- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ジョコビッチ率いるセルビア戦に向け、アメリカが意気込み◇デビスカップ

4月5日から3日間に渡り男子テニスの国別対抗戦であるデビスカップ ワールドグループ準々決勝が行われる。世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)率いるセルビアは、アメリカのアイダホ州ボイジーでアメリカと対戦する。アメリカ代表のJ・アイズナー(アメリカ)は、再びジョコビッチを下す意気込みを語った。

アイズナーと共にアメリカ代表として戦うのがS・クエリー(アメリカ)で、アイズナーもクエリーも過去にジョコビッチから勝利した経験がある。アイズナーは昨年のBNPパリバ・オープン男子、クエリーも昨年のBNPパリバ・マスターズで、いずれもマスターズ1000大会で大金星を飾った。

アイズナーは「サム(クエリー)も自分も、彼(ジョコビッチ)を倒した経験がある。また彼を倒してやると信じてコートに立つのさ。自分はジョコビッチに対して、どうやってリズムを乗らせないようにするかを考えなければならない。」と、語った。

今年に入りジョコビッチは、全豪オープンで大会3連覇を達成するも、BNPパリバ・オープンでは準決勝でJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)に敗れ、今季初めての敗戦を記録すると同時に、昨年の全米オープンの決勝戦でA・マレー(英国)に敗れて以来続いた連勝も22試合でストップした。

さらに、大会3連覇を狙ったソニー・オープン男子では、4回戦でベテランのT・ハース(ドイツ)にストレートで敗れる波乱に見舞われた。

アメリカとセルビアの出場選手は、以下の通り。

【アメリカ】
S・クエリー、J・アイズナー、B・ブライアン(アメリカ)M・ブライアン(アメリカ)

【セルビア】
N・ジョコビッチ、V・トロイキ(セルビア)I・ボゾリャック(セルビア)N・ジモンイッチ(セルビア)


■関連記事■

《ジョコビッチ率いるセルビア、2度目の栄冠へ好発進◇デビスカップ》

《ブライアン兄弟敗れるも、アメリカは8強へ◇デビスカップ》

《史上最長時間のダブルス制したチェコ共和国が連覇へ前進◇デビスカップ》

《5度の優勝を誇るスペインがまさかの敗退◇デビスカップ》

《ナダル欠場のスペインと1勝リードのチェコが最終決着◇デビスカップ決勝》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年4月4日10時55分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!