- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王に善戦の奈良くるみ「悔しいけど充実した全豪」<全豪オープン>

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は18日、女子シングルス3回戦が行われ、22歳の奈良くるみ(日本)は第8シードで元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)に4-6, 5-7のストレートで敗れ、四大大会初のベスト16進出とはならなかった。

この試合、奈良くるみは得意のストローク戦に加え、果敢にネットに出るなどで元女王ヤンコビッチに対して互角の戦いをみせつけた。そして、第2セットはゲームカウント5−2とリードする。しかし、ここから凡ミスを重ねてしまった奈良くるみはヤンコビッチに4ゲームを連取され、1時間38分で敗れた。

第2セットではセットポイントを握るも、奈良くるみは活かす事が出来なかった。

試合後、奈良くるみは「すごく悔しいけど、3回戦までこれた。いい結果が出せたので、充実した全豪だったと思います。」と、コメント。

「お客さんの盛り上がりもいいので、やってて気持ち良かったです。自分からポイントをとりにいくという事で、前に入って自分のプレーでポイントをしめる事を考えていました。」

第2セットでセットポイントを握った事については「やるべき事はやったと思う。そこでプレッシャーからミスをしてしまった。相手(ヤンコビッチ)もいいプレーをしていた。」と、奈良くるみ。

ヤンコビッチについては「トップの選手はピンチの時にいいプレーをしてくる。そこで自分もいかなきゃとは思ったけど、今日はそこで焦ってしまってミスが出てしまった。」と、話した。

奈良くるみとヤンコビッチは昨年の全米オープン3回戦で対戦し、その時も奈良くるみはストレートで敗れていた。

奈良くるみは今大会1回戦で元世界ランク14位のS・ポンを破り大会初の初戦突破、2回戦では第32シードのM・リバリコワ(スロバキア)を下すシードダウンを演じ、グランドスラムでは2大会連続で3回戦進出を果たしていた。

また、現在の世界ランキングで74位の奈良くるみは今大会の活躍により自己最高ランクを更新すると同時に、森田あゆみ(日本)を抜いて日本勢女子トップになる事が確定している。

一方、勝利した28歳のヤンコビッチは2008年の全米オープンで準優勝を飾っており、世界ランキングでは同年の8月に世界1位へのぼりつめていた。これまでのツアー大会では13度の優勝を飾っているが、未だグランドスラムでのタイトル獲得には至っていない。

4回戦でヤンコビッチは、第11シードのS・ハレプ(ルーマニア)と対戦する。

その他の日本勢では男子で錦織圭(日本)が4年連続の3回戦へ進出している。錦織は同日にD・ヤング(アメリカ)と対戦する。

全豪オープン2014

全豪オープン2014


■関連記事■

《「失うものがなかった」奈良くるみが初の3回戦へ「すごくビックリ」<全豪オープン>》

《22歳の奈良くるみ、元世界14位を2時間49分の末に破る「イメージしていた」<全豪オープン>》

《元女王に大健闘の奈良「達成感と悔しい気持ち」、惜しくも杉山以来9年ぶり16強逃す<全米オープン>》

《錦織圭の3回戦はナイトセッション、奈良くるみは第1試合<全豪オープン>》

《錦織、3回戦「レフティーにも対応していきたい」<WOWOWインタビュー>》


■関連動画■

《全豪オープンテニス2014みどころ》

(コメントはWOWOWから抜粋)
(2014年1月18日12時50分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!