- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

V3錦織「とても良い気分です」

男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、賞金総額659,070ドル、優勝賞金106,565ドル)は15日、シングルス決勝が行われ、自身初の大会3連覇を狙う第1シードの錦織圭(日本)が第2シードのK・アンダーソン(南アフリカ)を6-4, 6-4のストレートで下し、自身初・大会史上初の3連覇を成し遂げた。

この試合、錦織はアンダーソンに12度のエースを決められ、ファーストサービスのリターンに苦しむもセカンドサービスからチャンスを作り、4度のブレークチャンスから3度のブレークと数少ないチャンスをものにし、勝利に繋げた。

アンダーソンのサービスで始まったこの試合、錦織は第1ゲームで早くもブレークに成功する。

第3ゲームを終え、錦織はトレーナーを呼び左手親指にテーピングを施す。このテーピングでプレーに支障をきたすことは無く試合が続けられた。

しかし錦織がサービスの第4ゲーム、40-0と順調にキープするかと思われたが追いつかれデュースとなる。その後はアンダーソンのウィナーと錦織のエラーでブレークバックを許す。

終盤第9ゲーム、アンダーソンのストロークがアウトし0-30とポイントリードする錦織は、アンダーソンにサービスで圧倒されるもこの試合2度目のブレークに成功する。

第10ゲーム、アンダーソンにリターンエースを決められ、ストロークがアウトした錦織は0-30とアンダーソンにリードを許すが、ここからサービスエースを決めてセットポイントを迎えるも、フォアハンドのストロークがアウトしてデュース。最後はアンダーソンのリターンがネットにかかり、2度目のセットポイントで第1セットを先取した。

今大会、錦織が第1セットを先取したのはこの決勝が初となる。

第1セットを終え、錦織はトイレット・ブレークをとり、ゲームシャツを着替えて第2セットに臨んだ。

アンダーソンのサービスで始まった第2セット、第5ゲームで錦織は30-40とブレークチャンスを掴むと、アンダーソンがワイドに放ったファーストサービスをリターンし、アンダーソンの攻めを守り抜き最後はバックハンドのダウンザラインを決め、1度のチャンスでブレークに成功する。

その後は1ブレークを守り抜き、第10ゲームでは40-0からデュースに追いつかれるも最後はアンダーソンのストロークがアウトとなり、1時間15分で勝利した。

錦織は決勝が今大会初のストレート勝ちの試合となった。

両者は2度目の対戦となり、2010年8月に行われたシティ・オープン予選2回戦で対戦した時に続き錦織が2連勝とした。

試合を終え、錦織はオンコートインタビューで、「とても良い気分です。素晴らしい1週間でした。ケビン(アンダーソン)も祝福したいです。今日は良いプレーが出来、ベストマッチが出来たと思います。勝ててとても嬉しいです。」

3連覇の快挙について、「とても良い気分です。もうすぐここ(メンフィス)に引っ越そうと思います(笑)。」と錦織が笑顔で語ると、インタビュアーはすかさず観客に向けて、「みなさん聞きましたか?錦織圭がロックンロール生誕の街に引っ越してくるそうです!」と発し、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

昨年の全米準優勝、ツアー4勝の活躍については、「昨シーズンの終盤、特に全米オープン以降はベストなテニスができました。今年も昨年のように頑張りたいと思います。」と話した。

優勝した錦織には本物のギターのトロフィーが手渡された。

大会が行われているテネシー州メンフィスは音楽が盛んな場所で、ミュージシャンのエルビス・プレスリーが亡くなるまで暮らし、今ではロックンロールの聖地として観光名所となっている。

ギターのトロフィーはギブソン製。ギブソン社はテネシー州にある楽器メーカーで、昨年の同大会のトロフィーはギターの形をしたトロフィーだったが、今年は本物のギターが贈られた。


日清ひよこちゃんバッグをプレゼント!



■関連ニュース■ 
・錦織 初の3連覇達成
・錦織 逆転勝利、初のV3なるか
・錦織 156位に苦戦するも4強
・逆転勝利の錦織 3年連続8強


■最新ニュース■ 
・青山 修子 今季2度目の決勝
・好調ベルディヒ 2連覇なるか
・島津製作所 全勝で2連覇達成


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月16日8時58分)

その他のニュース

11月21日

西岡良仁「多くの経験できた」 (11時16分)

豪が決勝Tへ 4強かけカナダ戦 (10時46分)

マレー 死闘制しオランダ撃破 (10時29分)

ドイツがアルゼンチン撃破 (9時26分)

ジョコ完勝 西岡良仁を称賛 (7時35分)

日本 セルビアに0勝3敗 (0時37分)

11月20日

日本 デ杯敗退が決定 (22時09分)

【1ポイント速報】日本vsセルビア (20時34分)

杉田は完敗、デ杯セルビア戦 (20時28分)

日本がセルビア戦へ最終調整 (18時23分)

キリオス自信「僕らは勝てる」 (16時16分)

アルゼンチンが圧勝スタート (14時57分)

カザフスタンがオランダ撃破 (13時31分)

錦織 術後初のラケット動画 (11時38分)

ナダルらスペイン白星発進 (10時55分)

日本は仏に惜敗 セルビア戦へ (3時24分)

日本 強豪の仏に健闘も黒星 (1時22分)

11月19日

西岡 世界10位モンフィス破る (21時55分)

【1ポイント速報】日本vsフランス (18時45分)

ジョコ デ杯「成功できる」 (16時21分)

ゴファンら活躍 ベルギー初戦白星 (14時39分)

激闘制し 伊を撃破「うれしい」 (12時16分)

準Vティーム 自己最高位タイへ (11時08分)

ナダル、マレーら 会場で練習 (8時51分)

デ杯開幕 ロシアが前年V破る (8時47分)

11月18日

日本代表がデ杯会場で練習 (20時41分)

錦織13位 日本勢世界ランク (18時18分)

死闘の末にティームV逃す (13時53分)

錦織13位 18日付世界ランク (13時11分)

失セット0で最終戦の複V (10時55分)

チチパス 最終戦初Vで有終の美 (7時15分)

チチパス最終戦初V 死闘制す (6時04分)

デ杯 各国代表選手たちが練習 (5時00分)

【1ポイント速報】ティームvsチチパス (3時05分)

デ杯 日本勢は「自信ある」 (0時03分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!