- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達組 第4シードは破れず

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は4日、女子ダブルス準決勝が行われ、クルム伊達公子(日本)/ B・ザフラヴォワ・ストリツォワ組が第4シードのE・マカロバ(ロシア)/ E・ヴェスニナ(ロシア)組に5-7, 3-6で敗れ、グランドスラム初の決勝進出とはならなかった。

第1セット、第1ゲームからブレークに成功したクルム伊達/ ザフラヴォワ・ストリツォワ組は、力強いラリーで自分たちのペースを掴み、第7ゲームでは接戦を制してこの試合2度目のブレークに成功。ゲームカウント2−5とリードする。しかし第8ゲームでは、セットポイントが2度あったが、ものに出来ず4ゲーム連取される。

第12ゲームでは、ザフラヴォワ・ストリツォワがスマッシュを2本返す粘りを見せるが、このセットはゲームカウント5−7でシードの意地を見せたマカロバ/ ヴェスニナ組が先取する。

第2セットの第2ゲームでブレークを許したクルム伊達/ ザフラヴォワ・ストリツォワ組は、その後ゲームカウント0−4とリードを許す。第5ゲームで、クルム伊達/ ザフラヴォワ・ストリツォワ組がこのセット初めてのブレークに成功。第8ゲームでは、マッチポイント2本のピンチをしのいだが、最後はサービスエースを決められて決勝進出とはならなかった。

クルム伊達は、1992年の全豪オープンのダブルスでベスト8進出を果たしており、今回3回戦で第2シードのシェ・シュウェイ(台湾)/ S・ペン(中国)組を破って、22年ぶりの8強入りを決めた。

準々決勝では、第8シードのA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/ ジェン・ジー(中国)組に勝利し、ダブルスでグランドスラム初のベスト4進出を決めた。今回は単複共に初の決勝進出を狙うも、マカロバ/ ヴェスニナ組に敗れることとなった。

今大会クルム伊達/ ザフラヴォワ・ストリツォワ組は、2回戦で第14シードのH・チャン(韓国)(台湾)/ Y・チャン(台湾)組、3回戦で第2シードのシュウェイ/ ペン組、準々決勝でフラヴァコバ/ ジー組と、3度シード勢らを破って勝ち上がってきていたが、第4シードのマカロバ/ ヴェスニナ組の壁を破ることは出来なかった。

また、今大会のその他日本勢は、土居美咲(日本)/ E・スイトリナ(ウクライナ)組が2回戦でG・ダブロウスキ(カナダ)/ A・ロソルスカ(ポーランド)組に敗れた。

《土居/スイトリナ組の記事はこちら》

青山修子(日本)/ 奈良くるみ(日本)組は1回戦で、J・ヤンコビッチ(セルビア)/ K・クーカロバ(チェコ共和国)組に敗れて初戦で姿を消した。

また、クルム伊達は今大会のシングルスにも出場。1回戦で元世界ランク1位のV・ウィリアムズ(アメリカ)に逆転で敗れ、2回戦進出とはならなかった。

《クルム伊達 シングルスの記事はこちら》

勝利したマカロバ/ ヴェスニナ組は、決勝で第3シードのC・ブラック(ジンバブエ)/ S・ミルザ(インド)組とM・ヒンギス(スイス)/ F・ペネッタ(イタリア)組の勝者と対戦する。

決勝進出を決めたマカロバは、今大会のシングルスに第17シードとして出場。4回戦で第7シードのE・ブシャール(カナダ)を破って勝ち上がり、準々決勝では同大会2度の準優勝を果たした第16シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)を下して、単複共にベスト4進出を決めている。

《クルム伊達選手、東レPPOテニス2014にエントリー!詳しくはこちらから》




■関連記事■ 

・セリーナ 快勝で6年連続4強
・ヒンギス 16年ぶり優勝なるか
・ウォズニアキ 完勝で4強
・セリーナ ラオニチの右腕に興味
・奈良くるみ 因縁の相手に敗退


■関連動画■ 

・錦織と激戦を繰り広げたラオニチが語る躍進の理由!
・ツォンガが復調!ツアー屈指のフォアでディミトロフを圧倒!
(2014年9月5日2時57分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!