- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

杉田祐一 西岡下し雪辱果たす

男子テニスの下部大会であるダンロップ・スリクソン・ワールド・チャレンジ(愛知県/豊田市、ハード、賞金総額4万ドル/優勝賞金約5千8百ドル)は21日、シングルス準々決勝4試合、ダブルス準決勝1試合の合計5試合が行われ、第4シードの杉田祐一(日本)が第8シードの西岡良仁(日本)を6-4, 6-1のストレートで下し、準決勝進出を決めた。

この試合、杉田祐一はファーストサービスが入った時82パーセントと高い確率でポイントを獲得し、西岡良仁から4度のブレークに成功し1時間5分で勝利し、昨年の全日本選手権、準々決勝の雪辱を果たした。

勝利した杉田祐一は準決勝で第5シードのJ・ダックワース(オーストラリア)を下した第2シードの添田豪(日本)と対戦する。


添田豪

第1シードの伊藤竜馬(日本)は主催者推薦で出場の小ノ澤新(日本)を下し、順当に準決勝に進んだ。


伊藤竜馬

ダブルスでは主催者推薦で出場した近藤大生(日本)/ 鈴木貴男(日本)組が準決勝まで勝ち進むも、松井俊英(日本)/ 内山靖崇(日本)組に敗れ決勝進出を逃した。

この日行われた結果は以下のとおり:

【シングルス準々決勝】

○伊藤竜馬(1) vs
●小ノ澤新(WC) 7-5, 6-7 (3-7), 6-4

○T・チェン(台湾) vs
●内山靖崇 4-6, 6-3, 6-3

○杉田祐一(4) vs
●西岡良仁(8) 6-4, 6-1

○添田豪(2) vs
●J・ダックワース(5) 6-4, 7-6 (7-4)

【ダブルス準決勝】

○松井俊英/ 内山靖崇組 vs
●近藤大生/ 鈴木貴男組(WC) 7-6 (8-6), 7-6 (7-4)


■関連記事■ 
・土居 美咲ら日本人5選手が8強
・西岡 第4シード杉田と対戦
・添田豪 大会6年ぶり優勝狙う
・19歳西岡良仁 日本人対決へ
・錦織 結婚は「いつかはしたい」


■関連動画■ 
・錦織 圭vsヒラルド
・錦織 圭vsガルビス
(2014年11月21日22時32分)
  • コメント -

    ウインザーラケットショップ

    >>動画をもっと見る<<




    テニスの総合ポータルサイトテニス365
    テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!