- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

川口夏実が小学生日本一に

小学生日本一を競う、第31回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は30日、男女シングルス準決勝、決勝とコンソレーション準決勝、決勝が行われた。

女子決勝は第1シードの川口夏実(長崎/佐世保市立相浦小学校)と第2シードの伊藤汐里(埼玉/埼玉大学教育学部附属小学校)によって行われ、川口夏実が伊藤汐里を7-5, 6-0で下し優勝を決めた。

序盤は伊藤汐里が優勢な場面もあったが第1セットを競り勝った川口夏実が第2セット以降、完全に流れをつかみ勝利した。

川口夏実は優勝後のスピーチで「この大会の関係者の皆様、3日間ありがとうございました。優勝できたのは家族、コーチ、色んな人の支えがあったからからだと思います。これから全日本やグラスホパーに向けて頑張りたいと思います。」と話した。
優勝の川口夏実


準優勝の伊藤汐里



決勝進出を決めた2選手は8月31日から9月3日まで北京で行われる、日中対抗戦の代表選手として選出された。

この大会は過去に森上亜希子(日本)、、奈良くるみ(日本)尾崎里紗(日本)、男子では錦織圭(日本)西岡良仁(日本)らを輩出した大会で、未来の日本を担う選手となるか今後に期待したい。


■関連記事■ 

・川口夏実が全小日本一なるか
・三井駿介が小学生日本一
・小柴遼太郎 全小日本一に王手
・順当な勝ち上がり 4強出揃う
・圧倒した松下龍馬が優勝、肥田唯花は逆転でタイトル獲得


■関連動画■ 

・フェデラーの成功を支えている影の立役者
・サンプラスが芝で無類の強さを誇った秘訣!
(2014年7月30日22時31分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

12月16日

プリスコバ「誇りに思う」 (7時10分)

12月15日

元1位ヒューイット 全豪複出場 (21時21分)

ディミトロフが5年ぶりに出場 (20時10分)

キリオスら使用の新デザイン (19時13分)

錦織に大逆転勝利が2位に (16時50分)

<訂正>Jr世界チャンピオンに選出 (14時20分)

ジョコ 大逆転5位、MP5本しのぐ (12時15分)

全米女王 大学卒業で学位取得 (10時37分)

1月 WTAツアーと全豪の日程 (8時21分)

12月14日

1月 ATPツアーと全豪の日程 (21時09分)

ジョコ、チェコに挟まれる (20時02分)

清水悠太に独占インタビュー (16時38分)

ジョコら豪華メンバーが集結 (14時21分)

一般男性と2度目のデート (10時37分)

シンシナティ 経済効果70億円 (7時52分)

12月13日

ブシャールらホバートに出場 (22時34分)

マレー トランプ氏への口撃続く (20時35分)

小島瑠璃子がラリーに挑戦 (19時04分)

錦織出場 ブリスベン無料放送 (18時50分)

大波乱 ジョコ2回戦敗退が1位 (17時20分)

フェデラーとナダル 賞総なめ (16時20分)

ワウリンカ撃破の21歳が4位 (14時50分)

キリオス サイン入りラケット (12時00分)

錦織 フロリダに向け出発 (11時30分)

フェデラー 1382戦で棄権ゼロ (10時27分)

元女王、全豪のWC獲得 (8時49分)

クエリーら2選手がNYに出場 (7時49分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!