- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ビッグ4と世代交代なるか

8月25日から開幕する今季最後のグランドスラムを飾る全米オープンでは、M・ラオニチ(カナダ)G・ディミトロフ(ブルガリア)など今季ここまで活躍を続けている若手が世代交代と言える優勝を果たすのではと話題を集めている。

23歳のラオニチとディミトロフは、7月に行われたウィンブルドンではいずれもベスト4入りを果たし、グランドスラムでの決勝の舞台まであと一歩まで迫っていた。その活躍などもあり、現在ラオニチは世界ランク6位、ディミトロフは8位と自己最高位にいる。

しかし、ウィンブルドン覇者のジョコビッチは「世界のトップに挑戦出来るような、そしてグランドスラムで優勝するような若い選手がこれまではあまりいなかった。だが今はそんな若手が現れてきているのは事実。それでもグランドスラムでタイトルを獲得するにはまだ道のりが長いと思う。一夜にして起こる出来事ではないんだ。」と、その難しさを語っていた。

今季最初のグランドスラムである全豪オープンでは、28歳のS・ワウリンカ(スイス)が自身初となるグランドスラム優勝を飾り、ビッグ4と呼ばれるジョコビッチ、R・フェデラー(スイス)R・ナダル(スペイン)A・マレー(英国)のいずれかがそれまでのグランドスラム16大会連続で優勝していたものの、新たなチャンピオンに名乗りを上げていた。

今年の全米オープンにエントリーしている選手で、ビッグ4以外で過去5年間にグランドスラムの決勝の舞台へ立ったのは32歳のD・フェレール(スペイン)と28歳のT・ベルディヒ(チェコ共和国)しかいない。

今回の全米オープン前の北米のハードコート・シーズンで目立った活躍を見せたのは29歳のJW・ツォンガ(フランス)だった。ツォンガは今月始めに行われたトロントでのマスターズ1000大会で、ジョコビッチ、マレー、ディミトロフ、フェデラーを下して優勝を飾り、一躍全米オープンの優勝候補に名を連ねた。

テニスというスポーツが年々肉体的に激しいスポーツになっている事から、しっかりした体が作られる前の10代や20代前半でのビッグ・タイトルの獲得は難しくなって来ていると語るのは全米テニス協会のP・マッケンロー(アメリカ)

「肉体的にピークを迎えるのは、恐らくプロになって数年してからだと今は誰もが認識しているし、そう出来れば現役生活も長くなる。なぜなら今ではトレーニングに於いてかなり技術も発達しているし、より良いシステムも導入されているからだ。」

マレーが初めてグランドスラムで準決勝進出を果たした2008年の全米オープン以来、グランドスラムで96回の準決勝中63回がそのビッグ4で準決勝が争われた。そして2010年の全米オープンから2013年の全豪オープンまでは、ビッグ4以外でグランドスラムの決勝の舞台に立った選手はいなかった。

「しばらくの間、他の選手たちにとってはそれを打ち破る事がかなり難しい時期だったに違いない。」と、現在それを打ち破ろうとしているラオニチが語る。

「自分は我慢が出来ずにいた。すぐに結果を望んでしまっていたし、何かを達成したがっていた。今ではそんな事がすぐには起きないようなテニス界になっている事を忘れてはいない自分がいる。」と、ディミトロフもしっかり現実を把握している事を明かしていた。

2009年の全米オープンで、当時20歳のJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)が決勝戦でフェデラーを下して優勝した時は、新しい世代の現れかと思われた。しかし現実では、現在25歳のデル=ポトロはその後、怪我に苦しみ今年の全米オープンも手首の怪我のために欠場を余儀なくされている。

今の世界ランキングのトップ10では、ラオニチとディミトロフの2人の23歳以外は27歳以下の選手は1人もいない。

その2人以外の20代半ばの選手で将来を期待されているのは、錦織圭(日本)E・ガルビス(ラトビア)、そしてM・チリッチ(クロアチア)などがいるが、彼等はこれまで安定して高い成績を残せていない。

ジョコビッチとマレーは1987年生まれで誕生日も1週間違い。ナダルは彼等とは1歳も違わない同世代という事を考えると、この3人が世界のトップに君臨するのもしばらくは続くのかも知れない。


■関連記事■ 

・フェデラー 全米に向け自信増す
・ラオニチ「かなり進化している」
・ディミトロフ 連覇の夢を断つ
・ジョコビッチ「勝利を捧げたい」


■関連動画■ 

・決して諦めないモナコが見せた気迫溢れるプレー!
・連覇を懸けて戦うロブレドが絶好調クエバスと激突!
(2014年8月25日13時29分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

2月22日

ティーム、リード許し順延 (18時58分)

西岡良仁 世界ランク最高位へ (12時05分)

右ひざ手術「昨年に負傷」 (10時57分)

20歳リバキナ 2週連続決勝へ (10時14分)

メドヴェデフ完敗 4強ならず (9時53分)

西岡良仁 今季初の4強進出 (7時23分)

2月21日

工藤阿須加が語る テニスの展望 (18時31分)

錦織以来の日本人4強狙う (18時15分)

チリッチ下し約1カ月半ぶり勝利 (17時41分)

綿貫陽介 第1シードに快勝 (16時59分)

「水とお湯でテニスをサポートする話」 (15時57分)

マクラクラン勉組が準決勝へ (14時43分)

JTAと花王がスポンサー契約 (13時35分)

ティーム 自己最高3位へ王手 (12時51分)

トップ10選手から初勝利 (12時19分)

元世界1位を逆転で撃破 (11時51分)

2試合連続MPしのぎ勝利 (10時51分)

2月20日

フェデラー 右ひざを手術 (21時53分)

ジョコがファンと路上テニス (17時52分)

ハレプ MP凌ぎ逆転で8強へ (16時58分)

16歳アルカラス 8強ならず (15時48分)

二宮真琴組 惜敗で8強ならず (14時54分)

MP2本凌ぎ逆転で激闘制す (13時44分)

綿貫陽介 CH辛勝で3回戦へ (12時23分)

西岡良仁8強 完勝は「救い」 (11時33分)

快勝で8強入り 連覇へ前進 (10時50分)

西岡 準々決勝は18歳ナカシマ (8時50分)

西岡良仁 圧勝で5年ぶりの8強へ (5時29分)

2月19日

ウィルス影響 中国がデ杯欠場 (18時09分)

前週V 青山/柴原組は初戦敗退 (16時47分)

18歳シナー、メドヴェデフ戦へ (15時11分)

勝利で涙のソック「過酷だった」 (13時32分)

全豪女王が初戦敗退「失望」 (12時38分)

341位に苦戦もティーム勝利 (11時37分)

キリオス 手首負傷で棄権 (10時52分)

【中止】キリオスvsポール (9時21分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!