- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

メダル総なめの桑田寛子おさえ、穂積絵莉が初戦突破<能登国際女子オープン>

女子テニスツアーの下部大会であるITFサーキットの能登国際女子オープン(石川県/能登町、2万5千ドル、砂入り人工芝)は、4日にシングルス1回戦が行われ、第1シードの穂積絵莉(日本)が予選を勝ち上がってきた桑田寛子(日本)を6-1, 7-5のストレートで下し2回戦進出を決めた。

今年7月にロシアで行われたユニバーシアードで、田川翔太(日本)とのミックスダブルスで銀メダル、女子シングルスで銅メダルを獲得し、女子団体で金メダルをもたらす活躍を見せていた桑田寛子だったが、優勝候補筆頭の穂積絵莉から勝利をあげる事はできなかった。

その他のシード選手では、第3シードのM・アダムチャック(オーストラリア)鮎川真奈(日本)を6-4, 7-6 (7-5)のストレートで、第4シードの江口実沙(日本)日比野菜緒(日本)を6-1, 6-2の快勝で、第6シードの今西美晴(日本)樋口由佳(日本)を6-2, 6-0で圧倒し、順当な勝ちあがりで2回戦進出を果たした。

第5シードの田中真梨(日本)美濃越舞(日本)に苦戦するも、6-3, 6-7 (4-7), 7-6 (7-2)の接戦を制して2回戦進出を決めている。

第7シードのL・ファンズー(中国)は宮村美紀(日本)との試合途中に棄権を申し出て大会を去ることとなった。

■関連記事■

《ベテランの波形 純理が14歳を圧倒で初戦突破<能登国際女子オープン>》

《前回超え4つのメダル、女子団体でも金<ユニバーシアード>》

《日本人が初優勝◇能登国際女子オープン2012》

《中村 藍子が第1シードの瀬間を撃破◇能登国際女子オープン2011》

《19歳の江口実沙が決勝進出◇能登国際女子オープン2011》

(2013年9月4日21時24分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!