- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ケルバー「最高の試合の1つ」

女子テニスの国別対抗戦フェドカップは8日と9日に決勝戦が行われ、A・ケルバー(ドイツ)率いるドイツはチェコ共和国に1勝3敗で敗れ、1992年以来の優勝とはならなかった。

9日にチェコ共和国のエースで、今年のウィンブルドン覇者のP・クヴィトバ(チェコ共和国)と対戦したケルバーは第1セットを逆転で落とし、続く第2セットもいきなりゲームカウント0ー3とリードを許してしまった。しかしそれでも諦めなかったケルバーはそこから反撃に出てそこセットを奪い返すと、勝敗の行方は第3セットへと委ねられた。

「私は祖国ドイツのために戦っているの。そして私のチームのために戦っている。今日は持てる力を全て出し切った。でも最後には彼女(クヴィトバ)の方が勝っていた。」とケルバーはクヴィトバのプレーを称賛していた。

「今日の勝敗は、ほんの2・3ポイントの差で決まったと思う。彼女のプレーは勝利に値するものだったけど、今日の試合ではお互いとても高いレベルのプレーが出来たと感じている。今シーズンの中でも最高の試合の1つといえるものだった。」とケルバーは敗戦ながら最高のテニスが出来たと感じていた。

ドイツは1992年に優勝して以来、トロフィーを掲げられていない。

この決勝戦では、初日に行われたシングルスでクヴィトバがA・ペトコビッチ(ドイツ)を6-2, 6-4で下し、L・サファロバ(チェコ共和国)がケルバーを6-4, 6-4で退け2勝0敗とリードした。

続くダブルスでは、J・ゴルゲス(ドイツ)/ S・リシキ(ドイツ)のドイツ・ペアがA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/ L・フラデカ(チェコ共和国)組を6-4, 6-3で下し、ドイツに1勝をもたらしていた。

準優勝ながら、今年は1992年以来となる決勝戦へ勝ち上がったドイツ。準々決勝ではスロバキア共和国を、準決勝ではオーストラリアを倒していた。1992年の優勝では、現監督のB・リットナーさんも一員として出場し、スペインを下して優勝していた。


■関連記事■ 

・チェコ 4年で3度の優勝飾る
・第1シード江口 念願の初優勝
・準Vの澤柳 「自信になりました」
・飛躍のハレプ コーチを解任
・チェコ エースの2勝に期待


■関連動画■ 

・ジョコビッチが他を寄せ付けない圧巻のプレーで完全優勝!
・最終戦で優勝経験を持つスペインペアの意外な練習法!
(2014年11月10日15時11分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!