- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

復活のナダル、辛い日々を告白

世界テニスの日と定められた3月4日に、アメリカのニューヨークにあるマディソン・スクエア・ガーデンで開催されるエキシビションの『BNPパリバ・ショーダウン』に出場するために、現地4日朝にニューヨークへ到着したR・ナダル(スペイン)が、詰め掛けた大勢のメディアの前でインタビューに応じた。

膝の怪我のため7ヶ月のツアー離脱を余儀なくされてから復帰したナダルは、先週メキシコのアカプルコで行われていたアビエルト・メキシコ・テルセル・オープン男子で、復帰後3大会連続となる決勝進出。現地土曜日に行われた決勝戦では、同胞で世界ランク4位のD・フェレール(スペイン)を6-0, 6-2で圧倒し、復帰後2度目のタイトルを獲得していた。

ナダルは膝への負担が軽く、得意としているクレーの大会を復帰戦として選んでいた。復帰戦となったチリでのビニャ・デル・マール、第2戦のブラジルでのサンパウロ、先週のアカプルコと、中南米のクレーシリーズで実戦を行いつつ膝の回復をうかがっていた。

この日のナダルは、先週の優勝後の記者会見の時にみせた緊張気味の堅い表情とは一変して、リラックスした笑顔で質問に答え始めた。

昨年、ウィンブルドンでまさかの2回戦敗退を喫してから先月の復帰戦まで、膝の治療とリハビリのためにコートを去っていたナダルだったが、2012年前半では全仏オープンで大会史上初となる7度目の優勝を飾るなど、4大会でタイトルを獲得し、テニス人生で最も好調だった前半戦だと感じていたと言う。

「これまでの人生で、ベストのシーズン序盤だった。膝の怪我のために、その後のシーズンを戦い続けられなかった事は、本当に残念でならなかった。だから、余計に復帰する事に対して興奮していたし、先週のアカプルコでは本当に状態が良くなり始めたんだ。どんなボールを追いかけても全く問題がなかったと感じ始めたし、それは自分自身にとって最高の感触だった。」と、ナダル。

ナダルは、今週からカリフォルニア州インディアンウェルズで開催される男子マスターズ1000大会であるBNPパリバ・オープンに出場するが、それが復帰後初となるハードコートでの大会となる。

ナダルは「次の大会であるインディアンウェルズでの実戦を戦って、膝がどうなるかを見てみたい。それは、まさしく自分にとって大きなテストさ。現時点ではクレーでプレー出来る事はわかった。それがわかった事だけでも、自分にはとても大きな事だった。次はハードコートにチャレンジしてみるよ。それが完全復帰へのプロセスだと思うからね。長い間テニスから離れていて、そうする事が公式戦の完全復帰への大きなステップさ。過去に出来たように、年間のスケジュールをしっかりこなせられるように願っているんだ。」と、コメント。

そして、コートから離れていた時期を聞かれたナダルは、その辛い日々を振り返っていた。

「ずっと実家にいて、ドクターやトレーナーと共に、毎日ジムでリハビリや数々の治療を受けていたのに、短期間での回復が全く見られなかった時は、さすがにその現実をなかなか受け入れる事が出来なかった。簡単な時間じゃなかったけど、同時に家族や友人達と共に過ごす時間が持てた。ツアーを回っている時には出来ないような事をしていたんだ。でも辛い時期だった。毎日治療を受けて、毎朝起きると“今日の膝は?まだ悪いのか?”って考える日々だった。復帰の目処が全く立たなかったのは、一番辛い事だった。」と、ナダルは告白した。

今でも膝の調子を見ながら、今後のスケジュールを組まなければならない現状は、まだ辛い日々だとも感じていると言うナダル。今週から開催されるBNPパリバ・オープンは、男子シングルスは現地木曜日からスタートするが、シード選手全員が1回戦を免除されているため、ナダルは土曜日以降の2回戦から試合に登場する。

復帰戦で準優勝を飾ったナダルはその後2大会で優勝し、今季の成績を12勝1敗としているが、今後の公式戦へのスケジュールを決める上で、BNPパリバ・オープンはナダルにとって膝がどこまで対応出来るか、まさに大きな試練となる。

そのナダルはマディソン・スクエア・ガーデンで行われるBNPパリバ・ショーダウンではJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)とエキシビションを行い、復帰後初めてハードコートでプレーする。女子ではS・ウィリアムズ(アメリカ)V・アザレンカ(ベラルーシ)のエキシビションも予定されている。

ナダルは「7ヶ月もの長い間、かなり痛みを膝に抱えていた。この先、次はどの大会に出場するか未だに決める事が出来ていない。とにかく今は、結果より出場出来た大会をエンジョイする事を優先している。」と、語った。

また「インディアンウェルズで膝がどこまで耐えられるかを見る必要があるし、こうして大会に出場出来る事は、今の自分にとっては嬉しい事。1週間前には、インディアンウェルズでさえ出場出来るかわからない状態だったんだからね。」と、ナダル。


■関連記事■

《錦織変わらず、ナダルはトップ4へ近づく◇世界ランキング》

《ナダルがフェレールを寄せ付けず元王者の貫禄◇アビエルト・メキシコ・テルセル・オープン男子》

《元王者ナダル、復帰2大会目は「重要な優勝」◇ブラジル・オープン》

《ナダルは復帰戦でV逃し、51勝目ならず◇VTRオープン》

《ナダル、リオ五輪へ意欲みせる◇ブラジル・オープン》

《ナダル、突然の棄権申し入れ◇ブラジル・オープン》


■関連動画■

《復帰したナダルの貴重映像、さらに独占インタビュー◇ATPテニスマガジン》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年3月5日14時05分)

その他のニュース

10月31日

ダニエル太郎 9カ月ぶり決勝へ (16時36分)

ジョコ 最終戦へ「最善の準備」 (15時37分)

メドヴェデフ撃破で4強入り (15時00分)

約3時間の死闘制し4強 (14時17分)

元世界17位が引退を発表 (13時19分)

ジョコ撃破の大金星「最高」 (12時01分)

ルブレフ 昨年覇者ティーム撃破 (11時37分)

ジョコビッチ LLに完敗の波乱 (10時37分)

10月30日

全日本選手権 男女4強出揃う (16時18分)

第1シードのペール撃破で8強 (12時19分)

メドヴェデフ8強「うれしい」 (11時51分)

ロックダウンでパリは無観客 (10時54分)

ズベレフが父親に DVは否定 (7時55分)

ディミトロフ、チチパス撃破 (7時06分)

10月29日

杉田祐一 完敗で8強ならず (18時35分)

【1ポイント速報】杉田vsマナリノ (18時31分)

元王者ヒューイットが殿堂入りへ (16時58分)

14本エースでアンダーソン8強 (14時30分)

ベルダスコ 今季終了を発表 (13時40分)

ダニエル太郎 熱戦制し8強入り (12時04分)

チチパス 苦戦も逆転で勝利 (12時04分)

ジョコ8強 4本のSPしのぐ (7時44分)

錦織、今季終了を発表 (0時28分)

10月28日

約9カ月ぶりに大会8強入り (22時49分)

日比野 全日本選手権で初戦突破 (20時50分)

第2シードに快勝で8強入り (19時04分)

ジョコ「子どもは夢持つべき」 (19時03分)

ハチャノフ/ルブレフが勝利 (17時37分)

ワウリンカ 熱戦も初戦敗退 (15時00分)

ハチャノフ撃破で初戦を突破 (12時51分)

シード破り2回戦へ「タフ」 (12時05分)

今季終了と全豪OP欠場を発表 (10時53分)

「圭との戦いに準備していた」 (8時51分)

ジョコ 同胞に苦戦も初戦突破 (8時04分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!