- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

【速報】錦織圭、シードの力見せつける◇全豪オープン

テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会3日目の16日、男子シングルス2回戦が行われ、第16シードの錦織圭(日本)C・ベルロク(アルゼンチン)に7-6 (7-4), 6-4, 6-1のストレートで勝利、3回戦進出を果たした。

【第1セット】

第1セット、錦織は第3ゲームでベルロクのサービスゲームをラブゲームで破り、ゲームカウント2−1とリードする。しかし錦織は、ベルロクのスピンの効いたショットに苦しみ、続く第4ゲームですぐさまブレークバックをベルロクに許す。

その後、両者サービスキープを続け、タイブレークヘ突入。タイブレークに入ると錦織は、鮮やかなフォアハンドのウィナーを決めるなどで第1セットを先取する。


【第2セット】

第2セットで錦織は、1度のブレークをベルロクに許すも、2度のブレークに成功し、第9ゲームでサービング・フォー・ザ・セットのゲームを迎える。しかし、ここでベルロクにブレークバックを許してしまい、ゲームカウント5−4となる。

続くベルロクのサービスゲームである第10ゲーム、集中力を切らさなかった錦織がブレークを奪い、セットカウント2−0とする。


【第3セット】

第3セットに入り調子を上げた錦織は、第2ゲームでブレークに成功、ゲームカウント3−0とする。その後もブレークに成功した錦織が、2回戦突破を決めた。


今大会1回戦で錦織は、V・ハネスク(ルーマニア)に第1セットを奪われるも、逆転で勝利していた。

今年に入り錦織は、ブリスベン国際男子に出場し4強入りを果たすも、準決勝のA・マレー(英国)戦で左膝の負傷により途中棄権を申し入れていた。その後、エキシビション大会であるクーヨン・クラシックに出場、元世界ランク12位のP・H・マチュー(フランス)に勝利し、膝の不安を感じさせないプレーを披露した。

また、錦織は昨年の今大会でS・ロバート(フランス)M・エブデン(オーストラリア)J・ベネトー(フランス)JW・ツォンガ(フランス)に勝利し、マレーとの準々決勝まで勝ち進んだ。

勝利した錦織は3回戦で、第23シードのM・ヨージニ(ロシア)E・ドンスコイ(ロシア)の勝者と対戦する。


【全豪オープン男子 スコア速報】

■関連記事■

《錦織圭、2回戦「早いペースで展開していけば」◇全豪オープン男子デイセッション総括 過去記事はこちら》

《錦織圭、初戦は1セット奪われる苦戦◇全豪オープン 過去記事はこちら》

《クルム伊達、世界12位から大金星あげる◇全豪オープン 過去記事はこちら》

(2013年1月16日11時39分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!