- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

錦織圭、2回戦「早いペースで展開していけば」◇全豪オープン男子デイセッション総括

男子テニスのグランドスラムである全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード)は大会1日目の14日、シングルス1回戦が行われ、日本期待のエースで第18シードの錦織圭(日本)V・ハネスク(ルーマニア)を6-7 (5-7), 6-3, 6-1, 6-3の逆転で下し、順当に2回戦へ駒を進めた。


【錦織 vs. ハネスク】

昨年の今大会でグランドスラム初のベスト8進出を果たした錦織は「どこのグランドスラムよりも、ここでプレーするのが一番戦いやすいと感じています。ここはアジア・オセアニア地域だし、今日の試合を見てもわかるように、日本やアジアの人達がたくさん応援に来てくれています。だから、気持ち良くプレーが出来ます。」と、今大会への思いを語っていた。

また「第1セットを取られて危なかったですが、第2セットから調子も上がって良いテニスが出来て満足しています。第2セット以降は、より攻撃的なプレーに心掛けました。風もあり難しい中でしたが、後半は特に良いプレーが出来たと思います。まずまずの1回戦だったと思います。先の事は考えず、1戦1戦を戦っていきたいです。たくさんの方々が応援してくれているので、次のラウンドも是非勝ちたいと思います。」と、語った錦織。

試合中にトレーナーを呼び膝の治療を受けた事に関しては「多分大丈夫です。試合が終わって痛みもありません。あの時は筋肉が硬くなっていたので、痛くなる前に治療しておこうと思いました。」と、周囲の不安を一蹴していた。

2回戦では、予選を勝ち上がったM・オートム(ベルギー)を1-6, 7-6 (7-5), 7-6 (7-4), 6-2の逆転で下したC・ベルロク(アルゼンチン)との対戦となる錦織は、奇しくもこの日午前中のウォーミング・アップを、そのベルロクと行っていた。

ベルロクとの試合について聞かれ「彼はサーブが良い選手で、南米系の選手なのでスピン系のストロークをする選手です。早いペースで展開していけば、自分のペースで試合を進められると思います。」と錦織は、2回戦へ向けても力強くコメントしていた。

《錦織1回戦 試合詳細はこちら》


【ジョコビッチ vs. マチュー】

またこの日は、世界ランク1位で今大会2連覇中のN・ジョコビッチ(セルビア)も登場し、P・H・マチュー(フランス)を6-2, 6-4, 7-5のストレートで下し、大会3連覇へ向けて好発進した。

ジョコビッチは、試合後「大会の初戦としては良いテニスが出来たと思う。最初の2セットは、試合を支配する事が出来ていた。第3セットは彼(マチュー)が良いプレーをしてきて、ベースラインのあちこちからボールを強打してきたんだ。正確に良いサーブも打ってきていた。」と、苦しめられた事を振り返っていた。

今後の試合に向けてジョコビッチは「ちょっとした調整をして、動きもよりシャープにするように心掛ける必要がある。1回戦では、まだ100パーセントの状態にはなかなかならないもの。試合を重ねるにつれて、もっと良くなるようにしたい。」と、前向きなコメントをしていた。

ジョコビッチは世界ランク64位のS・ヒラルド(コロンビア)を2-6, 6-4, 7-5, 6-4の逆転で下した同62位のR・ハリソン(アメリカ)と2回戦で顔を合わせる。

「彼(ハリソン)はここ数年でかなり成長している若手選手の一人。それに彼は、ハードコートが得意な選手でもある。アメリカのハードコート大会では良い成績を収めているし、ビッグサーブと強烈なフォアハンドという武器を持っている。」とジョコビッチは、対戦に気を引き締めていた。

《ジョコビッチ1回戦 試合詳細はこちら》


【ベルダスコ vs. ゴファン】

一方、この日の1回戦では、元世界ランク7位で第22シードのF・ベルダスコ(スペイン)が、22歳で伸び盛りのD・ゴファン(ベルギー)を6-3, 3-6, 4-6, 6-3, 6-4のフルセットで下し、辛うじて初戦突破を果たした。

2009年の今大会でベスト4入りしてしているベルダスコだったが、昨シーズンは世界ランクを174位から42位にまで上昇させる急成長ぶりをみせたゴファンに接戦を強いられた。

「もちろん、常に3セットで勝ちたいものさ。でも、それはそう簡単な事じゃない。特に世界のトップ選手を相手にしたらね。彼(ゴファン)は本当に才能溢れる選手なんだ。今日はかなり苦しめられたよ。」と、成長著しいゴファンへの印象を語るベルダスコ。

2回戦でベルダスコは、P・アンドゥハル(スペイン)を6-3, 6-1, 6-2のストレートで退けたX・マリス(ベルギー)と対戦する。「次のマリスは、今日のゴファンほど走り回らない事を願うよ。ゴファンは本当に素早く、多くのボールを返球してきたんだ。」とベルダスコは、冗談を交える場面もみせていた。

《ベルダスコ1回戦 試合詳細はこちら》


その他の試合結果は、以下の通り。

○X・マリス vs. ●P・アンジャー, 6-3, 6-1, 6-2
○C・ベルロク vs. ●M・オートム, 1-6, 7-6, 7-6, 6-2
E・ロジェ=ヴァセラン(フランス) vs. ●R・ベーメルマンス(ベルギー), 6-3, 6-7, 2-6, 7-5, 11-9
J・ベネトー(フランス) vs. ●G・ディミトロフ(ブルガリア), 6-4, 6-2, 6-4
L・クボット(ポーランド) vs. ○D・ヒメノ=トラバー, 7-6, 4-6, 0-6, 6-4, 4-6
○錦織圭 vs. ●V・ハネスク, 6-7, 6-3, 6-1, 6-3
N・アルマグロ(スペイン) vs. ●S・ジョンソン(アメリカ), 7-5, 6-7, 6-2, 6-7, 6-2
G・ルファン(フランス) vs. ●J・ライスター(ドイツ), 4-6, 7-6, 6-1, 6-2
○T・カンケ vs. ●F・チポッラ(イタリア), 6-1, 6-4, 6-1
A・ウングル(ルーマニア) vs. ○E・ドンスコイ(ロシア), 4-6, 4-6, 2-6
○R・ハリソン vs. ●S・ヒラルド, 2-6, 6-4, 7-5, 6-4
○F・ベルダスコ vs. ●D・ゴファン, 6-3, 3-6, 4-6, 6-3, 6-4
T・ベルディフ(チェコ共和国) vs. ●M・ラッセル(アメリカ), 6-3, 7-5, 6-3
S・ワウリンカ(スイス) vs. ●C・M・ステベ(ドイツ), 6-2, 6-4, 6-3
B・ベイカー(アメリカ) vs. ●A・ボゴモロフJR(ロシア), 7-6, 6-3, 6-7, 3-6, 6-2
F・ロペス(スペイン) vs. ●A・ブルゲス=ダヴィ(スペイン), 6-3, 6-2, 6-4
B・パウ(ドイツ) vs. ○S・デウバーマン(インド), 3-6, 2-6, 3-6
M・ヨージニ(ロシア) vs. ●M・エブデン(オーストラリア), 4-6, 6-7, 6-2, 7-6, 6-3
J・メルツァー(オーストリア) vs. ●M・ククシュキン(カザフスタン), 6-1, 6-1, 6-2
○N・ジョコビッチ vs. ●P・H・マチュー, 6-2, 6-4, 7-5
I・カルロビッチ(クロアチア) vs. ○T・スミチェク(アメリカ), 4-6, 6-7, 5-7
J・ヤノヴィッツ(ポーランド) vs. ●S・ボレッリ(イタリア), 7-5, 6-4, 6-3
R・バウティスタ=アグ(スペイン) vs. ●F・フォニュイーニ(イタリア), 6-0, 2-6, 6-4, 3-6, 6-1
J・モナコ(アルゼンチン) vs. ○A・クズネツォフ, 6-7, 1-6, 1-6
G・ミュラー(ルクセンブルグ) vs. ○L・ラコ(スロバキア), 2-6, 4-6, 6-7
K・アンダーソン(南アフリカ) vs. ●P・ロレンジ(イタリア), 3-6, 7-6, 6-3, 6-4
伊藤竜馬(日本) vs. ●J・ミルマン(ロシア), 6-4, 6-4, 3-6, 0-6, 7-5
S・クエリー(アメリカ) vs. ●D・ムニョス-デラナバ(スペイン), 6-7, 6-4, 6-2, 6-4
D・フェレール(スペイン) vs. ●O・ロクス(ベルギー), 6-3, 6-4, 6-2
R・シュティエパネック(チェコ共和国) vs. ●V・トロイキ(セルビア), 5-7, 4-6, 6-3, 6-3, 7-5
J・ティプサレビッチ(セルビア) vs. ●L・ヒューイット(オーストラリア), 7-6, 7-5, 6-3

(翻訳・記事/弓削忠則)

(2013年1月14日21時32分)

その他のニュース

6月19日

前週Vのデミノー 中一日で挑むも初戦敗退 (11時42分)

マレー 現役5人目 1000試合に到達 (11時01分)

“世界1位”としての初戦に逆転勝ち (10時01分)

昨年王者アルカラス 芝初戦白星 (8時00分)

大坂なおみ撃破「手強い相手」 (6時54分)

6月18日

錦織圭 次週大会に向け練習公開 (22時44分)

ダニエル太郎 世界12位に完敗 (21時24分)

大坂なおみ 世界8位に惜敗 (20時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎vsフリッツ (20時00分)

【1ポイント速報】大坂なおみvsジェン (17時59分)

小田凱人 2週連続Vで世界1位返り咲き (15時55分)

6月末で終了「ディアドラ」プレゼントキャンペーン実施中 (15時41分)

世界10位も五輪欠場「膝を危険にさらす」 (15時11分)

完勝ディミ 好調維持し芝シーズンスタート (12時13分)

世界3位が五輪欠場「休養を…」 (11時07分)

メド 序盤苦戦も芝初戦は白星 (10時02分)

ラオニッチ 1試合の最多エース記録樹立 (8時20分)

6月17日

日比野菜緒 世界24位に屈し初戦敗退 (22時58分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsカリンスカヤ (20時55分)

アルカラス 100週連続でトップ5維持 (19時03分)

ダニエル85位 錦織400位に (16時19分)

デミノーが自己最高へ 17日付世界ランク (15時46分)

逆転勝ちの内島萌夏が本戦入り (14時00分)

日比野菜緒 WTA500芝大会で本戦入り (12時13分)

“三度目の正直”で初V 22歳が英国勢トップへ (11時38分)

17歳の齋藤咲良 ITF大会で優勝 (10時32分)

大坂なおみ 世界ランク113位に浮上 (9時36分)

今季2度目 カップルで同週にツアーV (8時20分)

ダニエル太郎、初戦でフリッツと激突 (7時20分)

6月16日

元世界6位撃破 22歳がツアー初V (23時45分)

デ ミノー 通算9度目V 自己最高7位へ (22時31分)

ダニエル太郎 相手棄権で本戦へ (21時32分)

【中止】ダニエル太郎vsコキナキス (21時20分)

西郷里奈 大東建託OP東京大会でV (19時54分)

シナー明かす フェデラーの助言 (19時02分)

9度目V王手で自己最高8位へ (18時03分)

大坂撃破の元世界4位 5年ぶりV王手 (16時26分)

18歳の本田尚也 ナダルと練習 (15時52分)

【厳選】今週のスーパープレー5選 (15時08分)

幻の焼き芋付き!女子ダブルス大会 (15時07分)

3試合以上できる!混合ダブルス大会 (14時57分)

島袋将 大会側のミスで出場取消しに (11時20分)

元世界6位が復活 3冠に王手 (10時06分)

ダニエル太郎 逆転勝ちで本戦王手 (8時48分)

大坂なおみ 初戦で世界8位と激突 (7時33分)

錦織圭 17日開幕芝大会は欠場 (6時37分)

【動画】錦織圭 次週大会に向け練習 (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!