- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織 逆転勝利、初のV3なるか

男子テニスツアーのメンフィス・オープン(アメリカ/メンフィス、ハード、賞金総額659,070ドル、優勝賞金106,565ドル)は14日、男子シングルス準決勝が行われ、自身初の大会3連覇を狙う第1シードの錦織圭(日本)が2010年度優勝者S・クエリー(アメリカ)を5-7, 7-6 (7-5), 7-6 (7-5)のフルセットで下し、自身初・大会初となる3連覇に王手をかけた。

この試合、錦織はクエリーの9度のダブルフォルトに助けられる場面もあったが、27度のサービスエースを決められ、終始攻撃的なストロークの前に苦戦を強いられる展開となった。

クエリーのサービスで始まった第1セット、第2ゲームをラブゲームでキープした錦織は第3ゲームでクエリーのダブルフォルトで錦織が先にブレークチャンスを掴むが、クエリーがサービスでしのぐ。

第6ゲームでは錦織のスマッシュミスからクエリーにブレークチャンスを与えてしまうが、ストローク戦を制し錦織がキープに成功する。

終盤第12ゲーム、リターンエースを決められデュースに持ち込まれると、3度目のセットポイントを与えた錦織はバックハンドのダウンザラインをアウトし、第1セットを53分で落とす。

第1セットを終え、錦織はトイレット・ブレークをとり、ゲームシャツを着替え第2セットに臨む。

第2セットでは第1ゲームで早くも錦織にブレークチャンスが訪れるが、活かすことができずクエリーがキープする。

その後は両者サービスキープが続き、クエリーがサービスの第7ゲームから第11ゲームまで共にラブゲームキープが続き、タイブレークに突入する。

錦織にとって今大会初のタイブレークでは両者サービスポイントキープが続き、終盤12ポイント目で錦織がミニブレークに成功し、第2セットを52分で取り追いつく。

第2セット第7ゲームを終えた際、錦織は左足に違和感を覚えトレーナーを呼び診てもらうが特に治療などせずに試合を続けたが、第9ゲームを終え再びトレーナーを呼んだ錦織は、左足小指のマメの痛みかテーピングを施し試合を続けた。

3試合連続でフルセットとなった錦織はファイナルセット、第3ゲームで40-0から追いつかれ先にブレークを許す。

しかし第6ゲームでクエリーのチャンスボールをよみポイントを重ね15-40とし、1度のチャンスでストローク戦を制しブレークバックに成功する。

その後は両者サービスキープが続き、第12ゲームでストローク戦を制した錦織が15-40とマッチポイントを掴むが、クエリーのサービスエース、アプローチショットでデュースとなり最後はクエリーに逆クロスに強烈なショットを決められ、この試合2度目のタイブレークへ突入する。

タイブレークに入り、1ポイント目で錦織はミニブレークを許すが2ポイント目で追いつく。クエリーのダブルフォルトで2-1とリードすると、錦織のボレーにクエリーが食らいつき返し再びミニブレークされる。

5ポイント目まで共にミニブレークが続き、クエリーが6ポイント目でようやくキープする。しかし錦織が7ポイント目でミニブレークに成功し追いつくと、10ポイント目でクエリー痛恨のダブルフォルトで錦織にマッチポイントが訪れる。

12ポイント目、4度目のマッチポイントでクエリーのリターンがアウトとなり錦織が2時間41分の激闘を制した。

両者は6度目の対戦となり、錦織はクエリーに3勝3敗とし、これまで苦手としていたクエリーに勝利数で並んだ。

勝利した錦織は自身初、大会初となる3連覇を目指し、D・ヤング(アメリカ)を4-6, 6-3, 6-4で下した第2シードのK・アンダーソン(南アフリカ)と対戦する。


日清ひよこちゃんバッグをプレゼント!



■関連ニュース■ 
・錦織 156位に苦戦するも4強
・逆転勝利の錦織 3年連続8強
・錦織「準備が出来ていなかった」


■最新ニュース■ 
・青山 修子 今季2度目の決勝
・マレー ベスト4を前に敗れる
・2連覇のイカイと三菱が決勝


■最新動画■ 
・錦織 圭vsジョコビッチ【ツアー最終戦】
・ジョコビッチvsワウリンカ【ツアー最終戦】
(2015年2月15日14時56分)

その他のニュース

10月29日

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

10月27日

錦織、右肩負傷で再び棄権 (23時40分)

ジョコとティームが練習 (23時21分)

ディミ/ワウリンカ組 初戦敗退 (21時01分)

杉田祐一 熱戦制し初戦突破 (20時07分)

全日本選手権が無観客で開幕 (18時02分)

元世界12位が第1子を妊娠 (16時38分)

杉田祐一 激闘制し本戦入り (16時33分)

ナダル ゴルフ大会は6位で終了 (14時52分)

ティアフォー 新大会初戦突破 (14時05分)

シャポバロフ撃破で初戦突破 (12時27分)

ダニエル太郎 独大会で初戦突破 (11時38分)

「厳しい戦い」とメドヴェデフ (10時23分)

完勝で2回戦へ「良いスタート」 (9時01分)

10月26日

【中止】錦織vsティーム (22時54分)

YouTube 田島のラケバ公開 (16時46分)

ティーム全米Vで「楽になった」 (16時28分)

大坂3位 26日付の世界ランク (15時51分)

トップ10から6名出場に「タフ」 (14時15分)

錦織37位へ後退 26日付世界ランク (12時18分)

22歳サバレンカ単複2冠「興奮」 (11時11分)

マクラクラン組V「楽しかった」 (10時23分)

今季2勝目で「超ハッピー」 (9時07分)

ズベレフ 地元で2週連続V達成 (8時25分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!