- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

クルム伊達公子がウィンブルドンに向け調整、イギリスに現地入り

今年3つめのグランドスラムとなる芝の大会ウィンブルドン、舞台がクレーコートからグラスコート(芝)に変わるこのシーズンは、各選手が調整を必要としている。その中でクルム伊達公子(日本)は、10日から開催されるAEGONクラシックへの出場を予定しており、6日に現地入りしたことを自身のブログで明らかにした。

クルム伊達公子は今年の全仏オープン、シングルス1回戦で世界ランク9位のS・ストザー(オーストラリア)に完敗、ダブルスでは初戦突破を果たすも、2回戦でダブルス巧者のF・スキアボーネ(イタリア)/ S・ストザー組にフルセットの健闘を見せるが敗退となった。世界ランク9位のストザーに単複で土をつけられるかたちで大会を終えていた。

バーミンガムに拠点を移したことについてクルム伊達は「結局、移動も少なく体のケアも受けやすい環境を選ぶとParisに留まり直接、Birminghamへ入るのが1番いいだろうという結果になりました。」との考えも明かしている。

同大会には、森田あゆみ(日本)も出場を予定している。

その森田あゆみは今年の全仏オープン、シングルス1回戦で18歳の若手Y・プチンセワ(カザフスタン)に2-6, 3-6のストレートで完敗し3年連続となる2回戦進出を逃した。ダブルスでは昨年のロンドン五輪で銀メダルを獲得したA・フラヴァコバ(チェコ共和国)/ L・フラデカ(チェコ共和国)組にフルセットの健闘を見せるも敗れ、2回戦敗退となっている。

「クレーで良いプレーが出来ていて自分でも期待していたところもあったので試合後は数日間久しぶりにかなりガッカリしていましたが、仲の良いシルスティア選手とのダブルスで一回勝てて、何よりも楽しんでプレー出来た事で試合での良い感覚を少し思い出すことが出来たのは収穫でした!」と、森田自身のブログで振り返っている。

■関連記事■

《【速報】クルム伊達組は16強逃す<全仏オープン>》

《森田あゆみ組は銀メダル組に力及ばず<全仏オープン>》

《クルム伊達「ウィンブルドンが特別な場所という気持ちは変わらない」》

《クルム伊達の初戦は世界67位と対戦◇ウィンブルドン2012》

《【現地レポート】森田あゆみが、テニスの聖地で2年ぶりに初戦突破》

■関連商品■

《森田あゆみ使用モデル》ヨネックス E ZONE Xi

《クルム伊達公子使用モデル》ヨネックス S-FIT グレース 105

(2013年6月6日15時59分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!