも第3セットで途中棄権を申し入れ、準優勝となっている。

《錦織vsナダル マドリッド・オープン決勝》

また、錦織は先日行われたバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルで大会2連覇を成し遂げると共に、クルム伊達公子(日本)のキャリア通算8勝の記録を抜くキャリア通算9勝目を記録した。

《錦織V2 クレーシーズンに期待》

錦織は3回戦で、同日に行われた2回戦でS・クエリー(アメリカ)に勝利した第14シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)と対戦する。


■関連ニュース■

・錦織V2 クレーシーズンに期待
・錦織、無念の途中棄権で準優勝
・錦織 「違う意味で重みがある」


■最新ニュース■

・ベルダスコ 接戦制し逆転勝利
・ナダル 大会3連覇なるか
・フェデラー 激闘の末に敗れる


■最新動画■

・次世代のテニス界を担うラオニチを特集
・錦織が自身初で大会初の3連覇達成
(2015年5月7日8時34分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!