- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ 史上8人目の快挙

女子テニスのマイアミ・オープン女子(アメリカ/マイアミ、ハード、賞金総額5,381,235ドル、優勝賞金900,400ドル)は1日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)が第27シードのS・リシキ(ドイツ)を7-6 (7-4), 1-6, 6-3のフルセットの末に下し、ベスト4進出を決めたと同時にキャリア通算700勝を達成した。

両者は今回が4度目の対戦となり、セリーナはリシキとの対戦成績を3勝1敗とした。

この試合、第1セットの第7ゲームでセリーナのストロークがアウトしてリシキにブレークを許し、ラケットを地面に叩きつける場面もあった。その後サービングフォーザセットとなった第12ゲームでセリーナがブレークに成功し、最後はリシキがダブルフォルトを犯してセリーナがタイブレークの末に第1セットを先取した。

しかし、その後セリーナはミスを連発して第2セットを落とすが、しっかり立て直して最後はリシキのリターンがアウトしてセリーナが2時間1分で勝利をおさめた。

準決勝でセリーナは、第3シードのS・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。

セリーナは過去同大会で、2002・2003・2004・2007・2008・2013・2014年と大会史上最多となる7度の優勝を誇っている。今年は大会2度目の3連覇を狙う。

今回セリーナは、リシキに勝利したことにより、史上8人目の快挙となるキャリア通算700勝を達成した。また、歴代1位はM・ナブラチロワ(アメリカ)の1442勝となっている。


■関連ニュース■ 

・セリーナ「復帰に値する」
・女王セリーナ 新星15歳を一蹴
・セリーナ「ただ無心で頑張る」


■最新ニュース■ 

・マレー 21歳に逆転勝利で4強
・好調の第12シードが初4強
・マイアミ・オープン ドロー表


■最新動画■ 

・昨シーズンに躍進したヒラルド特集
・ツアー初優勝の34歳が最年長記録達成
(2015年4月2日12時13分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!