- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織、フルセット戦制して2週連続の優勝へ前進<デルレイ・ビーチ・オープン>

男子テニスツアーのデルレイ・ビーチ・オープン(アメリカ/デルレイ・ビーチ、ハード)は18日、シングルス1回戦が行われ、第3シードの錦織圭(日本)が予選から勝ち上がった世界ランク169位のG・エリアス(ポルトガル)(ポルトガル)を6-1, 5-7, 6-2のフルセットで下し、2週連続の優勝に向けて前進した。

この試合、第1セットを錦織があっさり先取する。しかし、第2セットから強烈なストロークを放ってきたエリアスに2度のブレークを許してしまい、このセットを落とす。

第3セットは世界ランク15位の力を見せつけた錦織がこのセットだけで3度のブレークに成功し、1時間55分で勝利をものにした。

1回戦で錦織は7本のダブルフォルトを犯していた。

錦織は2008年のデルレイ・ビーチ大会で優勝している。その時は、当時予選から出場して本戦入り。決勝ではJ・ブレイク(アメリカ)に勝利し、当時18歳でツアー初優勝を飾った。これは日本人選手として松岡修造(日本)以来16年ぶりの快挙だった。

《錦織圭が初優勝 ブレイクを下す◇デルレイビーチ国際》

先日、錦織はアメリカ国際インドアテニス選手権で2連覇達成と4度目のツアー優勝を果たしている。

《錦織が喜び爆発「なんとなんと優勝しました!!!」<アメリカ国際インドアテニス選手権>》

今大会で錦織は2008年以来6年ぶりのタイトル獲得、さらにツアー5勝目を狙う。また、錦織が優勝の場合は2週連続のタイトル獲得となる。

2回戦で錦織は、世界ランク65位のT・ガバシュビリ(ロシア)と対戦する。

今大会の第1シードはT・ハース(ドイツ)、第2シードはJ・アイズナー、第3シードは錦織、第4シードはK・アンダーソン(南アフリカ)、第5シードはV・ポスピシル(カナダ)、第6シードはF・ロペス(スペイン)、第7シードはM・チリッチ(クロアチア)、第8シードはL・ヒューイット(オーストラリア)

【錦織圭 デルレイ・ビーチ・オープン 戦歴】

<2013年>
・1回戦 敗退 I・カルロビッチ(クロアチア) 4-5, 途中棄権

<2011年>
・1回戦 勝利 B・ダブル(アルゼンチン) 6-2, 7-6 (7-5)
・2回戦 勝利 J・ブレイク 6-3, 6-4
・準々決勝 勝利 R・スウィーティング(アメリカ) 6-7 (5-7), 6-2, 6-4
・準決勝 敗退 J・ティプサレビッチ(セルビア) 4-6, 4-6

<2010年>
・1回戦 敗退 B・ベッカー(ドイツ) 3-6, 6-1, 0-6

<2008年>
・予選1回戦 勝利 N・トデロ(アルゼンチン) 6-2, 6-3
・予選2回戦 勝利 J・ウィッテン(アメリカ) 6-4, 6-4
・予選3回戦 勝利 A・ボゴモロフJR(ロシア) 6-2, 7-5
・1回戦 勝利 F・マイヤー(ドイツ) 6-0, 4-3, 途中棄権
・2回戦 勝利 A・ディリック(アメリカ) 6-2, 6-4
・準々決勝 勝利 B・レイノルズ(アメリカ) 6-7 (7-9), 6-4, 6-2
・準決勝 勝利 S・クエリー(アメリカ) 4-6, 6-2, 7-6 (9-7)
・決勝 勝利 J・ブレイク 3-6, 6-1, 6-4

錦織


■関連記事■

《錦織、初のタイトル防衛「とにかく驚いている」<アメリカ国際インドアテニス選手権>》

《錦織が貫禄の優勝、2連覇達成と4度目のツアータイトル獲得<アメリカ国際インドアテニス選手権>》

《2連覇の錦織、苦手なビッグサーバー克服<アメリカ国際インドアテニス選手権>》


■関連動画■

《情熱溢れる元王者ヒューイット!若い頃の貴重な映像を大公開!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》

《フェデラーやサンプラスを育てたコーチが王者の共通点を明かす!ATP男子ツアーマガジン Vol.202》
(2014年2月19日10時51分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

12月6日

ATPカップ 7日ドロー発表 (20時25分)

昨年全仏女王 コーチと別れ (19時20分)

ジョコ 1位期間が350週に (15時56分)

ロディック以来17年ぶり快挙 (12時47分)

バーティ、シュアイの「無事願う」 (11時44分)

デ杯予選、日本はスウェーデンと対戦 (10時53分)

2022年デ杯 5都市開催が決定 (9時22分)

ロシア 15年ぶり3度目のデ杯制覇 (7時48分)

12月5日

インカレ室内女子 阿部が優勝 (21時07分)

インカレ室内男子 田口が優勝 (20時57分)

チリッチ 露戦に自信「僕らの強み」 (17時40分)

3度目優勝へ、デ杯決勝で激突 (16時04分)

メド挑発「CR7がしていた」 (15時09分)

錦織 ファン50名と記念撮影 (13時26分)

ティーム復帰へ「いよいよ」 (9時31分)

大坂なおみ バスケに挑戦 (8時48分)

メド&ルブレフ 露を決勝へ導く (8時02分)

12月4日

インカレ室内 ファイナリスト決定 (21時19分)

錦織 来季も「まだまだできる」 (19時32分)

ダニエル太郎 WTAに賛同 (19時05分)

錦織 プロへの意識「12歳から」 (19時03分)

錦織「2週間ぶりに打つ」Jr選手と対戦 (18時17分)

今週の「イチオシ」シューズ (17時02分)

「たまらない打球感に思わず使いたくなってしまいました。NEWプレステージ誕生!」 (10時41分)

豪協会も表明「WTAに賛同」 (9時15分)

クロアチア、セルビア下し決勝へ (7時53分)

12月3日

YouTube 最新SXシリーズ公開 (22時06分)

インカレ室内 男女単複4強揃う (21時15分)

シュアイ問題 英協会もWTA支持 (19時55分)

フェデラー 新カレンダー発表 (18時23分)

大坂 年収ランキング12位に (16時24分)

ITF「対処されるべき事案」と声明 (14時18分)

女王ムグルサがレアルを訪問 (13時45分)

伊達公子 サーフェス研究本を出版 (13時03分)

WBも声明「WTAを支援する」 (11時07分)

単2連勝のロシアがデ杯4強へ (10時18分)

ATP、WTAに同調「深刻な懸念」 (8時33分)

IOC シュアイと2度目のビデオ通話 (7時20分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!