- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

セリーナ「ある意味いじめ」

女子テニスツアーのBNPパリバ・WTAファイナルズ(シンガポール/ハード、賞金総額650万ドル)に第1シードで出場するS・ウィリアムズ(アメリカ)は、ロシア・テニス協会会長のシャミール・タルピシェフ氏がウィリアムズ姉妹へ向けたコメントが侮辱に値するとし女子プロテニスするであるWTAから処分を下された問題について、軽蔑的な発言だと非難した。

「WTAは素晴らしい処置をとったと思うわ。彼のコメントに対して率先して行動し迅速な対応をしてくれた。あのコメントはとても軽蔑的な発言だし、性差別や人種差別にも値すると思う。ある意味、いじめともとれるものだと思っている。」とセリーナ。

これはタルピシェフ氏が出演したロシアのテレビ番組内でセリーナとV・ウィリアムズ(アメリカ)の姉妹に対し、“ウィリアムズ・ブラザーズ”や“見ると怖い”などとする発言をした事に対し、WTAが2万5000ドル(約270万円)の罰金と、今後1年間女子ツアーへの関与を禁止する処分を下した。

タルピシェフ氏は、そのコメントについて後悔しているかと問われると、「出演したトークショーはいわゆるお笑い番組であり、そんな馬鹿げた質問に答えるつもりはない」と語り、そして下された処分については「コメントなんて出来ないさ。全く理解できないよ。」と語っていた。

その後ロシア・テニス協会から出された声明では、タルピシェフ氏は侮辱するような意図は全くなかった事であり、話の流れで言った事をその部分だけ取り上げられたと反論していた。

WTAはこの事から、タルピシェフ氏が主催者として運営しているクレムリン・カップから、彼を退任させるべきだとの意向も示していた。

今週開催されるBNPパリバ・WTAファイナルズに第2シードで出場するM・シャラポワ(ロシア)もタルピシェフ氏の発言には批判的な見解を見せている。

「あのコメントは選手への尊敬の意図も全く感じられず、余計な発言だったと思う。WTAを含め多くの人がそれに対して立ち向かった事は嬉しく思っている。特に彼のようにオリンピック委員会の一員でもある立場に加え、責任のある職に就いている人間に取ってはとても不適切な発言だった。」と厳しい意見を述べていた。

タルピシェフ氏は男女共同開催として18年間開催されているクレムリン・カップの主催者であり、ロシアのオリンピック委員会のメンバーでもある。1990年代にはボリス・エリツィン元大統領の個人的なテニスコーチであり、テニスに関してのアドバイザーも務めていた。

事の発端はタルピシェフ氏がデメンティエワと共に出演したトークショーでの出来事で、司会者からデメンティエワへウィリアムズ姉妹と対戦するのはどんなものかと問われた際にタルピシェフ氏が割って入り、姉妹の事を“ウィリアムズ・ブラザーズ”と表し“目の前にすると恐怖を感じる”とのコメントをしていた。

33歳にして世界ランク1位にいるセリーナは、今季も全米オープンを含む6大会で優勝を飾る活躍を見せた。しかしその全米での優勝後は、膝の怪我からチャイナ・オープン女子などアジア・シーズンを欠場しており、今年からシンガポールで開催されるBNPパリバ・WTAファイナルズへの出場も危ぶまれていた。


■関連記事■ 

・シャラポワ「全ての試合が挑戦」
・セリーナ「誰が相手でも心配ない」
・ウィリアムズ姉妹侮辱 「あれは冗談」
・ウィリアムズ姉妹を批判で罰金
・チェコ 全英覇者選出で優勝狙う


■関連動画■ 

・錦織らトップ選手が出場を目指す"ツアー最終戦"とは!?
・力強いプレーを可能にする臀部のトレーニングを紹介!
(2014年10月20日13時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

8月24日

王者ナダル 全米OP会場で練習 (11時41分)

19歳フリッツ8強 シード破る (11時05分)

加藤 逆転で全米予選2回戦へ (9時34分)

adidas全米モデル発表 (8時38分)

穂積絵莉 全米予選1回戦敗退 (8時20分)

フェデラー 全米OP会場入り (6時17分)

日比万葉 全米予選1回戦敗退 (4時25分)

8月23日

全米予選、女子3選手が登場 (22時14分)

新「EZONE」が9月上旬登場 (21時37分)

地元ジョンソン 4大会ぶり勝利 (21時24分)

杉田ら、楽天OP選手発表 (20時56分)

全中、女子個人戦3日目結果 (20時29分)

全中、男子個人戦3日目結果 (20時01分)

イズナー 接戦を逆転で制す (19時22分)

元世界2位がブシャール下す (17時49分)

番狂わせ シード敗退相次ぐ (16時48分)

昨年ファイナリストが3回戦へ (15時30分)

ベスダスコ 逆転許し初戦敗退 (14時42分)

波形純理、全米予選初戦突破 (14時04分)

添田と伊藤 全米予選2回戦へ (12時14分)

杉田祐一 19歳フリッツに完敗 (10時23分)

【1ポイント速報】杉田vsフリッツ (10時21分)

伊藤竜馬 全米OP予選2回戦へ (8時26分)

澤柳璃子、全米予選2回戦へ (6時41分)

8月22日

ヤング 快勝で2年連続初戦突破 (23時02分)

今井慎太郎らが初戦突破 (22時23分)

ブシャール 同年代対決制す (21時48分)

修造氏、休養の錦織へ「課題」 (21時01分)

シード4選手が初戦敗退 (20時32分)

全中、女子個人戦2日目結果 (20時04分)

全中、男子個人戦2日目結果 (19時30分)

クエバス 4大会連続初戦敗退 (18時49分)

王座奪還ナダル「特別な日」 (17時10分)

第3シード クヴィトバ初戦敗退 (16時20分)

全米OP 穂積ら5選手が予選へ (15時02分)

親権問題で全米OP欠場 (12時35分)

最終戦ランキング、上位変動 (11時37分)

全米OP 添田ら4選手が予選へ (11時14分)

杉田祐一 初戦は19歳フリッツ (10時34分)

【1ポイント速報】ジャジーリvsフリッツ (10時20分)

19歳ルブレフが初戦突破 (9時16分)

8月21日

全中、女子個人戦初日結果 (23時13分)

全中、男子個人戦初日結果 (22時29分)

錦織10位 日本勢世界ランク (21時29分)

マレー 約9カ月で王座陥落 (20時26分)

奈良くるみ 本戦入りならず (18時57分)

20歳ズベレフ 自己最高の6位に (17時05分)

マスターズ初Vでトップ10へ (15時58分)

ムグルサ ハレプ下し今季2勝目 (14時57分)

錦織 3年ぶり世界10位へ後退 (12時57分)

ナダル 王座奪還で1位返り咲き (11時52分)

念願 完勝でマスターズ初優勝 (11時26分)

ディミトロフ マスターズ初V (7時14分)

【1ポイント速報】ディミトロフvsキリオス (6時39分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る





テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!