- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】添田が敗れ 日本敗退

3月6日から8日にかけて行われる男子テニスの国別対抗戦デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本対カナダ戦は8日、大会3日目のシングルス第2試合が行われ、添田豪(日本)は世界ランク62位のV・ポスピシル(カナダ)に5-7, 3-6, 4-6のストレートで敗れ、日本は2勝3敗でカナダに敗れた。

ポスピシルのサービスで始まったこの試合、第1セットは両者ブレークチャンスの無いまま終盤に突入する。第12ゲームでポスピシルにフォアハンドのウィナーを決められた添田は30-40とし、1度のチャンスでブレークを許し第1セットを落とす。

第2セットも中盤まで両者サービスキープが続くが、第8ゲーム30-40の場面でフォアハンドをネットにかけ先にブレークを許し、第9ゲームでポスピシルがサービスキープし添田は2セット落とす。

後がなくなった添田は第3セット第3ゲーム、痛恨のダブルフォルトでブレークを許す。その後添田にブレークチャンスは訪れること無く、1時間49分で敗れた。

ポスピシルに15度のサービスエースを決められ、添田はリターンゲームで試合を通じて13ポイントしか取ることができなかった。

添田は第2セットを終えブレークチャンスを掴むことができず、リターンゲームでわずか8ポイントしか取ることができていなかった。

両者は2度目の対戦となり、添田はポスピシルに1勝1敗とした。

日本とカナダは5試合を終え2勝3敗、2年連続カナダを下しベスト8進出とはならなかった。

日本はワールドグループ残留をかけプレーオフに回り、勝利したカナダは準々決勝で昨年の優勝国スイスを下したベルギーと対戦する。

日本対カナダの結果と組み合わせは以下の通り。

【大会1日目】
・シングルス第1試合:
伊藤竜馬(日本) vs
M・ラオニチ(カナダ) 2-6, 1-6, 2-6

・シングルス第2試合:
錦織圭(日本) vs
●V・ポスピシル 6-4, 7-6 (7-5), 6-3

【大会2日目】
・ダブルス第1試合:
●添田豪/ 内山靖崇(日本) vs
D・ネスター(カナダ)/ V・ポスピシル 5-7, 6-2, 3-6, 6-3, 3-6

【大会3日目】
・シングルス第1試合:
○錦織圭 vs
●M・ラオニチ 3-6, 6-3, 6-4, 2-6, 6-4

・シングルス第2試合:
●添田豪 vs
○V・ポスピシル 5-7, 3-6, 4-6


■関連ニュース■ 
・エース錦織 ラオニチ下す
・日本 カナダに2勝目許す
・錦織勝利 日本1勝1敗


■最新ニュース■ 
・全豪Vペア起用で8強王手
・ヒューイット組 若手組に敗れる
・ブライアン兄弟 過去の敗戦払拭


■最新動画■ 
・ジョコビッチが世界王者の意地を見せる
・全豪で4強入りしたドディグ/メロ組特集
(2015年3月9日10時35分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!