- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織惜敗、ナダルとの対戦は持ち越し<ムチュア・マドリッド・オープン男子>

男子テニスツアーのマスターズ大会であるムチュア・マドリッド・オープン男子(スペイン/マドリッド、レッドクレー)は10日、シングルス準々決勝が行われ、日本のエースで第14シードの錦織圭(日本)が元世界ランク33位でクレー巧者のP・アンドゥハル(スペイン)に3-6, 5-7のストレートで敗れ、本大会自身初となるベスト4進出を逃した。

前日R・フェデラー(スイス)をフルセットの末破った勢いを今日の試合につなげたい錦織であったが、本大会ワイルドカードで出場し、地元の熱い声援を受け、第10シードのM・チリッチ(クロアチア)J・アイズナー(アメリカ)といった強敵を倒し、快進撃を続けきたアンドゥハルの勢いを止めることができず、悔しい敗退となった。

錦織はこの試合に勝つと決勝進出をかけてクレーキングのR・ナダル(スペイン)との対戦が決まっていたが、その対戦は次週に開催されるマスターズ1000のBNLイタリア国際男子以降に持ち越すこととなった。

錦織に勝利したアンドゥハルは「ここ地元マドリッドで、マスターズ1000大会で初めてベスト4に入ることができ、本当に嬉しく思うよ。これ以上の勝利はないね。」と喜びを語った。

またナダルとの対戦に向けアンドゥハルは、「ナダルは間違いなく優勝候補。だけど、このコートの球足は速くなってきているし、もっとやれると信じているよ。何が起こるかはやってみないと分からないよ。」とクレーキングとの対戦への意気込みを語った。

ナダルとアンドゥハルは過去1度、2011年の全仏オープン2回戦で対戦しており、ナダルがストレートで勝利を収めている。

この日行われた試合結果は以下の通り。

D・フェレール(スペイン)(4) vs. ○R・ナダル(5), 6-4, 6-7, 0-6
●錦織圭(14) vs. ○P・アンドゥハル, 3-6, 5-7
A・マレー(英国)(3) vs. ○T・ベルディフ(チェコ共和国)(6), 6-7, 4-6
JW・ツォンガ(フランス)(7) vs. ○S・ワウリンカ(スイス)(15), 2-6, 7-6(11-9), 4-6

今大会の優勝賞金は63万8,500ユーロ。

【大会8日目スケジュール】

《男女シングルス 対戦表》

■関連記事■

《【映像付】落胆のフェデラー「圭は勝者に値する」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《フェデラー破った錦織「最高の勝利の1つ」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《錦織圭、フェデラー戦「エキサイティング」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

《ナダル「不安な気持ちが起きてしまうかも」<ムチュア・マドリッド・オープン男子>》

■関連動画■

【無料】ナダル9連覇達成か、王者ジョコビッチか!?モンテカルロ・マスターズ決勝

【無料】ナダルが全仏優勝への想いを語る

(2013年5月11日12時19分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!