- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

フェデラー「自分とそっくり」

男子テニスで世界ランク2位のR・フェデラー(スイス)は、アメリカはニューヨークにあるマジソン・スクエアー・ガーデンで火曜日に若きライバルであるG・ディミトロフ(ブルガリア)とエキシビションを行うが、試合へ向けて現地月曜日に記者会見に臨んだ。

火曜日に行われるディミトロフとのエキシビションは、明らかにベテランと若手の対戦を表すものになるであろう。ディミトロフとフェデラーは約10歳差で、ジュニア時代にはそのプレースタイルがあまりにも似ているために「ベビー・フェデラー」のニックネームが付けられていた。

フェデラーは月曜日の記者会見の席で、彼が初めてディミトロフと練習した時の事を思い出していた。その時ディミトロフはまだ16歳だったが、フェデラーは「彼(ディミトロフ)のプレーの仕方などが自分とそっくりだった事に信じられない思いだった。」と振り返っていた。

これまでディミトロフはフェデラーと3度対戦しているが、1度も勝利をあげられていない。しかし「彼(フェデラー)と対戦するのはいつも喜びなんだ。全部負けてはいるけどね。」と、冗談混じりでフェデラーとの対戦の気持ちを語っていた。

現在世界ランク11位のディミトロフは、去年のウィンブルドンで自身初となるグランドスラムでの準決勝進出を果たしていた。その準決勝ではジョコビッチにセットカウント1ー3で敗れていた。しかしまだブレークしたとは言えない。その後現在までに出場した2度のグランドスラムでは、いずれも4回戦敗退と上位進出を逃している。

火曜日に行われるフェデラーとディミトロフのエキシビションの前には、M・セレス(アメリカ)G・サバティーニ(アルゼンチン)がエキシビションを行う。それは1990年、当時マジソン・スクエアー・ガーデンで行われていた女子ツアー最終戦で、二人が決勝戦でフルセットの接戦を戦ってから25年を祝うもの。

当時、最終戦の決勝戦は5セットマッチで行われており、その試合は6-4, 5-7, 3-6, 6-4, 6-2で、セレスがサバティーニを下していた。


■関連ニュース■ 
・フェデラー「いつかは破られる」
・ディミトロフ、お手本は「サンプラスやフェデラー」
・フェデラー「自分でも驚いてる」


■最新ニュース■ 
・クルム伊達 涙の途中棄権
・錦織下げるも添田が上げる
・錦織 圭 マレーと入れ替わる


■最新動画■ 
・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月10日16時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!