- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

奈良「体がついてこなかった」

テニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)は27日、女子シングルス2回戦が行われ、第31シードの奈良くるみ(日本)B・ベンチッチ(スイス)に4-6, 6-4, 1-6のフルセットで敗れ、2年連続3回戦進出はならなかった。

試合後に奈良くるみは「ギアを上げたいところで体がついてこなかったので、今日はそこが1番残念なところです。」とコメントした。

そして「今年1年、グランドスラムにまず本戦にずっと出れたことが、自分の中ではそれだけで満足でしたし、1回戦どの試合もタフでしたけど、年に4回ちゃんと1回戦にピークを合わせられたっていうことは、すごく大きな自信になると思います。」と今季最後のグランドスラムである全米オープンを終えて振り返った。

奈良くるみは、今年の全豪オープン3回戦で元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)に、全仏オープン2回戦でもヤンコビッチに、ウィンブルドンでは2回戦で元女王V・ウィリアムズ(アメリカ)に敗れ、今回は2回戦でベンチッチに敗れた。

今年のグランドスラム4大会、すべてストレートインで出場を決めた奈良くるみは、今回初めてグランドスラムという大舞台でシード選手として出場を果たした。

22歳の奈良くるみは、今年2月に行われたリオ・オープン女子でWTAツアー初優勝を飾る活躍を見せた。

さらに先日行われたシティ・オープン女子では、決勝で元世界ランク2位のS・クズネツォワ(ロシア)に敗れるも善戦を演じ、準優勝を果たした。

《奈良くるみ準優勝の記事はこちら》

大会後に発表された世界ランキングでは、33位に浮上して自己最高位を更新した。

また今大会、その他の日本勢ではクルム伊達公子(日本)が1回戦で、ヴィーナスに惜しくも敗れ、土居美咲(日本)が1回戦でV・アザレンカ(ベラルーシ)に熱戦を演じるも敗れた。

(コメントはWOWOWから抜粋)

《奈良くるみ選手、東レPPOテニス2014にエントリー!詳しくはこちらから》




■関連記事■ 

・土居美咲 元女王と熱戦演じる
・クルム伊達 元1位に逆転許す
・奈良くるみ「自分のテニス貫けた」
・クルム伊達組 GS3大会連続2回戦


■関連動画■ 

・トップ選手が明かした”マッチポイントから逆転する秘訣”
・ビッグサーバーのイズナーが見せた意外性のあるプレー!
(2014年8月28日19時01分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!