- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

待たされた初戦、クルム伊達組が青山組を下す<AEGONクラシック>

女子テニスツアーのAEGONクラシック(イギリス/バーミンガム、賞金総額23万5千ドル、芝)は13日にダブルス1回戦を行い、クルム伊達公子(日本)/ A・パーラ=サントンハ(スペイン)組が青山修子(日本)/ M・モルトン=レヴィ(アメリカ)組を6-1, 7-5で下し準々決勝進出を決めた。

今大会は雨に見舞われることが多く、前日に行う予定だったこの試合も、雨天順延となり1日待たされての試合開始となった。また、第2セットの途中にも降雨による一時中断を余儀なくされ、両ペアは長い1戦を強いられることとなった。

クルム伊達とパーラ=サントンハは、今年の全豪オープンで、銀メダルペアであるA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/L・フラデカ(チェコ共和国)組を下す金星をあげベスト16入りを果たし、同年の全仏オープンでもペアを組み2回戦進出を果たしている。

現在42歳のクルム伊達は、今季既にダブルスで3タイトルを獲得しているが、常に怪我との闘いとなっている。今大会のシングルスを終えてから違和感を感じていたクルム伊達は、鍼治療を行いながらのツアー参戦であることを明かしている。

ダブルス初戦を控えていたクルム伊達は、自身のブログで「シングルスで動けなかった分、ダブルスに気持ちを切り換えて芝に慣れるためにもしっかりと自分のプレーとArantxaとのダブルスをやってきます。」と意気込みを語っていた。

勝利したクルム伊達組は、この日にD・ユラク/ T・タナスガーン(タイ)組から3-6, 6-1, [10-2]の逆転勝利をものにした第4シードのD・ハンチュコバ(スロバキア)/ シェ・シュウェイ(台湾)組と準々決勝で対戦する。

今大会シングルスでは、第11シードの森田あゆみ(日本)、クルム伊達公子、奈良くるみ(日本)が揃って初戦敗退となっている。

■関連記事■

《クルム伊達公子がダブルス優勝、全仏に弾み<ストラスブール国際>》

《クルム伊達組は16強逃す<全仏オープン>》

《クルム伊達公子がウィンブルドンに向け調整、イギリスに現地入り》

《クルム伊達ペアが銀メダルペアを撃破◇全豪オープン》

《青山修子組が大接戦制し、優勝◇BMWマレーシア・オープン》

■関連商品■

《クルム伊達公子使用モデル》ヨネックス S-FIT グレース 105

(2013年6月14日7時15分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!