- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

元女王イバノビッチ「かつてのレベルに戻りたい」◇カタール・オープン

女子テニスツアーのカタール・オープン(カタール/ドーハ、賞金総額236万9000ドル、ハード)はシングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位で第13シードのA・イバノビッチ(セルビア)T・パスゼック(オーストリア)を6-1, 6-2のストレートで下し、2回戦進出を決めた。

第1セット、イバノビッチは1度もブレークをパスゼックに許さず、2度のブレークに成功し、このセットを先取。第2セット、序盤でブレークを許したものの、2ブレークしたイバノビッチは、ゲームカウント4−2とリードする。続く第7ゲームもブレークしたイバノビッチは、1時間6分でパスゼックを退けた。

「彼女(パスゼック)とは、もっとタフな試合になると思っていたの。これまでも何度か厳しい試合を強いられたから。でも、出だしから積極的な良いプレーが出来たし、これまで取り組んでいた事をしっかり出来た。フォアハンドで主導権を握れていたから、そのプレーを続けたわ。それがとても上手くいった試合だった。」とイバノビッチは、勝因を分析していた。

再び世界のトップクラスへの返り咲きを目指すイバノビッチは「オフシーズンには、かなりトレーニングを積んだから、それが結果につながって欲しい。昨年は、良い形でプレーが出来た大会がいくつかあったけど、結局上位進出に至らなかった。だから、今年はしっかり結果に結びつけたい。しっかり練習をしなければならない事も学んだし、かつてのレベルにどうしても戻りたい。何度も何度もチャレンジしていきたい。」と、語った。

また、イバノビッチは「今のトップ選手達に対等に戦えるだけのレベルに、自分のテニスが戻ってきている事を本当に感じるの。もし、そうじゃなかったら、こうして戦い続けていないわ。それがとてもエキサイティングなの。これが今年の最大のゴール。」と、明確な目標を設定して今季に臨んでいる事もコメントしていた。

イバノビッチは3回戦進出をかけて、O・ゴヴォルツォバ(ベラルーシ)を6-1, 6-0で下したS・ハレプ(ルーマニア)と2回戦で対戦する。

今大会は64ドローで行われており、16選手がシードとしてエントリーしている。その内、上位シード選手8名が1回戦を免除されているため、2回戦から登場する。

第1シードがV・アザレンカ(ベラルーシ)、第2シードにS・ウィリアムズ(アメリカ)、第3シードにM・シャラポワ(ロシア)、第4シードにA・ラドワンスカ(ポーランド)、第5シードにA・ケルバー(ドイツ)、第6シードにS・エラーニ(イタリア)、第7シードにP・クヴィトバ(チェコ共和国)、第8シードにS・ストザー(オーストラリア)と続く。

世界ランク1位のアザレンカは、T・ピロンコバ(ブルガリア)R・オプランディ(スイス)の勝者と2回戦で顔を合わせる。

この日行われた試合結果は以下の通り。

C・ウォズニアキ(デンマーク)(10) vs. ●M・ユギッチ=サルキッチ(ボスニア), 6-1, 6-2
○A・イバノビッチ(13) vs. ●T・パスゼック, 6-1, 6-2
A・メディーナ=ガリゲス(スペイン) vs. ○D・ガブリロワ(ロシア), 6-4, 3-6, 3-6
M・バーテル(ドイツ) vs. ●Y・プチンセワ(カザフスタン), 6-4, 6-2
ジェン・ジー(中国) vs. ○An・ロディオノワ(オーストラリア), 2-6, 3-6
C・ガルシア(フランス) vs. ●F・アル=ナブハニ, 6-2, 6-3
○S・ハレプ vs. ●O・ゴヴォルツォバ, 6-1, 6-0
S・クズネツォワ(ロシア) vs. ●B・マテック=サンズ(アメリカ), 7-6 (7-1), 6-4

また今大会のダブルスには青山修子(日本)がM・モウルトン=レヴィとのペアでエントリーしており、火曜日に行われる1回戦でV・レプシェンコ(アメリカ)/M・ニクルスク(ルーマニア)組と対戦する。

今大会の優勝賞金は、シングルス42万6000ドル、ダブルス12万2000ドル。


■関連記事■

《初戦突破のウォズニアキ「良い感触で打つ事を第一に」◇カタール・オープン》

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年2月12日13時01分)

ウインザーラケットショップ



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!