- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ヒンギスとエナン以来の快挙セリーナ、賞金は女子選手史上最高額

女子テニスツアー最終戦であるWTAチャンピオンシップ(トルコ/イスタンブール、ハード)で大会2連覇を達成、さらに今季11度目の優勝を飾ったS・ウィリアムズ(アメリカ)は、キャリア・ベストと言えるシーズンで幕を閉じた。1シーズンで11度以上の優勝を飾ったのは1997年のM・ヒンギス(スイス)以来16年ぶりの快挙で、最終戦での連覇は2006・2007年のJ・エナン(ベルギー)以来だった。

「素晴らしいテニスが出来た1年だった。」と今シーズンを振り返ったセリーナ。今季獲得した賞金総額は女子選手史上最高の1,238万5,572ドル(約12億3千万円)、今シーズンの成績は78勝4敗と他を圧倒するものだった。

全米オープンでの優勝が自身17度目のグランドスラム優勝となったセリーナは「グランドスラムで優勝するために生きているようなもの。女子ツアーでチャンピオンになる事に、とても興奮する。ベストのシーズンと言っていいのかわからない。本当にわからない。」

WTAチャンピオンシップの決勝戦が32歳のセリーナと31歳のN・リー(中国)となった今年、43年の最終戦の歴史で30歳以上の決勝戦のカードはこれが初めてだった。その試合はセリーナはリーを2-6, 6-3, 6-0と見事な逆転劇で下した。

「朝起きたら、前日よりかなり体調が良かった。練習を始めたらちょっと心配になってしまった。でも試合中はリードされても辛抱強く、ただ前を向いて戦い続けた。」

第1セットを落としたセリーナは、第2セットの第1ゲーム、自身のサービスゲームでは9度のデュースを繰り返す中、苦戦しながらキープに成功し、そこから徐々に流れがセリーナに傾いた。

「振り返ると、あのゲームが勝つためにとても大切なゲームだったと思う。彼女(リー)は本当に勢いがあった。あのゲームを取るか取らないかで大きく変わっていたと思う。」

そして、WTAチャンピオンシップがイスタンブールで開催されるのは今年が最後となり、来年からシンガポールへと移る。

「とても興奮すると同時に、悲しい。イスタンブールは最終戦を開催するのには、素晴らしい街だったから。どんな選手だって、ここに来る事を願っていた。イスタンブールのファンも最高だったし、素晴らしい観客だった。」

「でも、次の開催地へ移動しなければならない。今私は、来年シンガポールにいられる事を願うのみ。そして、それを期待している。」

そう語るセリーナは、これが自身3度目となるシーズンを世界ランク1位で終わらせた。来年もこの勢いを維持し、再び最終戦の舞台に立てる事を自身も願ってオフシーズンを迎える。


■関連記事■

《世界1位セリーナが2連覇、元女王エナン以来の快挙達成<WTAチャンピオンシップ>》

《女王セリーナ2連覇達成「愛を感じてプレーした」、準Vアザレンカ「厳しい敗北」<全米オープン>》

《31歳セリーナ、11年ぶりの優勝「信じられない、もう1度優勝したいわ」<全仏オープン>》

《リーに批判「私は普通の人間」》

《31歳リーがアジア勢史上最高位へ、さらに初の決勝進出<WTAチャンピオンシップ>》


■関連動画■

《元女王ヒンギスが約6年ぶりにダブルスで復帰!WTA女子ツアーマガジン Vol.8》

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年10月31日16時08分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!