- 国内最大の総合テニス専門サイト テニス365 - 錦織圭、フェデラー、ナダル、ジョコビッチなどテニスニュース満載。全豪オープン、ウィンブルドン、全仏オープン、全米オープンなどテニス大会特集も!

- 国内最大の総合テニス専門サイト -

HOMEニュースTOP今日のニュース(一覧)今日のニュース(詳細)

ナダルの勝利でスペインが5度目の優勝◇デビスカップ

男子テニスの国別対抗戦であるデビスカップの決勝(スペイン/セビリア、クレー)スペインとアルゼンチンの対戦は4日、シングルス1試合が行われ、R・ナダル(スペイン)J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)を1-6, 6-4, 6-1, 7-6 (7-0)の逆転で撃破、スペインに2年ぶり5度目となる優勝をもたらした。

ツアー最終戦で敗退した時には、テニスへの意欲が落ちていることを認めていた世界ランク2位のナダルが勝利したことにより、スペインは通算3勝1敗とし優勝が決まった。

第1セットをあっさりと落としたナダルであったが、第2セット中盤からリズムを取り戻すと、クレーキングの異名通りのパフォーマンスでデル=ポトロを圧倒した。

「デビスカップで勝負が決まるポイントを任されたことはありませんでした。ようやく自分の番が来ました。」と語ったナダルにとって、これが今年の全仏オープン以来のタイトルとなる。

試合に勝利した瞬間、コートに倒れ込んだナダルのもとには、チームメイトであるF・ロペス(スペイン)F・ベルダスコ(スペイン)に加え、スペイン代表チームの監督であるA・コスタ(スペイン)もコートになだれ込み、喜びを分かち合った。その一方、敗れたデル=ポトロは涙とともにコートを後にした。

2004年の決勝では当時18歳ながらもA・ロディック(アメリカ)に勝利して優勝に貢献していたナダルにとって、これがキャリア通算3度目となるデビスカップ制覇となった。

「1年最後の試合をホームで行って、しかもデビスカップの優勝が懸かった試合だったので特別な感覚でしたし、色々な感情をコートで感じました。」とナダル。「再び繰り返すのは不可能でしょう。」

「ホームのクレーであれば、彼らは史上最高のチームの一つだろう。」とアルゼンチン代表監督のT・バスケスはチャンピオンを称えた。スペインはこの日の勝利により、ホームで21連勝を達成している。

2005年からクレーコートで7敗しかしていないナダルであったが、この日はデル=ポトロのフォアハンドに押され、4ゲーム連続でブレークを許すなど不安の残る立ち上がりとなった。

この試合に勝って優勝の望みをつなげたいデル=ポトロは、試合を通してサーブに苦しんだものの、レーザービームのようはフォアハンドで44本ものウィナーを叩き込んだ。

しかし第2セットに入るとデル=ポトロにミスが増え始め、第2ゲームでブレークバックに成功したナダルが、続くゲームでようやくサービスキープに成功する。

「あれはとても重要なポイントでした。」とナダル。「あのゲームから、試合に入れたような気持ちになりました。」

バックハンドのクロスでポイントを重ねていったナダルが、第2セット第10ゲームをフォアハンドのウィナーでブレーク、1セットオールに追いつくと、2万を超える観衆からは割れんばかりの歓声が沸き起こった。

この日の会場は、昨シーズンは史上7人目となる生涯グランドスラムを達成していたナダルをして、「こんな観客の前でプレーしたことはありません。」というほどの熱狂的な応援が繰り返された。

第3セットは完全にナダルのペースとなり、序盤から3-0とリードを奪うと、第6ゲームでもブレークに成功したナダルがデル=ポトロに反撃を許さずにセットカウント2-1とする。

第4セットに入るとデル=ポトロが調子を取り戻し、ナダルのサービスゲームで4度のブレークに成功する粘りを見せるも、タイブレークで4本のミスを犯してしまうと、最後はナダルがフォアハンドのウィナーを決めてゲームセットとなった。

初日のシングルスではD・フェレール(スペイン)に逆転負けを喫していたデル=ポトロは「その前から彼に試合を支配されていました。もしかしたら、これが最後のセットになると思い、全てを出し尽くしました。負けはしましたが良い試合でした。勝利にとても近い感覚をまた味わいました。」と、試合を振り返った。

来年はディフェンディング・チャンピオンとなるスペインであるが、2月に予定されているカザフスタン戦に今回の優勝メンバーが揃う可能性は低そうだ。

今回の優勝の立役者の一人である世界ランク5位のフェレールは「またこの4人が集まるのは簡単なことではないでしょう。才能のある選手たちがたくさん控えています。何年もともにプレーしていますし、それぞれのスケジュールを調整して、みんな揃って出場できる対戦を見つけるのです。そうなるとは思いません。」と、チームの再結成に否定的な見方を示した。

文字通りチームのエースとして活躍したナダルは、来年はデビスカップに出場しないことを早くも明言しており、ロンドン五輪に集中するとしている。

(2011年12月5日11時40分)

その他のニュース

2月23日

37歳モンフィス 大会最年長で4強入り (11時03分)

マレー&ルブレフ撃破の18歳が4強へ (10時02分)

母国への侵攻 歌で苦しみ表現 (8時29分)

綿貫「治療に専念」膝の負傷明かす (7時19分)

2月22日

レジェンド審判が死去、悲しみ広がる (23時10分)

フェデラー 華麗なプレー公開にファン歓喜 (22時05分)

完敗の西岡良仁「苦しい試合」 (20時05分)

元世界4位に罰金850万円、賭博規則違反 (19時08分)

【出場選手一覧】ジョコらマイアミOP (17時44分)

【出場選手一覧】大坂なおみらマイアミOP (16時50分)

20試合目で”天敵”以外に初黒星 (15時30分)

対トップ20は13連勝 上位勢に負けないシフィオンテク (14時54分)

西岡良仁 ズベレフに完敗で8強ならず (13時24分)

【1ポイント速報】西岡良仁vsズベレフ (11時58分)

【特典あり】アンケート開催中 テニスとストレッチ (11時55分)

17歳 期待の逸材がツアー初勝利 (11時19分)

捻挫で離脱へ Pt失効多い来月に間に合うか (10時44分)

年齢差2倍 マレーとの死闘制し8強 (9時09分)

錦織「Working hard!」練習動画公開 (8時00分)

ルーネとムラトグルー 再タッグ発表 (7時22分)

2月21日

ハレプ「1年半の悪夢が終わった」 (22時35分)

世界10位が手首の手術成功を報告 (19時05分)

ツアー10連敗阻止 ガスケ初戦突破 (18時01分)

44歳カルロビッチ 正式に現役引退 (17時06分)

前週V ワウリンカ撃破「うれしい」 (16時03分)

勝負分けた1ポイント「これがテニス」 (15時38分)

西岡 ズべレフ戦へ「反省踏まえる」 (14時47分)

アルカラス 2ポイント目で転倒し棄権 (13時04分)

ダニエル太郎 好調世界44位に屈する (12時03分)

西岡良仁 失ゲーム1の圧勝で初戦突破 (10時43分)

ご乱心 重要ポイント手放すまさかの行動 (10時26分)

【1ポイント速報】ダニエル太郎&西岡良仁 1回戦 (9時38分)

マレー 連敗脱出、全身で喜び表現 (8時44分)

杉田祐一【引退コメント全文】 (7時28分)

日比野菜緒、善戦も16強ならず (0時08分)

【1ポイント速報】日比野菜緒vsジェン (0時00分)

2月20日

大波乱 全豪Vの世界2位が初戦敗退 (20時51分)

世界11位が全豪OP以来の勝利 (19時13分)

ワウリンカ 前週Vと激突「挑戦」 (18時32分)

3時間死闘制し今季マッチ2勝目 (17時43分)

ダニエル62位 西岡は84位 (16時30分)

シナーを称賛「優勝しても驚かない」 (12時55分)

今季2度目の途中棄権で涙 (11時12分)

強風ものともせず快勝 中国選手初の白星 (10時13分)

好調プリスコバ 要因は新コーチ就任 (8時36分)

フリッツ 大会史上2人目の連覇達成 (7時23分)

【動画】ヤストレンスカの新曲「Hearts」 (0時00分)

【動画】フェデラーが公開した華麗なストローク (0時00分)

【動画】勝負を分けた運命の「1ポイント」 (0時00分)

【動画】セットポイントを逃がし"ご乱心" (0時00分)

←ニューストップへ
←前のページに戻る
ウインザーラケットショップ

>>動画をもっと見る<<




テニスの総合ポータルサイトテニス365
テニスのことならテニス365へ。テニスの総合ポータルサイトテニス365はテニス用品の通販やテニスニュースからテニスコート、テニススクールなどのテニス施設を探す方まで、便利なテニスの総合ポータルサイト、テニス情報の検索サイトです。プレイスタイルやテニス歴など、テニス用品を様々な角度から探すこともできます。テニスの総合ポータルサイトをお探しなら、テニスニュースやテニス施設の情報が豊富なテニスの総合ポータルサイトのテニス365をお使いください。テニスの総合ポータルサイトのテニス365であなたのテニスをもっと楽しく!