- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ「本当に不思議な気分」

女子テニスのマイアミ・オープン女子(アメリカ/マイアミ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)は4日、シングルス決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第12シードのC・スアレス・ナバロ(スペイン)を6-2, 6-0で下し、大会8度目の優勝を飾った。

試合後に行われた表彰式では、女子テニス界のレジェンドであるM・ナブラチロワ(アメリカ)も姿を現し、セリーナはナブラチロワと会話を交わしながらカメラに笑顔を見せていた。

セリーナはこれまでも色んな大会で優勝を飾ってきたが、今回の8度目の優勝が同一大会での自身最多優勝となった。8回以上の優勝を同一大会で飾ったのは、女子テニス史上4人目の快挙となった。史上最多優勝は、ナブラチロワがシカゴ大会で記録した12度の優勝だった。

「年齢を重ねるほど、プレーが良くなっていると信じているの。」と33歳のセリーナ。そしてナブラチロワの最多優勝の12度を越えられるかと聞かれると顔をゆがめながら「それは越えられないわ。一体、いくつになるの?12度なんて越えられないから、パーティーでもしましょう。」と冗談交じりに答えていた。

表彰式でトロフィーのプレゼンターを務めたナブラチロワは、1月に行われた全豪オープンの表彰式でもグランドスラムでの19度目の優勝を飾ったセリーナへトロフィーを授与していた。今回の優勝によりセリーナは決勝戦での成績を12試合連続勝利としていた。

セリーナはこれで、今季の成績を18勝0敗とした。セリーナは今大会直前に行われたBNPパリバ・オープン女子大会で準決勝進出を果たすも、膝の怪我を理由に試合開始前に棄権を申し込んでいた。そして迎えた今大会では、思うようなプレーが出来ず、イライラから何度もラケットをコートに叩き付け、観客から野次られる場面もあった。

しかし、好天に恵まれた決勝戦ではセリーナがスタジアムに入場すると盛大な声援が沸き起こり、最初のポイントからウィナーを取るセリーナのプレーに満員の観客も歓喜に包まれた。

「8度目の優勝を自分のテニス人生に加えられてとても気分が良いわ。特に大会の序盤では、優勝なんか出来ないと思っていた。本当に不思議な気分。」とセリーナは本音を明かしていた。

スアレス・ナバロは出だしから苦戦を強いられるも、自身の最初の2度のサービスゲームをキープした。しかしそこからセリーナが一気にギアを上げ猛攻を見せて第1セットを先取した。

最終的に10ゲームを連取したセリーナは、第2セットでは30ポイント中25ポイントを獲得し、緩急を付けるプレーでスアレス・ナバロの3本に対して29本ものウィナーを記録する圧倒ぶりだった。

パワープレーで知られるセリーナだが、この日の試合ではパワーだけに頼らず、最初のポイントからバックハンドのスライスを使いネットへつめボレーを決めるなど、技術の高さも披露していた。

今大会、ここまでサービスがしっくり来なかったセリーナは、この日は速さにこだわらず自身のサービスに集中していた。

「今日はとっさにそうしていたの。ファーストサービスではスピードを落として確率を高めたの。この大会では、思うようにサービスが打てていなかったから。色々考えずにやるのは健康に良いわね。」とセリーナは、ジョークを飛ばす余裕も見せていた。

これで今大会の成績を73勝7敗としたセリーナ。彼女は大会会場から1時間半ほどのところにあるパームビーチ・ガーデンに住んでいるため、この大会を地元の大会だとも感じていた。これまで出場した15回中、8回の優勝の度に自宅へトロフィーを持ち帰っていた。セリーナが最初に優勝したのは2002年だった。

26歳のスアレス・ナバロはこれが自身のテニス人生で最大の決勝戦だった。そして来週発表の世界ランクでは初のトップ10入りを決めた。そんなスアレス・ナバロだが、セリーナとの対戦はこれで0勝5敗とするばかりか、その5度の対戦でもトータル12ゲームしか奪えていない。

「セリーナと戦う時は、彼女が最高の選手だと分かっているの。彼女のプレーから本来の力が出せなくなってしまうの。」とスアレス・ナバロは、セリーナへの苦手意識も覗かせていた。


■関連ニュース■ 
・セリーナ 史上8人目の快挙
・セリーナ 大会3連覇に王手
・第12シード完勝 初の決勝へ


■最新ニュース■ 
・添田 元1位ヒューイットと対戦
・ブライアン兄弟 リベンジV
・ヒンギス組 2大会連続決勝へ


■最新動画■ 
・昨シーズンに躍進したヒラルド特集
・ツアー初優勝の34歳が最年長記録達成
(2015年4月5日12時05分)

その他のニュース

1月24日

西岡良仁 ジョコ戦へ最終調整 (10時50分)

1月23日

ナダル、ボール直撃でお詫び (22時26分)

ナダル 全豪14度目の3回戦へ (21時54分)

森林火災の豪へチャリティー企画 (21時50分)

杉田撃破「準備できてた」 (19時43分)

杉田 敗退も「自信になってる」 (18時37分)

【1ポイント速報】ナダルvsデルボニス (18時30分)

【告知】西岡vsジョコビッチ (17時14分)

【告知】大坂vsガウフ (16時59分)

杉田祐一 全豪OP2回戦敗退 (16時53分)

【1ポイント速報】杉田祐一vsルブレフ (14時50分)

鼻血出るアクシデントも勝利 (14時39分)

フェデラー Forbesの表紙に (14時10分)

全豪で引退ウォズニアッキ勝利 (12時33分)

苦戦も全豪2年連続3回戦へ (11時23分)

全豪OP 悪天候で開始時間遅延 (9時57分)

1月22日

フェデラー 全豪21年連続3回戦へ (20時32分)

土居美咲 全豪複で初戦突破 (19時46分)

日比野 全豪OP2回戦敗退 (19時23分)

伊藤竜馬 ジョコに敗れる (18時44分)

【1ポイント速報】フェデラーvsクライノビッチ (18時30分)

大坂戦へ ガウフ「自信ある」 (18時19分)

ジョコビッチ 西岡良仁を警戒 (17時32分)

大坂「とてもイライラした」 (16時10分)

西岡「ジョコ弱点少ない」 (15時41分)

西岡 3回戦はジョコビッチ (14時23分)

【1ポイント速報】伊藤竜馬vsジョコビッチ (13時54分)

大坂 全豪3回戦は15歳ガウフ (13時43分)

西岡 四大大会初の3回戦進出 (13時33分)

【1ポイント速報】全豪OP2回戦 (11時20分)

大坂 全豪4度目の3回戦進出 (10時34分)

【1ポイント速報】大坂vsサイサイ (10時26分)

大坂 2回戦へ向け最終調整 (7時11分)

1月21日

杉田祐一「ギア上げたい」 (22時01分)

土居美咲 死闘の末に全豪敗退 (21時02分)

シャラポワ「来年分からない」 (20時10分)

内山「まだ100%ではない」 (18時20分)

杉田祐一 全豪2年ぶり初戦突破 (17時53分)

【1ポイント速報】全豪OP1回戦 (17時00分)

伊藤竜馬「ジョコ壁みたい」 (16時42分)

日比野菜緒「満足してない」 (15時57分)

ナダル圧勝 11年ぶりVへ好発進 (15時12分)

けがから復帰の内山は敗退 (14時47分)

チリッチ 快勝で初戦突破 (12時35分)

【1ポイント速報】ナダルvsデリエン (11時24分)

日比野菜緒 全豪OP初の2回戦へ (11時10分)

伊藤竜馬 7年ぶり初戦突破 (10時43分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!