- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】19歳ブシャール快進撃ストップも、元女王と激闘<東レPPO>

女子テニスツアーの東レ・パンパシフィック・オープン(日本/東京、ハード)は26日、シングルス準々決勝が行われ、期待の若手19歳E・ブシャール(カナダ)は元女王のV・ウィリアムズ(アメリカ)に3-6, 7-6 (7-4), 3-6のフルセットで敗れ、惜しくもベスト4進出とはならなかった。

この試合、今大会で好調を続けるブシャールは第1セットでゲームカウント3−1とリードする好スタートを切る。しかし、セカンドサービスを叩かれるなどペースが乱れたブシャールは凡ミスを犯して、ヴィーナスに5ゲーム連取を許し、このセットを落とす。

第2セットではヴィーナスの強烈で鋭いストロークに食らいつき、第8ゲームで粘りを見せたブシャールがサービスキープに成功し、観客を盛り上げた。そして、凡ミスを重ねるヴィーナスからタイブレークの末に第2セットを取り、第3セットへ突入する。

しかし、第3セットは序盤でヴィーナスにブレークを許したブシャールは、第7ゲームで果敢にネットへ出るもミスを犯すなどで自身のサービスゲームを落としてしまう。

その後は土壇場の第8ゲームでブシャールはブレークするも、直後の第9ゲームで凡ミスを重ねたブシャールはヴィーナスにこのセット3度目のブレークを許し、激闘に終止符が打たれた。

今大会でブシャールは、2回戦で第9シードのS・スティーブンス(アメリカ)、3回戦では第6シードで元世界ランク1位のJ・ヤンコビッチ(セルビア)を破る快進撃で、ベスト8進出を果たしていた。

また、今年のウィンブルドン2回戦では元女王A・イバノビッチ(セルビア)を破る金星をあげて、3回戦進出を果たした。

一方、勝利したヴィーナスは2回戦で第1シードのV・アザレンカ(ベラルーシ)をストレートで破り、3回戦では第13シードのS・ハレプ(ルーマニア)を4-6, 7-5, 6-3の逆転で下していた。

準決勝でヴィーナスは、第7シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)と元世界ランク2位のS・クズネツォワ(ロシア)の勝者と対戦する。

これまで33歳のヴィーナスはキャリア通算44度のタイトルを獲得。そのうちウィンブルドンでは5度、全米オープンでは2度の優勝を飾っている。


■関連記事■

《若手ブシャール、シャラポワと比べられ「認められるようになりたい」<東レPPO>》

《19歳の新星ブシャールが元世界1位破る<東レPPO>》

《元世界2位クズネツォワ、2日がかりの試合制す<東レPPO>》

《第7シードのクヴィトバが18歳に完勝<東レPPO>》

《第1シードのアザレンカ敗退、4年ぶりの波乱<東レPPO>》

《確かな手応えのクルム伊達「悪くない」<東レPPO>》


■関連動画■

《歴代のスター選手が集結、WTA女子ツアー設立40周年パーティー(前編)!WTA女子ツアーマガジン Vol.7》
(2013年9月26日16時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!