- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

カルロビッチ 連覇に王手

男子テニスツアーのクラロ・オープン(ボゴタ/コロンビア、ハード)は19日、シングルス準決勝が行われ、昨年優勝者で今大会、第2シードのI・カルロビッチ(クロアチア)が第4シードのR・シュティエパネック(チェコ共和国)を6-4, 3-6, 6-4で下し、2年連続決勝進出を決めた。

この試合、カルロビッチはサービスエースを22度決め、ファーストサービスが入った時75パーセントの確率でポイントを獲得し、シュティエパネックから第1、第3セット1度ずつブレークに成功し1時間42分で勝利した。

両者は6度目の対戦となり、カルロビッチはシュティエパネックに2勝4敗とした。

カルロビッチは先週行われたキャンベル殿堂テニス選手権で決勝進出を果たしており、元世界ランキング1位のL・ヒューイット(オーストラリア)に敗れ準優勝としている。

《カルロビッチ キャンベル殿堂テニス選手権準優勝の記事はこちら》

勝利したカルロビッチは決勝で第8シードのV・エストレージャ=ブルゴス(ドミニカ共和国)を7-6 (7-2), 6-7 (5-7), 7-6 (7-5)で下した主催者推薦で出場のB・トミック(オーストラリア)と対戦する。

トミックは2年前、19歳の時に記録した世界ランク27位が最高位の若手選手。今年に入り本来の成績を残せておらずランキングを落としているが、今年の1月に行われたアピア国際男子で準優勝した以来の決勝進出となる。

《トミック アピア国際男子準優勝の記事はこちら》

どちらが勝利しても今季初優勝となり、カルロビッチは連覇がかかっている。


■関連記事■ 

・杉田 祐一 日本勢唯一の4強
・守屋 宏紀 2ヶ月ぶり8強進出
・フェデラーが氷河でテニス
・錦織 エキシビションに出場
・ウォズニアキ 2時間4分で逆転


■関連動画■ 

・連続出場記録を持つロペスが登場!
・昨年覇者が5連敗中のガスケに挑む!
(2014年7月20日10時28分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!