- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

シャラポワが初優勝 史上10人目の快挙達成◇全仏オープン

テニスのグランドスラムである全仏オープン(フランス/パリ、クレー)は大会14日目の9日、女子シングルス決勝が行われ、第2シードのM・シャラポワ(ロシア)が第21シードのS・エラーニ(イタリア)に6-3, 6-2のストレートで勝利、キャリア通算4勝目となるグランドスラムタイトルを獲得する共に、生涯グランドスラムを達成した。

今大会では過去に2度のベスト4進出がありながらも、今回が初めての決勝進出だったシャラポワは「この舞台にたどり着くまでは長い旅路でした。感謝したい人たちはたくさんいますが、一緒に頑張ってくれたチームのみんなに感謝しています。」と、シャラポワは感謝の言葉を述べている。

この決勝の勝敗に関わらず、4年ぶりに世界ランク1位に返り咲くことが約束されているシャラポワは、試合開始から4ゲームを連取してエラーニを突き放す。

今大会で初めてのメジャー決勝進出となったエラーニは、自分が得意とするラリー戦に持ち込もうとするが、常にシャラポワに先手を握られる展開を変えることはできなかった。

「彼女のサービスゲームで、彼女は2、3球でポイントを決めていました。」とエラーニ。「難しかったです。やりたいような長いポイントが出来ませんでした。」

3本目のマッチポイントでエラーニが仕掛けたドロップショットがネットにかかった瞬間、喜びのあまりコートに膝から崩れたシャラポワは、その状態で大きく両手を広げて喜びを表した。

肩の手術を受け、3年前には世界ランク126位まで落ち込んでいたシャラポワは、クレーコートでのプレー向上に取り組み続け、今年のレッドクレーでは16勝0敗という戦績で全仏オープンでタイトルを獲得するまでになった。

「必要でないと言えるようなものは、多くを手放してきました。」とシャラポワ。「お金も、名声も、グランドスラムのタイトルも手に入れたと言えたでしょう。しかし、それらよりも競技を愛することの方が大きければ、立ち上がり続ける時です。」

これまでに2004年のウィンブルドン、2006年のUSオープン、そして2008年の全豪オープンでタイトルを獲得しているシャラポワは、今年の全仏オープンで優勝したことにより、女子テニスで史上10人目となる生涯グランドスラムを達成したことになり、C・エバート(アメリカ)M・ナブラチロワ(アメリカ)S・ウィリアムズ(アメリカ)B・ジーン・キング(アメリカ)らとともに歴史に名を刻んだ。

キャリア通算27勝目となったシャラポワは、月曜日に発表される世界ランキングで2008年6月以来となる世界ランク1位になることも決まっている。

2004年の全仏オープンで初めてグランドスラムでのベスト8入りを果たしていたシャラポワは、その活躍によってテニス界に知られるようになったが、同年のウィンブルドンで優勝したことにより、世界中が彼女を知ることとなった。

「ウィンブルドンで優勝した17歳の時が、自分のキャリアで一番の宝物だと思っていました。」と25歳のシャラポワ。「だけど、今日の試合でコートに膝をついたとき、今回の優勝はそれよりも特別なものだと気が付きました。」

選手生命の危機とまで言われた怪我から復活するだけでなく、さらなる進化を遂げてタイトルを獲得したシャラポワ。

「長い道のりでした。とても若い頃からテニスを始めて、まだ終わっていません。ここに座っているのは、やり切ったと言うためではありません。まだまだ先は長いですし、もっと達成したいことがあります。」

(2012年6月10日4時40分)

Facebookでニュースコメントを投稿

>> テニス365公式Facebookページ
その他のニュース

6月19日

大坂なおみ「本当にうれしい」 (11時31分)

シャラポワ 復帰戦白星の好発進 (10時57分)

大坂 次戦は世界43位に決定 (10時54分)

芝前哨戦 雨のため順延に (10時07分)

フェデラー 快勝で初戦突破 (8時45分)

6月18日

大坂なおみ 今季芝初戦は白星 (23時47分)

【1ポイント速報】大坂vsサッカリ (22時46分)

奈良 惜しくも本戦出場逃す (19時16分)

約2カ月ぶりの初戦突破 (17時05分)

約3カ月ぶり復帰戦は白星 (16時53分)

錦織6位 6/17最終戦ランク (11時44分)

大坂、初戦は「最も難しい」 (10時50分)

「結果出したい」ズベレフ勝利 (7時47分)

6月17日

「今は続けたい」とマレー (19時08分)

錦織7位 17日付日本勢ランク (17時22分)

ガルシア 1日2試合を制し初V (16時24分)

「感謝」7度目挑戦で悲願の初V (14時54分)

添田豪 CH決勝進出ならず (13時46分)

大坂 1位キープで次戦へ (11時52分)

チリッチ 芝へ向けコーチ招へい (10時55分)

快勝で今季2度目V 「満足」 (10時07分)

錦織7位 6/17世界ランク (8時19分)

6月16日

チチパス 初戦は世界29位と (18時34分)

地元V狙い決勝へ「うれしい」 (17時31分)

日比野 ストレート負けで4強逃す (16時47分)

今季2度目Vへ「ベスト尽くす」 (15時29分)

添田豪、快勝でCH4強へ (14時01分)

マレー 復帰戦のドロー決定 (12時04分)

フェデラー 初戦は世界56位に (10時55分)

棄権ラオニッチ「申し訳ない」 (10時05分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る



テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!