- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

圧倒した松下龍馬が優勝、肥田唯花は逆転でタイトル獲得<第一生命全国小学生テニス選手権大会>

第31回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は31日、男女シングルス準決勝・決勝が行われた。

男子で決勝まで勝ち上がってきたのは、第1シードの松下龍馬と第2シードの赤西大樹。松下は強烈なフォアとチャンスでは積極的にネットに詰めてポイントを奪うプレーが持ち味で、対する赤西はスピードのあるストロークをうまくコースに打ち分ける。

両者の対戦は「試合では色々なことをやろうと思った」という松下が、「これまで松下君とは何度も戦ってきましたが、勝ったことがありませんでした」というストローク巧者の赤西をスピンで崩すクレバーな展開を見せ、終始主導権を握って6-1, 6-1のストレートで下し、優勝を飾った。

そして、女子では肥田唯花と光崎楓奈が決勝で対戦。左利きでフォアもバックも両手打ちの肥田は、フォア・バックともストレートの精度が抜群で、準々決勝では第1シードの犬塚あおいをストレートで下した勢いに乗っての決勝進出。

一方の光崎は、第2シードの川村茉那との準決勝では、大事な場面でサービスエースを奪うなど積極的なプレーで勝ち上がってきた。

肥田と川崎の決勝戦、第1セットを肥田が6−3で、第2セットを光崎が6−2で取り、迎えた最終セットは光崎が5−3とリードする。しかし、肥田がここから4ゲームを連取し大逆転でタイトルを獲得した。

「ベスト4が目標だったので、優勝出来て本当に嬉しい」と肥田。劣勢でも強気のプレーを貫いたことが栄冠を呼び込んだ。

【男子シングルス決勝】

松下龍馬(埼玉/さいたま市立栄小)(1) 6-1, 6-1 赤西大樹(千葉/千葉県流山市立東小)[2]


【男子シングルス準決勝】

松下龍馬(埼玉/さいたま市立栄小)(1) 6-3, 6-0 池田朋弥(愛知/阿久比町立草木小)

赤西大樹(千葉/千葉県流山市立東小)(2) 6-2, 5-7, 6-2 小柴遼太郎(兵庫/神戸市立西脇小)


【女子シングルス決勝】

肥田唯花(大阪/松原市立中央小) 6-3, 2-6, 7-5 光崎楓奈(愛知/みよし市立三好丘小)


【女子シングルス準決勝】

肥田唯花(大阪/松原市立中央小) 3-6, 6-1, 7-5 内島萌夏(東京/小平市立小平第六小)

光崎楓奈(愛知/みよし市立三好丘小) 6-3, 5-7, 7-5 川村茉那(茨城/牛久市立岡田小)(1)


■関連記事■

《松下龍馬と赤西大樹がベスト4進出<第一生命全国小学生テニス選手権大会>》

《第1シードの犬塚あおいは無念、ベスト4出揃う<第一生命全国小学生テニス選手権大会>》

《第1シードの松下龍馬が接戦制す、ベスト8出揃う<第一生命全国小学生テニス選手権大会>》

《第1シードの犬塚あおいは苦戦<第一生命全国小学生テニス選手権大会>》

《男子は青木、女子は宮本が優勝◇全国小学生テニス選手権》
(2013年7月31日22時03分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!