- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元全仏4強が地元の声援受けマラソンマッチ制す<全仏オープン>

女子テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー)は28日、シングルス1回戦が行われ、地元フランスの期待を背負う第13シードのM・バルトリ(フランス)O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ)を7-6 (10-8), 4-6, 7-5と3時間12分のマラソンマッチを制して2回戦へ駒を進めた。

バルトリは2011年の全仏オープンで準決勝に進出、F・スキアボーネ(イタリア)にストレートで敗れるも4強入りを果たしていた。

「今日は本当に長い一日だった。」と語るバルトリ。この日は雨のため試合開始が遅れるばかりか、途中で中断も余儀なくされていた。

「最初11時に始めて、それからまた2時に再開して、結局試合が終わったのが6時だった。本当に長かった。雨の中断は自分に取って不利だった。なぜなら自分に流れがある中での中断だったから。その中断で彼女(ゴヴォルツォバ)がまた立て直して来たの。また良いプレーをし始めたし、ミスも減ったわ。特にバックハンドが深く強いボールを打って来たの。もしこの試合に負けていても、何も後悔はしなかったと思う。だって全力を出し切っていたから。」とバルトリは試合を振り返っていた。

「本当にラッキーだった。必死にボールを追いかけたの。そして最後には勝利を手にする事が出来た。」

マッチポイントを決めた時の事を聞かれたバルトリは「ただボールを叩いただけ。マッチポイントだなんて考えていなかった。ただボールを相手コートに入れなければって思ったの。どんどん緊張もして来たけど、ただどのポイントでもベストのプレーに努めてどうなるか祈るしかなかった。そしてそこから勝利を物に出来たの。」と、多くを考えずにただ必死にプレーした事を明かした。

2度のマッチポイントを先にゴヴォルツォバに握られ、それを跳ね除けたバルトリ。「こんな勝ち方が出来たと言う事は、肉体的にも精神的にも3時間の試合に耐えられるんだと言う事の証明になった。1時間くらいのストレート勝利の方が良いけど、彼女がそうはさせてくれなかったし、こんな長い試合になってしまった。最後にはギアをしっかり上げる事も出来たし、全く疲れてもいなかった。その事は、今後のシーズンの事を考えても、勇気付けられる事ね。」

「もちろん、詰め掛けた多くの観客の声援も終始助けになったわ。特に相手のマッチポイントの時は、それが力になって状況を切り抜けられた。みなさんの応援には本当に感謝しているの。」と、地元の大会のアドバンテージもしっかり実感しつつ、応援に感謝の気持ちも表していた。

バルトリはK・プリスコバ(チェコ共和国)を6-2, 6-0で退けたM・ドュケ=マリノと2回戦を行う。

【全仏オープンドロー表】

■関連記事■

《バルトリがスキアボーネと2時間の激闘◇カタール・オープン》

《世界10位バルトリ「長いラリーを避けたのが勝因」◇GDFスエズ・オープン》

《30歳スキアボーネが大会連覇に王手◇全仏オープン2011》

この日行われた試合結果は以下の通り。

S・ストザー(オーストラリア)(9) vs. ●クルム伊達公子(日本), 6-0, 6-2
●K・プリスコバ vs. ○M・ドュケ=マリノ, 2-6, 0-6
○M・バルトリ(13) vs. ●O・ゴヴォルツォバ, 7-6, 4-6, 7-5
J・ヤンコビッチ(セルビア)(18) vs. ●D・ハンチュコバ(スロバキア), 6-4, 7-6
Y・シュウェドワ(カザフスタン)(27) vs. ●C・バンデウェイ(アメリカ), 6-0, 3-6, 6-2
K・ムラデノヴィック(フランス) vs. ●L・デイビス(アメリカ), 6-0, 7-5
A・コルネ(フランス)(31) vs. ●M・ジョアン・ケーラー(ポルトガル), 7-5, 6-2
I・C・ベグ(ルーマニア) vs. ○S・ソレル=エスピノーサ(スペイン), 3-6, 2-6
D・チブルコワ(スロバキア)(16) vs. ●L・ツレンコ(ウクライナ), 6-1, 6-4
M・イラコビッチ(ニュージーランド) vs. ●E・バルタチャ(英国), 6-3, 6-0

(2013年5月29日13時54分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

9月18日

大坂「とても安心した」 (20時36分)

【告知】土居美咲vsヴェキッチ (20時21分)

大坂なおみ 東レ初戦突破 (18時51分)

【1ポイント速報】大坂vsトモワ (17時09分)

土居/ 日比野組が初戦突破 (16時26分)

大坂らトップを支える職人技 (15時15分)

高温多湿に苦戦も初戦を突破 (14時22分)

フェデラー 東京五輪に言及 (12時39分)

好調ルブレフ 苦戦も初戦突破 (11時22分)

ツォンガ 逆転勝ちで初戦突破 (10時33分)

9月17日

穂積/ 二宮組 逆転で初戦突破 (18時54分)

ジョコ1位在位期間 歴代4位 (18時41分)

2010年王者 18歳下し2回戦へ (18時23分)

土居美咲 快勝で初戦突破 (18時06分)

【1ポイント速報】東レPPO1回戦 (16時57分)

ベルダスコ 快勝で初戦突破 (16時25分)

プリスコバ 最終戦出場権を獲得 (16時06分)

日比野菜緒 東レ初戦敗退 (14時34分)

錦織8位 内山は自己最高位に (11時31分)

錦織8位 9/16最終戦ランク (10時38分)

9月16日

錦織8位 16日付世界ランク (19時34分)

プロ6名が大阪でイベント開催 (19時15分)

加藤未唯 複で初戦突破ならず (18時34分)

ジョルジら 東レ初戦突破 (18時02分)

大坂4位 今週は東レPPO出場 (17時03分)

大坂 初戦は世界181位 (15時57分)

完勝でツアー初タイトル獲得 (14時29分)

メドヴェデフ 地元初V狙い出場 (12時21分)

ATPカップ 組み合わせ発表 (11時22分)

プリスコバ 快勝で今季4勝目 (10時15分)

9月15日

内山がチャレンジャー4勝目 (19時58分)

大坂 ジュニア選手とラリー (18時11分)

奈良 熱戦の末に本戦逃す (17時27分)

大坂「優勝したい気持ち強い」 (16時56分)

土居/日比野組がツアー初優勝 (15時43分)

輿石亜佑美が一日警察署長に (13時16分)

日比野が日本人対決制し優勝 (12時54分)

【1ポイント速報】土居vs日比野 (12時49分)

内山が今季2度目の決勝進出 (7時26分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!