- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

スアレス・ナバロがトップ10に勝利、自身7度目<ムチュア・マドリッド・オープン女子>

女子テニスツアーのムチュア・マドリッド・オープン女子(スペイン/マドリッド、賞金総額403万3,254ユーロ、レッドクレー)は大会2日目の6日、シングルス1回戦が行われ、C・スアレス・ナバロ(スペイン)が第9シードのS・ストザー(オーストラリア)を7-6 (9-7), 6-2のストレートで下す金星を地元で飾り、2回戦進出を決めた。

試合後、スアレス・ナバロは「ドローを見た時、自分にとってあまり良いドローではないと思った。初戦はとても難しい試合になるだろうとわかっていた。だから、今日の試合には戦略を練ってしっかりと準備をして臨んだの。」と、語った。

この試合、第1セットは出だしからスアレス・ナバロが3ゲームを連取するが、その後ストザーに反撃を許し、タイブレークへともつれた。そのタイブレークでは、6−7とストザーにセットポイントを握られるも、そこからスアレス・ナバロが3ポイント連取し、このセットだけで1時間以上を要して先取した。

第2セットはゲームカウント2−2まで互角の戦いだったが、そこからスアレス・ナバロが4ゲームを連取に成功、自身7度目となるトップ10選手からの勝利を飾った。

「サム(ストザー)はとても難しい選手。特に、第1セットは厳しい戦いだった。それでも、とても集中して良いプレーを続ける事が出来た。こうして2回戦へ進めて、とても嬉しい。」と語るスアレス・ナバロは、先週行われたポルトガル・オープンでは決勝進出。土曜日に行われた決勝戦では敗れるも、準優勝を飾っており、この日の試合までわずか1日しか時間がなかった。

スアレス・ナバロは「先週、決勝戦での負けから立ち直るのは難しかったし、今日の試合へ準備するのにはわずかな時間しかなかった。それでも、とにかく集中するように努めたの。ここマドリッドに着いてからは、先週の負けを全く考えなかった。ただ、今日の試合にベストを尽くす事だけを考えたの。だって、祖国スペインではこの1大会しかないから、今週はとても大切な1週間だから。」と、大会への気持ちを語った。

先月、自己最高位となる世界ランク19位を記録し、自身初のトップ20入りを果たしたスアレス・ナバロ。2008年の全仏オープンと2009年の全豪オープンではベスト8入りする活躍をみせたスアレス・ナバロ。

今月終わりに迫った今季2度目のグランドスラムである全仏オープンへのプレッシャーについて「初出場だった2008年の全仏オープンで驚きの8強入りをして以来、皆から同じような良い結果を出すだろうと期待されてしまった。でも、今ではもうプレッシャーや壁などは感じていないわ。みんなツアーの厳しさをわかる必要がある。どの選手だって、試合には常に万全の準備をしているし、トップ10選手との違いは大きい。本当に差を感じているわ。大きな大会では、良い結果を出せるように努力しているけど、プレッシャーは感じていない。」と、スアレス・ナバロ。

3回戦進出をかけてスアレス・ナバロは、K・カネピ(エストニア)と2回戦で対戦する。

この日行われた試合結果は以下の通り。

【1回戦】
M・シャラポワ(ロシア)(2) vs. ●A・ドゥルゲル(ルーマニア), 7-5, 6-2
V・アザレンカ(ベラルーシ)(3) vs. ●A・パブリュチェンコワ(ロシア), 7-6 (10-8), 7-6 (7-3)
●S・ストザー(9) vs. ○C・スアレス・ナバロ, 6-7 (7-9), 2-6
C・マーケイル(アメリカ) vs. ●S・ポン(中国), 7-5, 5-7, 6-1
K・ムラデノヴィック(フランス) vs. ●S・ソレル=エスピノーサ(スペイン), 6-1, 6-1

【2回戦】
A・ラドワンスカ(ポーランド)(4) vs. ○L・ロブソン(英国), 3-6, 1-6
A・ケルバー(ドイツ)(6) vs. ●A・コルネ(フランス), 6-4, 6-2
S・エラーニ(イタリア)(7) vs. ●S・キルスチャ(ルーマニア), 7-5, 2-6, 6-4

今大会の優勝賞金は64万3,000ユーロ。


■関連記事■

《世界4位ラドワンスカ姿消す、19歳が金星<ムチュア・マドリッド・オープン女子>》

《森田が棄権<ムチュア・マドリッド・オープン女子>》

《世界5位敗れる波乱、女王セリーナら順当に初戦突破<ムチュア・マドリッド・オープン女子>》

《衝撃の事件から20年、セレス「あの事件で、私のテニス人生は一変」》

(2013年5月7日10時20分)

その他のニュース

11月15日

フェデラー「戦術明確だった」 (12時16分)

ジョコ、フェデラーに脱帽 (11時10分)

ナダル 最年長の年間最終1位 (10時39分)

フェデラー「完璧に機能」 (7時26分)

フェデラー決勝Tへ ジョコ撃破 (6時46分)

11月14日

【速1ポイント報】フェデラーvsジョコビッチ (23時04分)

奈良ら安藤証券OP8強へ (20時40分)

松田絵理香 全豪JrWC獲得 (20時08分)

「ほぼ負け」からナダル勝利 (12時16分)

「本当に悪かった」とズベレフ (11時31分)

チチパス圧勝、決勝Tへ進出 (10時48分)

ナダル 崖っぷちから大逆転勝利 (7時16分)

11月13日

【1ポイント速報】チチパスvsズべレフ (23時03分)

安藤証券OP 日比野ら2回戦へ (20時05分)

全豪JrWC 松田絵理香が決勝へ (18時26分)

フェデラー「満足」ジョコ戦へ (16時26分)

ジョコ撃破で初の決勝T進出 (11時27分)

元世界4位が現役引退を発表 (10時57分)

ジョコ「脱帽、祝福したい」 (9時21分)

ジョコビッチ 死闘の末に惜敗 (8時23分)

フェデラー 快勝で1勝1敗 (1時09分)

11月12日

【1ポイント速報】ジョコビッチvsティーム (23時02分)

全豪ジュニアWC 12日の結果 (20時51分)

ナダル初撃破「最終戦は特別」 (13時32分)

チチパス「最も重要な勝利」 (12時04分)

ナダル「がっかり」 初戦黒星 (11時05分)

ナダル 完敗で黒星スタート (9時13分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!