- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】伊藤竜馬は2006年ファイナリストに力及ばず◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会3日目の16日、男子シングルス2回戦が行われ、伊藤竜馬(日本)は第28シードのM・バグダティス(キプロス)に6-3, 3-6, 2-6, 2-6で敗れ、自身初となるグランドスラム3回戦進出とはならなかった。

第1セット、互いに1ブレーク奪い合い、その後の第8ゲームで伊藤竜馬はバグダティスのサービスゲームをラブゲームでブレークし、このセットを先取する。

その後は、元世界ランク8位の力を発揮したバグダティスに、第2・第3セットを連取され、伊藤竜馬はセットカウント1−2とリードを許す。

第4セットに入ると、第1ゲームで伊藤竜馬はバグダティスにブレークを許し、勢いを失う。その後も第7ゲームでブレークされた伊藤竜馬は、最後バグダティスに強烈なサーブを放たれ、ゲームセットとなった。

敗れた伊藤竜馬は今大会1回戦で、J・ミルマン(ロシア)との死闘の末に勝利していた。また、昨年の今大会で伊藤竜馬は初戦突破を果たし、グランドスラム初勝利をあげていた。

バグダティスは、2006年の今大会でA・ロディック(アメリカ)I・リュビチッチ(クロアチア)D・ナルバンディアン(アルゼンチン)などを下し、R・フェデラー(スイス)に敗れるも準優勝を飾っていた。

勝利したバグダティスは3回戦で、T・スミチェク(アメリカ)に勝利した第4シードのD・フェレール(スペイン)と対戦する。


【全豪オープン男子 スコア速報】

■関連記事■

《錦織、シードの力見せつける◇全豪オープン 過去記事はこちら》

《クルム伊達、ダブルスも好発進◇全豪オープン 過去記事はこちら》

《添田もクルム伊達に続き、単複勝利◇全豪オープン 過去記事はこちら》

《伊藤竜馬が死闘を制す◇全豪オープン 過去記事はこちら》

(2013年1月16日15時20分)

ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!